25.第12幕に突入。風吹く湿地帯でスノウと出会う【ワールドオブファイナルファンタジープレイ日記】

ココロクエストを受注。アンデッドセレブが可愛い


前回はセブンスバレーの最後に水に飲み込まれて終わりました。
なので今回は第12幕からスタートです。

水に飲まれたラァンとレェンは
またしても全然違う場所へと流れつきます。

どうやら連続でダンジョンのようで、風吹く湿地帯という場所。

湿地帯というぐらいなので
周りは水に囲まれていて、遠くには虹も見える。

なんだか不思議な色の場所だなぁと思って進んでいると
ゲコゲコ言いながら一匹のカエルが近寄ってきます。

woff225


紫色の変えるの頭には金髪が・・・。

ゲコゲコとタマと会話をしだし、なんと元は人間らしい。
なので姿を変えた原因である、金色のカエルを倒すことになりました。

しかもラァン1人で(゚д゚)
2人で向かっていって一緒にカエルにされたらマズイというレェンにぐうの音も出ません。

金色のカエルはすぐ側にいました。

バトルに発展しましたが、
ジェム化しろというタマの指示を受けていたのでライブラをかけようとしたのですが・・・。

ライブラがない!!(´;ω;`)

レェンにライブラのミラストーンを装着していて
そしてラァンの手持ちのミラージュには使えるやつがいない、これじゃあジェム条件が分からないではないか(;’’∀’’)

仕方ないので属性攻撃から順番にかましていくという戦法をとる事に。
炎系、雷系、氷系とやっていくと氷のところで光りました。

woff226


氷がジェム条件だったのかと思っていたのですが
捕獲してステータスを確認したところ、HPを減らすが条件だったらしいです。

ラッキーカエルはヘンシンカ後の姿のようですが
大きさはSサイズとなかなかに珍しいタイプです。

アビリティはバランスやてかげんなどシルフの代わりになりそうな感じ。

紫のカエルのところでラッキーカエルを出すと人間の姿に戻りました。
現れたのはFF13に登場するスノウ(`・ω・´)

実を言うと金髪の具合でクラウドかと思ってたので予想外だった。
でも言われてみれば声がそうだったね。

どうやらプヨプヨというミラージュを倒しに来たらしい。

ラァンたちの状況も説明し、
出口が分からないので困っているというと、一緒に先へ進むことになりました。

そこでスノウは自らの召喚獣であるシヴァを呼び出します。

woff227


こちらのシヴァも可愛い!!
FF13ではもう一体いたはずなのですが、WOFFでは一体になっての登場なのですね。
ちょっと悲しい気・・・。

マトはシリーズの中でもFF13とFF10のシヴァが大好きなのです(´艸`*)

こちらのシヴァが水を凍らせて道を作ってくれるそうです。

ちなみにこの風吹く湿地帯での“みつけたミラージュ”は
総数8体、入手済みが2体。

他の6体は会った事もないようで、黒一色でした。

ダンジョンの入り口まで戻るとゲートが出現していたので
態勢を整えるためにいったんウッズヒルに戻る事に。

まずトンベリを抜いてラッキーカエルを入れる。
ラッキーカエルのアビリティである“てかげん”と“バランス”が、ちょっと前に抜いたシルフの代わりになってくれることを祈っております。

チョコラッテのところでライブラのたねを買い
現在使いまくっているサンダに装着しておきました。

そしてセブンスバレーのボス戦でアルマジェムも増えたので
ココロクエストを引き受ける事に。

選んだのは「氷の橋編」。レフィアたちのはなしのようです。

woff228


サロニアに行くまでの道が大変すぎるので橋を作ろうと
シェルロッタと共にシヴァのところへと向かう事に。

ネブラの洞窟に着くと、シェルロッタの発言に乗せられたシヴァとバトルに。

久しぶりのシヴァ戦でしたが、
基本的にこのココロクエスト事態が低レベルだったので、とっても余裕だった(´艸`*)

イフチーで炎攻撃したというのもあるかと思いますが。
ちなみにジェム化は出来ませんよ。

結果シヴァも折れてくれて、氷の橋を作ってもらったのでした。
これって本筋のストーリー中に行っても残ってるのかな?

まだアルマジェムが残り9もあるので続けて「容赦のない人編」に挑戦。
こちらもレフィアたちの話です。

今回はアイシクルエリアに人を襲うミラージュがいるとの事で倒しに向かったのですが
出てきたのは初めて見るミラージュ「アンデッドセレブ」

woff229


ジェム化不可。
弱点属性は炎、風、光です。

イフチーのファイラ2発で倒せました。
弱いぜー。もっと早くやってる設定なのは確かですな。

結果、このアンデッドセレブは客引きとしてシェルロッタの元で働くことになったのでした。

さて次もまだやっていきますよー。
「怨念がまだおんねん編」、なんというダジャレ感の強い題名。
またまたアイシクルエリアのお話で、今回はシェルロッタとアンデッドセレブの話です。

今回もアイシクルエリアで暴れているミラージュがいるとの事。
アンデッドセレブとシェルロッタが現場に向かい、現れたのは「メタスカル」

woff230


弱点属性は炎と風と光。まるまるアンデッドセレブと同じ。
先程と同じ戦法で一掃させて頂きました。

今回のメタスカルは仲間にはならなかったようです。

ここで残りのアルマジェムが5個になったので
ココロクエストの消化は終了。もっと集まったら進めていきましょう。

次は闘技場です。
幾つか増えていましたが、レベル的に挑戦できるのは一つぐらい。

Lv.26「ボム一族1」に挑戦。
現れたのはタイニーボム、ボム、ボムキングのノセノセが2組です。

woff231


何気にタイニーボムとは初遭遇。ボムキングはやはりボムのヘンシンカ後だったのですね。

弱点は見てのとおり水系。
ラァンがメガシャクサメを連れていたので余裕な感じで勝利。

ちなみにタイニーボムのジェム条件は混乱状態にする。
ボムキングのジェム条件はHPを減らすでした。

マトはボムがいるのでそこから育てていこうと思い、捕獲はしませんでした。

それ以外に増えていたものはレベル的にちょっと早そうだったので
念のためにスルーさせて頂きます。

次は風吹く湿地帯を進めていこうと思います。
ただ今までのダンジョンで取り逃しが少しいるのでそちらも気になるところだね。

では25回目のワールドオブファイナルファンタジープレイ日記でした。
次の記事へどうぞー。