31.ゾーラ族のシド王子と出会う【ゼルダの伝説BotWプレイ日記】

サオ・コヒの祠も攻略するよ!


前回の記事でようやくラネール地方の塔に到着。
この塔には入りにくくなるような仕掛けもなく、すんなりと上に登れました。

しかし塔の上に人の姿が!
真っ先に始まりの台地にいた王様を思い出しましたが、全然違います。


ゾーラ族のノールという人。
シド王子と共にハイリア人を探していたそうです。

しかしノールが昼寝をしている時に突然塔が現れそのまま上へ。
なのでシド王子は1人下にいるらしい。

リンクがハイリア人と知ったノールは、シド王子のところに行くようにと頼んできたのでした。

前回の記事でも他のゾーラ族に言われていましたが、
そこを通らなかった人もいるだろう、ノールも誘導係として配置されていたんだろうね。

まずは塔にてマップを解放。
赤線で区切ったところの上あたりが、今解放されたエリアになります。


西ハテールと東ハテール地方が合わさったぐらいの広さがあるみたい。

雪山が広範囲に渡っているほか、
隣のエリアに沿うようにして小島もありました。

確認してみたところ、このエリアは四神獣が1体いるらしい。
目的地アイコンが出ていたのは雪山に囲まれた場所です。

ちなみに魚の骨で出来た建造物があったのは、広い湖が広がっている場所の辺り。

という事で探索を行いたいところですが、
その前に言われたとおりにシド王子がいるという方向へ飛び降りてみます。

ノールが立っている場所からパラセールで飛び降りて、
青白いランプが光っている橋の手前に降り立ちました。


「ダルブル橋」というもので、奥には試練の祠も見えます。

パラセールではなく道なりに歩いてきていれば、
向こう側からくることになったんだと思うんですが、間違えて対岸に到着居てしまったのでね。

橋の上を進んで行くと呼び声が聞こえ、
上から赤い色の体をしたシド王子が登場!

キリリとした顔をしております(*´ω`*)

しかも良い人そうだね。
こちらが自己紹介をすると良い名前だと褒めてくれました。


リンクが強い戦士だと確信したシドは助けてほしいと言い出します。

なにやら水の神獣ヴァ・ルッタによって大雨が続き、
ゾーラの里は存続の危機に見舞われているそう。

ゾーラの里に来てほしいと頼まれたのですが、
大雨のせいで山には登れないので最短距離では迎えません。

必然的に道程に沿って進むことになりました。
まぁ、はっきりとした道がマップに載っているので、迷う事もないので安心だ。

最後に電気を扱うマモノがいるので、
ささやかな応援として「エレキ薬」を貰えました。

そのままシドは先に行くと言って、川の中に飛び込んだのでした。
ゾーラ族の人は水の耐性が強いんだねぇ。

ゾーラの里へ行くには手前に戻って先へ進む必要があるのですが、
もちろんその前に祠の攻略をしたいと思います。

ダンブル橋から見上げた位置にあった祠は「サオ・コヒの祠」


雨が降る中、必死で祠のある位置まで登ってやりましたわ(`・ω・´)b

始まった試練はなんと「力の試練 序位」でした。
その題名のとおり現れたミニガーディアンとバトルに。


試練の名に序位と入っていることでも分かると思いますが、
敵の攻撃はそこまで痛くは無かったです。

ただスピードが速くて追いかけたり逃げたりするのも大変なので、
ある程度距離を一定に保っていた方が行動はしやすそう。

近くにいる時は近接攻撃をして、
離れていったらすぐに走って柱の陰に身を隠しましょう。

他にも銃撃戦やレーザーをグルグルする攻撃などをしてきますが、
距離感さえ考えていれば別に当たる事もありません。

レーザーをグルグル回す攻撃をしてくると、辺りに上昇気流が生まれます。
それを利用して空から近付き、上から叩きつける攻撃をするのがかなり有効でした(`・ω・´)ゞ

そんな感じで無事に討伐を終了し祠をクリア!

さて次はゾーラの里へと向かう前に、手前の辺りを探索しておきたいと思います。

祠から少し離れると雨も止んで山登りもしやすくなり、
まず向かったのは隣のエリアとの境界にほど近い場所。


画像で見えているエリアは 隣のエリアになるので今はお預けですが、
あちらは山の色が少し違う。もしかしたら砂漠チックな場所もあるかも?

リンクの立っている左手にはシェモ・ラタの祠があり、
奥のほうにはゼロー池がありました。

そのまま真っ直ぐ進んでしまうと別のエリアへ行ってしまうので引き返します。

次は前回の記事で塔が無いと分かって引き返したあたりへ。
崖に囲まれた林を発見し奥へ入ってみると、クマのねぐらを発見!


二匹のクマの他にもシカがいます。
近付いていっても走り回っていて襲われることはありませんでした。

壁際にあった石造りのねぐらには、
ガンバリバチのハチミツやリンゴなどが備蓄してあります。

もちろんしっかりと回収しておきましたが、
少し罪悪感が芽生えてしまいますね(;’’∀’’)

それにしても水飲み場のような物もあるしシカはいるしで、良いねぐらですぁ。
ちなみに水飲み場付近ではコログを見つける事が出来ました。

夜になったし雨も降ってきたので湿原の馬宿に戻ったのですが、
前回にいなかった男性が宿屋の中に。

モッコーという人物なのですが、話しかけたら興味深い話を聞けました。


ある時にだけ動物が現れるという奇妙な山というものがあり、
そこへ行ったモッコーの前に子犬が現れ、干し肉を分けてあげたそう。

そんな事があったある日の事、モッコーが夜に目を覚ますと、
目の前に“ヤツ”が現れて踏みつぶそうとしてきたのですが、その子犬が割り込んで助けてくれたそう。

子犬に“ヤツ”が怯えた隙に山から逃げ帰ったそう。
もちろんその子犬も連れてです(*‘ω‘ *)

そしてその山というのが「中央ハイラルの西にあるサトリ山」
この情報はしっかりと覚えておいて、
中央ハイラルに突入した際は絶対に行きたいですね(‘’ω’’)ノ

そして馬宿の裏手で川をのぞき込んでいる人の姿を発見。
吹き出しにミッションのマークが付いています。

前回に来た時に見逃してしまったのかな?


どうやら川の中に沈んでいる宝箱が気になって仕方がないというので、
マグネキャッチを使って引き揚げてみます。

開けると騎士の剣をゲット!

欲しがるのかと思いきや、
中身がなんだったのか聞かれただけで、すっきりしたと言い残していきました。

では次の記事へどうぞー。
31回目のゼルダの伝説ブレスオブザワイルドプレイ日記を終わります。

©2017 Nintendo