28.フィガロ城では歴代キャラが続々登場!【ワールドオブファイナルファンタジープレイ日記】

エドガーにスコール、シェルク!!


前回は幻の砂漠の終わりで、とうとうライトニングと出会ったところで終わりました。

ライトニングと共にサンドウォームから逃げて夜の砂漠に。

セーブポイントがあった位置のようですが、
ダンジョンの方には抜けられず、他の人達もいる休憩所となっているみたいです。

ライトニングに話しかけるとイベントになり
休憩所の人からお茶を受け取ってから話をします。

ライトの話によると鍵は「地・炎・海・闇」の4つらしく
場所については休憩所の人が在処について聞いたことがあると教えてくれました。

でもそれは朱の予言の隠章というもので
普通は知らない隠された章なんだとか(゜-゜)

woff255


更に御使いが住むのはクリスタルの塔の先にある神の城だとか言う。

これは休憩所の人が怪しさMAXだ!!

そう思っているとラァンたちは眠くなったと言って眠りにつきます。
これは・・・。

次のシーンはアニメーションでみんなの様子がおかしい。
顔色も悪いし、やはり一服盛られたな。

すると地面が揺れてズモモモと地中から要塞のようなものが鎖に引きずられて出現!

woff256


薬のせいでライトも含めてラァンたちがフラフラな所を
どこからか出てきた兵士たち+金髪の男性「エドガー」に囲まれてしまいます。

FF6の登場人物ですね。

woff257


何故にこの人だけ敵側として登場したの?
扱いが雑なのか、結局は良い人なのか。

エドガーに向かっていってくれるライトですが
目の前に現れた帝国の羽根付きの騎士にあっけなく吹っ飛ばされてしまいました。

ライトがオオビトだったら絶対負けないのにー(#-`ω-)

その後、ラァンとレェンもミラージュを呼ぼうとしますが
なぜか腕がバチバチと光っただけで召喚できない。

そういえばタマもいませんね。

ミラージュを扱えなくてはただの子供なので、大人しく捕まるしかありませんでした。

次に目覚めたのはどこかの施設のような場所で
まだ腕の様子はおかしくミラージュは呼び出せません。

確認してみたところメニュー画面ではミラージュボードはおろか
ミラストーンとセイヴァーメダルの項目も選べなかったです。

近くにいた人に話しかけると
ここが「フィガロ城の地下刑務所」だと教えてくれる。

woff258


しかしここには逃げ出そうとした人を襲う意思を持った機械がいるそうで
むやみやたらと動くのは危険らしい。

でもここにいても仕方ないのでこの部屋から出る事になりました。

ミラージュがいないと戦うの怖いわー!!
とか思っていた矢先にめっちゃ強そうな機械に襲われたったよ(;´・ω・)

バトルになったら一体じゃなくて大きいのと小さいのが複数いました。
ちなみにライブラも使えなかったのでそのままやられるしかなかったです。

追い込まれて危なくなると、
そこにイケメンが現れて助けてくれました!

woff259


スコールだぁぁぁっ(*´Д`)

FF8の主人公でクラウドとかと同じくらい有名(マトの中では)
キングダムハーツにも登場する、THE・頼れる武人ですね。

スコールはツイン・エスの一員らしく
キスティスさんから聞いてラァンたちの事も知っていたそう。

そこでガーデンジェムの代わりになる機械を捕まえられるアルトボックスというものを貰い、
早速スコールが倒してくれた機械を捕まえました。

まどうアーマーという機械なのですが
一応アビリティなども用意されていて、ファイアビームやノリノリなどを覚えるみたいです。

woff260


でもまだミラージュボードが復活していなかったので習得させるのは無理かな。
ノリノリだけは使えましたが。

そして一番の謎、スコールが何故助けに来てくれたのかという事ですが
キスティスさんに頼まれたのではなく、先程会ったエドガーに頼まれてそうなのです。

やっぱり実は良い人的な立ち位置だったか(。-`ω-)

で、エドガーはこの城に打ち込まれている楔を断ち切るために帝国の味方のフリをしていたそうで
ラァンたちに協力して欲しかったから、わざと捕まえたそうです。

しかしラァンたちは現状ミラージュが使えないので
とりあえず先にそちらを解決する事になりました。

スコール曰くもっと奥に進んで行くと、封印を解除できそうな工作員がいるんだとか。
それまではアルトボックスと機械で頑張るしかありませんね。

地図で確認したところ、同じようなエリアが続く簡単そうなダンジョンでした。

進んで行くと先程戦ったまどうアーマーではない方の敵と再戦。

名前はサーチャー。

ジェム化?条件ですがライブラが使えない以上詳しい事は分かりませんでしたが
普通にたたかうを選んだだけで光りました。

woff261


どうやらまどうアーマーのヘンシンカ前みたいです。

アビリティはびりびりやファイア、ケアル、ライブラなどを覚えるらしく
初期の頃に有用なものばかり覚えてくれる優秀な子ですね。

このダンジョンではびりびりが無くちゃ取れない宝箱が多かったので
捕まえるのは重要です(`・ω・´)ゞ

ちなみにこちらはレェンにノセノセしておきました。

その後、少し迷いましたが戦力強化のために
まどうアーマーとサーチャーをもう1体ずつゲットしてそれぞれに乗せておきました。
このダンジョンが終わったら弱い方は捨てる事になると思います。

セーブポイントがあるエリアにはバサバサのマークもありましたが
使えるミラージュがないので先には行けず(´;ω;`)

なのでそのままセーブポイントの奥へ。

いきなり機械の群れに囲まれてしまいピンチになりましたが
またしてもスコールが助けてくれ、ラァンたちは先へ進むことにします。

ちなみにここでスコールのセイヴァーメダルが解放されました。

そして奥にいたのはFF7のスピンオフ「ダージュオブケルベロス」のシェルクです。

woff262


まさか正式なナンバリングタイトル以外のキャラも登場するとはね。
まぁ、すごく可愛いので良いのですが(*´Д`)

シェルクがスコールの言っていた工作員だと思ったのですが
なぜかいきなり襲われて戦闘に。

すごい強くて速攻で全滅に追い込まてしまう。

しかし結局は2人の封印を解くためだったらしく
「テクニカルキャンセル」とかいう便利技を発動して解いてくれたよ!

すごく格好良かったよ。

そして久々にタマも戻ってきてくれて、
ミラージュも再び呼べるようになりました。

まどうアーマーなどの機械系も続行して使えるようで
ミラージュボードも解放されたので、機械のやつらも育てておきます。

セーブポイントに戻ったら、スコールの姿はもうありませんでした。
無事だったのかな?

ちなみに持っているミラージュは戻らなかったので
ジェムケースから再編成が必要です。

では次の記事へ続きます。
28回目のワールドオブファイナルファンタジープレイ日記でした。