3.初めての全滅。明らかに場違いなベヒーモス【ワールドオブファイナルファンタジープレイ日記】

OPまで進み懐かしのキャラの姿を拝む。チョッコリ~ン


前回はがっつり途中で区切ってしまったので
今回はその続き「ミズハナの森」の途中からスタート。

それにしても序盤は説明が多くて文字数が取られるな・・・_(:3)∠)_

前方に黒い箱のようなものを発見しました。

ワールド オブ ファイナルファンタジー_20161029145020
ダーククレバスというもので中にミラージュがいると聞くと
ラァンが突っ込んでいきました。

おいおい、不穏な気配しかしてないぞ(´゚д゚`)

で、案の定ベヒーモスちゃんのお出ましです。
ダーククレバスは強力なミラージュが入っている事もあるのだそうで。

ワールド オブ ファイナルファンタジー_20161029145111
結果、ラァンはプルプルと震えだす事態に。
序盤で戦う敵ではないよね。

しかし有無を言わせずバトルになりました。
レェンの攻撃が5しか効きませんでした。完全なる死亡フラグなのです!

ライブラを掛けてみましたがHPは???のまま
ジェム化もする事が出来ませんでした。

その後、二人は一撃で倒されて全滅させられたのでした。

ワールド オブ ファイナルファンタジー_20161029145307
まぁ、そうなるよね。
どうでもいいですが画像のラァンの頭がチョコボに見えるのは気のせいでしょうか(´゚д゚`)

フェードアウト後、二人は元の世界に戻されたのでした。

どうやらタマのお陰で死ぬ直前に巻き戻した後、強制帰還したらしい。
そんな事まで出来るとは有能なタマ様である。無理な時もあるらしいがね。

ちなみにここの説明でこの街が「ナインウッズヒル」というのだと初めて知ったマトなのでした。

街の中に自分たち以外の人影を発見し、道に迷ったらしいその子を追いかけてみる事に。

初めてのセーブポイントに安心したのですが
どうやら1つだけしか出来ないようだ。
不親切だわ。詰まないように気を付けよう。

BGMのファンタジックさに癒されつつ、バイト先の方に向かうと居ました。
この人はもしかしなくてもFF13シリーズにいた方ではないでろうか?

話しかけた時の反応がそっくりすぎて鼻水でた(∩´∀`)∩
好きだったのですよね。

ワールド オブ ファイナルファンタジー_20161029145900
しかし名乗った名前はチョコラッテ。
たしか13だとチョコリーナだったはずですが・・・、なんで違う名前?

この方の役割はショップ。
やっぱり口癖も一緒だしショップ経営も一緒だし、同一人物だと思います。

ポーションが欲しくて覗いてみましたが、買える金額ではなく・・・。
100ギルが高いのではなく、マトが持っていないだけだと思われる(遠い目)

1つは買えたのですが、やめてギルはとっておこう(´・ω・)

それにしてもチョコラッテさんとはオオビトの状態で会いたかったわ。

ちなみにもうバイト先には入れませんでした。
街を歩いている新しいキャラクターが登場。

ワールド オブ ファイナルファンタジー_20161029150155
猫耳な上に妖精の羽を装備しているセラフィ。
タマより可愛いわぁ。お供チェンジをお願いしたいね!

この子の役割はガーデンジェムのお預かりだそうです。
「ジェムケース」と言うそうなのですが、使うのはセーブポイントやゲートなどから行えるんだとか。

そしてこのセラフィより新しくシルフのガーデンジェムを貰いました。
セラフィの色違いのような子でした。

ワールド オブ ファイナルファンタジー_20161029152438
治療などを覚えさせることが出来るようで
ヘンシンカさせればケアルラも覚えるようです。
ヒーラーっていう感じかな。見た目通りだね。

ここでエナ・クロが自分の事を「神様」と名乗ったのでした・・・(;゚Д゚)
世界のルールを決めているのだとか、半信半疑ですわ。

そのまま光となって消えていきました。

シルフもSだったので入れ替えは無し。
それにしてもSばっかりでMが欲しいよー。

シルフのアビリティ「かぜのささやき」は、与えた分だけHPが回復する物でした。
覚えさせておきます!

ワールド オブ ファイナルファンタジー_20161029153200
回復系は大事だから良いのですが、結局ノセノセプランには組み込まず。
まぁ、ヘンシンカはさせたいので、
持ち歩きメンバーには入れておくけどね(*‘∀‘)

改めてミズハナの森へ行くのですが、
ゲートで移動先を選ぶ際にその場所で得られるミラージュが確認出来ました。

みつけたミラージュと書いているけど
黒塗りが一つあるので、まだ一種類いそうです。

次はそれを狙っていこう!

敵とのバトルはランダムエンカウントのようです。
さっきのヒナチョコボの事もあって、普通にシンボルだと思っていました。

ここ早送りの説明とオートモードの説明がありました!
良かった! 早送りがあって。なかったら途中で断念しそうなレベルだったわ。

ただずっとボタンをしていなくちゃいけないんだよね。
まぁ、贅沢は言えないのかな(´・ω・)

ちなみにこのバトルで出会ったのはもう一種類のミラージュでした。
ジェムジェムチャンスの条件は、物理攻撃。

とても簡単に仲間に出来ました!

ワールド オブ ファイナルファンタジー_20161029153732
ヘンシンカは三段階です。リスみたい。

リジェネを覚えてくれるようで、
更に進化するとシェルやらリフレク貫通など、サポートとして役立ちそうな雰囲気でした。

バトルの経験値はノセノセメンバーだけでなく、控えのメンバーにも8%入るそうです。

ちなみにこいつもSサイズでした(´_ゝ`)

前回全滅したダーククレバスに近付くと
ベヒーモスのレベルが外から確認する事が出来ました。

Lv.26。そりゃあ勝てないわけだ。

その後、戦いやすいように覚えているアビリティをボタンに割り振っておきました。
タマが一番種類も覚えていました。

バトルで確認してみるとボタンに振り分けられていない・・・?
と思っていろいろいじって気が付きました。

ワールド オブ ファイナルファンタジー_20161029154455
Lスティックをサイズの場所に動かす必要があったそうだ。

Sは上、Mは右、Lは下といった感じで、
動かさない時に出てくるのは基本的なコマンドなのですね。

ようやく新しいフィールドにいく事が出来ました。
ヤバい、記事数の消費が激しい(゚Д゚;)

すると今更のオープニングが始まりました。
今までの映像かーと思っていたら、なんと途中からアニメーションになった上に
懐かしいキャラクター達の姿が見れました。

ワールド オブ ファイナルファンタジー_20161029154906
画像のティーダの他にも、クラウドやスコールなどが登場しました。
もうみんな可愛くて、これだけでも買ってよかったと思ってしまうのです(´艸`*)

ライトニング様の美しさは健在でした。小さくなっても変わらないわ。

最後にはまた3Dに戻り、列車が見える場所に到着したのですが
そこが次の場所でした。

場所と言っても地図も出ないところでしたが、すごい綺麗だった。

初めての街への出立は次の記事で。
3回目のWOFFプレイ日記でした。