54(完).隠しダンジョンに挑みます!【ワールドオブファイナルファンタジープレイ日記】

場違いな機神XGとも戦いました


前回で本編を終わらる事は出来たのですが、
隠しダンジョンが残っていたので、最後の記事ではそれを消化していきます。

ただのおまけ要素なのだよ_(:3)∠)_

真エンド後、そのままウッズヒルに移動すると、
レェンとラァンがノセノセから外すことが出来るようになり、更に隠しダンジョンが追加!

新ダンジョンには少女の部屋からいく事が出来ます。


ゲートが3種類、
それぞれ別の場所に繋がる仕様で、今まで行ったダンジョンが繋ぎ合わさって出来たものでした。

マトは画像で見て右端からスタート。
最初は海底神殿の最深部から始まります。

宝箱からは貴重なアイテムが手に入り、
出てくるミラージュは今まで戦ってきた敵です。

それなりに強くなっており、油断は出来ない感じ。
ただその分経験値が破格的に多かった(*‘∀‘)

ここはレベル上げに最適な場所です。ミラージュの育成には持ってこいかと。
マトも使わないお供にレベルの低いミラージュをセットして連れまわしました。

ちなみにこの隠しダンジョンはマップが存在しません。

1面がそれぞれのダンジョンになっているので、
海底神殿の端っこ行くと次は風吹く湿地帯へ。


入り組んでいる道なので注意!
宝箱を集めつつ進んでいると、水の中から敵が飛び出してきます。

次の場所はサロニアの港。
ここではアダマンが居ますが、はっきり言って倒せるやつではありませんでした。
今まで戦ってきた中でダントツの強さ。

ジェム化の条件も満たすのが少し難しいもので失敗も多く、
マトはそうそうに断念。そのぐらい強かったんだよー(´;ω;`)

次は氷柱の崖。
ここでは最深部でモノトーンのシヴァたちが待ち構えています。


それぞれの名前は上から順に「ブリラ」「シヴァレ」「シヴァリー」
ジェム化できるのはブリラだけ。

そこからヘンシンカを続けていく事で、
残りの二体は解放できるようになるということでしょうか。

弱点は炎、雷、光。
まずノセノセを崩してからジェム化となる訳ですが、肝心のジェム条件は氷属性での攻撃。

ただバラバラ状態にしても次のターンでノセノセ状態に戻ってしまうので、
バラバラにする前にヘイストをかけてスピードを上げ、
2段階ほど攻撃して光を強くしたら、ササッとジェム化してしまいましょう。

ジェム化後は残りの2体を倒すだけです。

倒した後は近くにあったゲートを通って少女の部屋へ。

次のダンジョンに挑む前に、進行中にヘンシンカ可能になったミラージュを羅列していきます。

まずインプからディアボロスに、
更にインプからミラボ解放でガルキマセラになる事が出来ました。


他にもミノタウロスからミラボ解放でアステリオスに。
トンベリからトンベリキングに、サボテンダーからジャボテンダーに。
ドライヒドラからティアマトに、コタイマイからアダマンタイマイに。
チョコボからメカチョコボに。

一気にヘンシンカが可能になったほか、色々なミラージュがマスタークラスになったのでした。
流石隠しダンジョン、経験値が良いとすぐに上がって良いですね(`・ω・´)b

次に挑んだのは真ん中のゲート。
ここは零番魔晄炉→列車墓場→クリスタルタワーの順で進んで行く事になります。

最後のクリスタルタワーではまたモノトーン系の召喚獣が。


今回はラムウ系で上から順に「ビリラ」「ビリビリ」「ライラムゥ」です。
明らか雷系ですね。

弱点は炎、氷、風、土、光。
ジェム化出来るのはブリラ同様に一番小さいビリラだけ。
ジェム条件は雷攻撃でした。

戦い方はシヴァリー戦と同じく、ノセノセを崩して
またノセノセする前に一気に捕まえてしまいましょう。

この戦いが終わると残る隠しダンジョン、一番左側の1つだけです!

最後のダンジョンは
灯の森→竜の渓谷→エクスナイン城→セブンスバレーでした。
何気に3つしか続かなかったのって真ん中のダンジョンだけなのね。

セブンスバレーの最奥ではイフリート系のモノトーンミラージュが。


上から順に「ファイ」「ファイリー」「ファイリート」です。
もう説明する必要はないかと思いますが、ジェム化出来るのはファイのみ。
ジェム条件は炎攻撃です。

弱点属性は氷と光のみ。
戦い方は前述したシヴァリー戦とライラムゥ戦と同じく。

もう3回目ともなるとレベルもだいぶ上がっているので、
シヴァリー戦よりは攻略が断然楽になっています。

さて、このダンジョンで全てが終わりだぁー!!
と思って少女の部屋に戻ると、なんとまだ1つ残っておりました。

どうやら3個の隠しダンジョンをクリアしたことで、新しいダンジョンが解放されたようです。


と言っても最初の3つと形態は同じで
マップはなし、色々なダンジョンの繋ぎ合わせです。

鎖の道→ビッグブリッジ→進撃の平原→ネブラの洞窟→ミズハナの森です。
数は多くても距離的にはそんな長く感じませんでした。

前の3つで三大召喚獣の別バージョンはゲット済みなので
次は何が出てくるのかと思いきや、なんかでっかい魔震のような奴が登場。

名前はXG。
どうやら出る作品を間違えたらしい(´゚д゚`)


弱点はなし。HPも???、ジェム化は出来ません。
なのでただ倒していくしかないです。

まず普通に強い、隠しボスなだけあり、
スピードもかなり速く、一撃で4000程削ってきます。

今までのダンジョンでレベルが上がり、
ラァンたちのMAXHPは10000を超えていますが、それでもかなりキツい量ですな。

中でも機神黒掌という技は一撃で倒されるほど。
全体攻撃じゃないのが救いです(´-ω-`)

もう最後の戦いだと思うので、
購入する事が出来ないエクスポーションやエリクサーなどもガンガン使っていきましょう。

こちらの攻撃は効きにくく、魔法を使っても3桁ほどしか削れません。
伝家の宝刀ホーリーも大した量は削れず。

ちょっと絶望感が漂う中、色々な技を使い試行錯誤します。

ちなみにブレンディレス戦では大活躍した魔法石の類で1500(´-ω-`)ダメダ

結果、マトはレェンにHP・AP回復+魔法石での攻撃を任せ、
ラァンはタマの固有技である「百花繚乱 改」で攻撃。


(※上の画像は別バトルでのものです。XG戦での百花繚乱改を撮り忘れました)

この百花繚乱改は190程のダメージを一度で9回ほど当てます。
なので大体1700ぐらい削れることになります。

魔法石より少し多いぐらいですが、これ以外に策が・・・。
ただこの技は一度でAPを12消費するので、アイテムを惜しみなく使って回復していく必要があります。

更にセイヴァーメダルを使ってライトニングを呼び出して
15000ほどの大ダメージを与える事に成功!!

さすがライトニングです(`・ω・´)

他にもラッキーな攻撃がありまして、
レェンの下にはクイーンアチョが居たのですが、
このクイーンアチョのカウンター技「超究逆鱗ボンバー」が、なんと1600近くも削ってくれました。

まさかの魔法石越え、クイーンアチョの怒りの恐ろしさや。
時々発動してくれて、貢献してくれました。

そして40分近く戦って、ようやく倒すことが出来たのでした!!
全滅せず一回で勝てたのは奇跡だと思います。

バトル後にXGのアルトボックスをゲット。


サイズはEx。
どこに乗る事が出来るのか気になります。

こんだけ強かったという事はWOFF内で一番強いミラージュということになるのでしょうか?

覚えるアビリティはバトル内で泣かされた攻撃だけ。
魔法は一つも覚えませんが、あれほど強力な技ばかりなので気にならなそうだわ。

さてさて、今回このXG戦でダンジョンも終わりましたので
これにてWOFFプレイ日記を終了する事が出来ます。

まさか何か月も掛かって、50記事を超えるとは思いませんでした。
ちなみにWOFFがプレイ日記を始めた初ゲームだったので、マトも終わらせる事が出来て良かったです。

では今までお付き合い頂きありがとうございます(`・ω・´)ゞ
54回目のWOFFプレイ日記でした。