12.アイシクルエリアより進み、新ダンジョン氷柱の崖へ【ワールドオブファイナルファンタジープレイ日記】

闘技場でヴァルファーレを獲得!!


なんか追加コンテンツやらが増えたそうなので闘技場に行ってみます。

前回来た時よりストーリーを進めていたからか
幾つか対戦相手が増えていました。

Lv.34の相手なども増えていましたが
その他にも14レベルの相手が3つあり、その内が追加コンテンツのようです。

3つ一気に終わらせていこう!
まず一戦目はヴァルファーレが相手だ(`・ω・´)ゞ

ノセノセしている状態で現れたので、
崩し効果の高い攻撃を当てていきます。

ちなみに二組いました。

乗っていたのはムーとコカトリスだったので、崩れてしまえば一瞬。
ヴァルファーレも一体だけ残して倒してしまいました。

woff106


HPがすごく少ないことに気が付く・・・。
もう召喚獣気分だったのでシヴァとイフリートと同じ感じかと思っていましたわ。

ジェム化の条件は土属性攻撃だったので
どうこびとの“いしつぶて”を使って光らせる。

その後、なぜか何度も失敗しながらもジェム化する事が出来ました。
もっと光らせればよかったのかな?

そしてやはりヴァルファーレはコカトリスのヘンシンカ後の姿でした。
シューティング・レイがある時点で明らかだよねー。

Lサイズだし懐かしいし、ということで
もちろん手持ちに加えておきました。
さよなら、クロヒナチョコボ(∩´∀`)∩

レェンをノセノセしておきました。

woff107


可愛いねぇ。
ラァンはクローライトに乗っているのでレェンを乗せておきました。

合成アビリティはミスディレクションとやら、
どんな効果なのかは使ってからのお楽しみ―。

とりあえずはシューティング・レイを覚えさせるのを最優先にしていきます。

次こそ追加コンテンツです。
増えたのはアチョ・アンとアチョ・ユオ。

最初はアチョ・アンから。
出てきたのはアチョとアチョ・アンでした。

woff108


全員同じ種族に見えますが、アチョ・アンが1体混ざっています。
アチョのHPが少なかったので優先的に倒すことに。
といっても両方ジェム化するんですが。

使ってくる技はウォーター系で、どちらとも雷系が弱点。
どちらもHPを回復してあげる事がジェム化の条件でした。

数が多くても弱いから余裕だろーと高を括っていたら、
半端ない睡眠攻撃の数に圧倒される(´;ω;`)

ヤーンという技なのですが、掛けられては攻撃されの繰り返し
眠っている間はATBゲージも進まないのでやられっぱなし。

こればかりは運なのか・・・。
あやうくやられそうになりながらも2体とも確保出来ました。

woff109


予想に反しましてアチョとアチョ・アンは別種族でした。
アンの方はヘンシンカせず・・・。
あんまり強くなさそうだったし(´-ω-`)

ですが、アチョの方はヘンシンカありで、
成長していけばブリザガ、ウォタガ、ケアルラなどの有用なアビリティを覚えてくれるようです。

次にアチョ・ユオの方に挑みました。
・・・のはずだったのですが、全然違うやつらが登場。

woff110


なりゆきで戦う事になりました。
始めてのイフリート戦という事で、ライブラをかけまして
予想通りジェム化の条件は氷属性での攻撃。

シヴァはその逆です。

しかしやはり強い強い。瞬殺されて終わり。
折角アイテムも使ったのに無駄になったわ。

闘技場ロビーに戻って確認してみたところ
イフリートとシヴァの戦いが増えていました。今のはイベント戦みたいなものだったのですね。

改めてアチョ・ユオに挑む。
出てきたのはアチョチョとアチョ・ユオの2種族が登場。

基本的な戦い方はアチョ・アンの時と同じです。
またHP回復がジェム化の条件だったしね。

woff111


苦手属性は雷と火だったので余裕でした。

同じくヤーンはしてくるものの、運が良かったのか頻度は少なく
こちらの攻撃の方が早いのでガンガン数を減らせて、無事2つともをジェム化出来たのでした。

この2種もまたヘンシンカなしのミラージュだったわけですが
結局アチョ系は全部別のミラージュという扱いだったようです。

アン同様にユオもあんまり役には立たなそう。
アチョチョも同じくといった感じ。

ヘンシンカするアチョのみが期待を持てそうということですね(。-`ω-)フム

ようやくひと段落ということで、ストーリーの進行に戻ります。
アイシクルエリアへ。

雪が吹き荒れる中から逃げるように「シェルロッタの宿」に入りました。
暖かそうな雰囲気の宿でお出迎えしてくれたのは、ピンク髪の可愛い女の子。

woff112


サロニアに行くにはこの先にある氷原を抜けていかなくてはならないので
ここで支度をしようとしたわけですが、シェルロッタの話では氷原に人を襲うミラージュがいるとの事。

それでも行くという話をしていると、
同じく宿にいた女性「レフィア」が声を掛けてきました。

woff113


同じくサロニアが目的地だというので一緒に行く事に。

コーネリアのセーラ姫やWOLの事を考えると
シャルロッテやレフィアもFFシリーズのキャラなのでしょうか?

あんまり古いとマトも分からないもので・・・(´_ゝ`)

さっそくアイシクルエリアの先、「氷柱の崖」へ。
その名のとおり雪と氷に覆われたすごく綺麗な所でした。

woff114


手に入るミラージュは8体。
うち既にガーデンジェムで持っていたのは4体です。

アチョチョの姿もあり、何気に闘技場専用ミラージュじゃなかったことにビックリ。
追加コンテンツで出てきたミラージュだったから、てっきり他じゃ手に入らないのかと思っていました。

更にデスカルの姿も・・・。
わざわざ往復してまで灯の森でお迎えしたのに悲しい(´゚д゚`)

頑張れ残り4体!

この氷柱の崖では前回のダンジョン以上に“もえもえ”が活躍する仕様のよう。
という事でブラックナックがいて良かったです。

アチョチョと戦う際はヤーンで眠らされないように慎重に進んで行く。

このダンジョンはちょっと地図を見ていないと迷いそう。
マトのゲーム内方向音痴は健在なのだ(´゚д゚`)
というか氷が光ってるのが悪いと思うんだよね。道をみのがしちゃうよ。

少し進むとポケモンで出てきそうな滑る床が。
その中にも宝箱が隠されているので注意が必要ですね。

まぁ、難易度的には簡単ですよ(`・ω・´)

しばらく進んでいると“ホワイトナック”という名の狼が襲ってきました。

woff115


明らかにブラックナックのご親戚だわ。
ジェム化も出来ないうえ、一発攻撃したら速攻逃げていきます。

この可愛い子たちがここで出没する人を襲うミラージュという事でしょうか?
しかし支配者がいるからジェム化出来ないのですよねー。

欲しい、ブラックナックとお揃いで連れていたい(∩´∀`)∩

ここからも長くダンジョンが続きそうなので
いったん区切ります。

次の記事へどうぞ。
12回目のWOFFプレイ日記でした。