14.サロニアの町に到着。領主の正体とシャルロッタの姿【ワールドオブファイナルファンタジープレイ日記】

やっとセフィロスが呼べるようになりました


前回、氷柱の崖を抜けたので次はサロニアの町へ向かいました。
どうやら港町だったらしいよ。

雪が降る町には大きな領主の館があるようですね。
町に入るとレフィアとお別れしました。

どうやら町全体がテリトリーで囲まれているらしく、
強いミラージュがいるのではないかとの事です。

woff128


警戒しようというタマの言葉を聞きつつ町中散策へ。

町中にはモーグリがいたり、雪が積もっていたりと
コーネリアの町とはまた違った雰囲気があります。

モーグリもいました。

woff129


町の人の話を聞くと、なにやら不穏な空気であることが分かりました。

“市民ランク”がどうのーといった話をみんながしています。
ランクが上がれば安泰。
逆に上げないと貧民街落ちといった制度らしい。

近くに落ちていた雑誌の内容では
連邦への勧誘や町の環境維持、施設の運営などの連邦の仕事をすると
ランクが上がっていくらしい。軍に入る事もまた然りのようです。

どうやらこれが連邦加盟国の制度みたい。

違う路地に行けば、だいぶ寂れた場所に出ました。
セーラ姫も加盟を嫌がる訳ですなー。

一通り話を聞き終わり領主の館へと向かったら
入り口の兵士に食って掛かっているレフィアの姿がありました。

どうやらレフィアの叔父が領主だという事で会いに来たらしい。

という事で、ラァンたちはセーラ姫から渡されていた書簡を見せて通してもらいます。
もちろんレフィアも連れだという事で一緒に。

というか言い返してきた兵士へのラァンの対応に笑った(∩´∀`)∩

woff130


自分がオオビトなのを良い事に、ぐいぐいプリメロの兵士を押していきます。
強引すぎるでしょう( ´艸`)

中に入ると領主がお出迎えしてくれましたが
レフィアは叔父さんじゃないと言いはじめます。

領主は叔父だと言い張りますが、ちょっと様子がおかしい。
そこでの爆弾発言。レフィアはアプリカントだというじゃないですか!!

しかしビックリしているのも束の間、
領主はバハムート兵に姿を変えて襲ってきたのでした。

woff131


バハムート兵の人もオオビトとプリメロの姿は自由自在なのでしょうかね?
どうやらこいつが町にテリトリーを張っていたらしい。

バトルではこいつ一人だったので苦戦する事も無かった。
やっぱり数が少ないっていうのが一番動きやすいよね。

HPは3800程。
もちろんジェム化は出来ない相手なので、ただただ攻撃を加えていきます。

セイヴァーゲージが溜まっていたので
すぐにWOLを呼び出してオーバーキルを使ってもらう。

なんとその一発で1000以上のダメージを与えてくれました。

WOLはゲージを1つしか消費しないので連続で呼べたのですが
それでは少しつまらないので残りのHPは普通に削っていく事に。

といっても弱かったのですぐに勝利!

バトル後、すぐに立ち上がり襲って来ようとしたバハ兵でしたが
後ろから何かが飛んできてグサッとやりました。

なんとそれをしたのはバハムート兵のお偉いさん「セグリワデス」。
マトが以前にクレヨンしんちゃんの映画に出てきたやつだーとか言った人ね。

woff132


同じ連邦の人間だろうに、役に立たないとなったから捨てたみたい。
改めてラァンたちの方へ進んでくるセグリワデスですが、今度はこいつが背後からの攻撃で吹き飛ばされました。

デジャヴだよ(´_ゝ`)

攻撃した方を見れば、喋るネコさんがいらっしゃいました。
彼女? に促されるままこの場から逃げ出します。

逃げた先は寂れた路地で
そこで助けてくれたネコの正体がレフィアによって判明。

woff133


シャルロッタさんだったそうだ。
そういえばシャルロッタもオレンジ色のリボンを付けていたね。

心配してきてくれたそうだ。
来てくれなかったら危なかったね。

そこで眼鏡のようなものを渡されたので、それを使って街を見るレェンとラァン。

woff134


なんだか町から鎖のようなものが出ていました。
シャルロッタの話によると連邦に加盟した町すべてに見えるものだそう。

なんか色々ありすぎてツイン・エスの話を聞くどころじゃないと困るレェン。

しかしシャルロッタがツイン・エスを知っていたので
ツイン・エスと話が出来る町の人に話を付けてくれることになりました。
とんとん拍子で話が進んで行く。

最初からシャルロッタに話しておけば、
こんなところまで来なくて良かったのにという事ですね(´_ゝ`)

レフィアはシャルロッタの宿に戻る事になり、
ラァンたちはツイン・エスの事はいったん任せて、ミラージュ集めと母の事を調べる旅を続けることになりました。

この町は港町なので先に進む為には、船を見つけなくてはなりません。
なので町の人達に船を出してくれる人がいないか探す事となったのでした。

レフィアたちと離れる際に、
名を忘れた少女の元でレフィアのセイヴァーメダルを変えるとのアナウンスが。
少し迷うところだけど交換しに行った方が良いよね。

そういえばこの辺りで初回限定特典のセフィロスを貰いました。
アルマジェムとの交換は不要。

woff135


WOLと同じく単体に対して物理ダメージを与えてくれる技。
ただ、付加が物理攻撃アップです。
WOLが物理防御アップなので使いどころを見て変えていかないといけませんね。

ここまで来たので取り敢えず闘技場に挑戦しておきます。
氷柱の崖を終わらせてから来てなかったので。

増えていたのは3戦でしたが、レベル的に選べたのは
Lv.17のフェンリル戦でした。

ノセノセした状態で登場。

ちなみにここに登場したフェンリルは“オオ”フェンリルではなく
ただのフェンリルです。

ホワイトナックからヘンシンカしそうだったので
今回は全員普通に倒してしまいました。
ダブらせるとかさばるし良いよね。

まぁ、ダンジョンで出てくるならカブっても回収しちゃうんですが( ´艸`)。
みつけたミラージュに出来ることなら空きを作りたくないので。

新しいダンジョンに備えて
チョコラッテから新しいデバフ効果系のアイテムを買っておく。
ジェム化条件で必要だと言われそうだからね!

ヴァルファーレにシューティング・レイを覚えさせてから
サロニアの港町に戻りました。

woff136


改めて船を貸してくれる人がいないか聞き込みを進めます。
が、生活に必需品の船を貸してくれる人など居らず、
結局港に来ているという海賊船を奪う事にしました。

ラァンの無鉄砲さがすごい( ;´Д`)
そしてしっかり者かと思いきや、全く止める気のないレェンって・・・。

2人って本当に何歳ぐらいの設定なんでしょうか?
ちょこちょこ子供って言われてるから10代半ばぐらいかな(。-`ω-)

右手に続く道の先から「サロニアの港」へ向かいました。
ただの港かと思いきや、なんとただのダンジョンだったので、一回区切ります。

14回目のWOFFプレイ日記を終了
次の記事へどうぞ!