31.メインは一時中断して新しいサブクエを消化中!【ニーアオートマタプレイ日記】

最強の引きこもりに出会う


前回の記事で遊園地廃墟を終わらせて、機械生命体の村に到着しました。

村では白旗を振ったロボたちと、
お馴染みのパスカルが待ち構えています。

この辺りは1週目と同じ流れ。

一応サルトルがいた場所にも行ってみましたが、その姿はやはりありません。


サブクエを終わらせてしまったので、
もう会えるという事はないのでしょうか?

パスカルに話しかけたら
アネモネに「燃料用濾過フィルター」を持っていくように頼まれます。

遊園地廃墟の方へと続く吊り橋を渡っている最中に、
21Oから定期連絡が入りました。

少しづつ打ち解けてきているので、細かい会話も楽しみになってきております(*’▽’)

重要事項の連絡というので何事かと思えば、
9Sが飛行ユニットを改造していることに対して整備部から苦情が来ているらしい。

何やってんだよーと思っていたら、
射撃補正が遅れるので余計なデータを処理していたみたいです。

しかしそんな9Sの言葉も聞かず、
21Oは自分で話すなり殴るなり解決しろと投げやりに話を打ち切ったのでした。


オペレーターさんの乱暴な一面を垣間見て少し呆然とした様子の9S。
マトも同じことを思いましたわ(´゚д゚`)

橋の途中にある足場から上へ行くと博士ロボを発見。
こちらは1週目の状態を引き継いでいるので、だいぶ寄付をした状態から開始。

どのぐらい渡せばいいのか分かりませんが、
今後もちょっとずつ渡していこうと思います。

頑張ろう!

さてなぜ遊園地廃墟の方へ向かっているのかというと、
劇場の辺りに新しくサブクエマークが出ていたからです。

ボーヴォワールがいた場所ではなく
手前の場所から通路の下へと向かえば、ゲームクリエイターロボがいました。


その名のとおりゲームを作っているらしいのですが、
材料が足りないという事で、「3色ケーブル」を取ってくることに。

ロボから取れるという事で倒してこいと言われます。
同胞でもまったく気にしないんだな。

ロボの場所は遊園地廃墟の入り口付近。
ウサギの銅像の周りにいるロボの中に好戦的な奴がいるので、それを倒しましょう。

HPバーが白いので分かりやすいかと。

3色ケーブルをゲットしてクリエイターロボに届けると、
今度はバグを発見するためにゲームに挑戦して欲しいと頼まれます。

ゲームは毎度おなじみハッキング。


マト的には難しく結果クリアは出来ませんでした。
しかしクリアしなくてもバグは発見できるらしく問題はなかったです(・ω・)ノ

うろちょろしてたら画面が黒くなって止まります。

これで「ゲームクリエイターロボLv.1」を終わらせたのですが、
Lv.1と付いているとおり、続けざまにLv.2を受注。

内容はLv.1と同じで次のゲームを作る為の素材を集めて来いというもの。
狙うは4色ケーブルで場所は廃工場にいる機械生命体が落とすとの事です。

さっそく廃工場へと向かい入ってすぐの通路にいたロボを倒して目当ての物をゲット。


通路に一体だけいる奴なのでさっさと倒してしまいましょう(`・ω・´)ゞ

ゲームクリエイターロボに報告すると、
またしてもバグ発見のためにゲームをして、Lv.3の依頼を受注しました。

今度は5色ケーブル。
こちらは砂漠の奴から採取できるそうですぐに向かいます。

場所は大きな砂漠エリアの手前、砂漠入り口にあたる部分の
一番大きな建物の残骸付近にて発見。

依頼の品を渡してバグ発見のゲームをします。
これにてゲームクリエイターロボからの依頼は全て終わったのでした(*‘ω‘ *)

次は機械生命体の村へと戻って1週目ではなかった依頼を見つけました。
少し高い位置にあった鎖と鉄の扉がある場所。


側に立っていたロボに話しかけると、
息子が家に電子ロックを掛けて引きこもってしまったらしい。

助けてほしいと取り乱しているので、ロボ嫌いの9Sも押されて助けてあげる事に。

扉に対してハッキングを仕掛けるのですが、
今回は通常のハッキング戦とは違い、時間内に邪魔なブロックを壊しつつ最奥にある球を破壊するというもの。


少し迷路的要素もありますが1回目は簡単でした。
壊してあげると息子ロボと母ロボの感動なのか分からない様子を見て終了。

これで一件落着かと思いきや、
一度村から出て入り直したらサブクエマークが復活(´゚д゚`)

話を聞くとまた引きこもってしまったらしいので再度ハッキング。

1回目より強力と言われたのですが、
敵は出てこず距離と迷路感が増していました。

最後に壁みたいなのもあって、時間ぎりぎりでクリア。

今回引きこもった理由は好きな子が出来て、
思考回路がショート寸前になってしまった事が怖かったからだそうです。

もう、ロボが恋をするという事実に何ら違和感が無くなってきましたな(‘ω’)

しかし、またしてもサブクエマークが復活。
なんだか挑発的になってきているし。


呆れ気味の9Sですが引き受けてあげると、今度は敵が出てくるようになっています!

時間制限は大丈夫なのですが、
立ちはだかる敵が厄介で何度も挑んでどうにかクリア。

場の空気を読むという行為をしなくてはいけなくなり、
それに疲れてしまったらしい。

なのでこれからは最強の引きこもりを目指すことにしたんだって(´゚д゚`)
悩みとか引きこもりとか、ゲームなのにリアルすぎぃ!!

次に向かったのは廃墟都市にいるロボ導師の元。
こちらも1週目の状態を引き継いでいるので途中から受ける事が出来ました。

何回目のバトルか覚えていませんが、引き受けたのは「ロボ道場・黒帯」です。


体が大きくなっており攻撃のスピードは上がっているようですが、
避けられない程ではなくあまりレベルも離れていなかったので、苦戦する事もなく倒すことが出来ました。

その後、集めて来いと言われた素材「銀鉱・新品のネジ・壊れたバッテリー」は、
廃墟都市のビルと森林地帯にあるようです。

どうやら既に持っている素材でも新しく見つけないとダメみたい。

現状ではまだ森林地帯に行く事が出来ないのでクリア出来ないかと思ったのですが、
商業施設の入り口部分でスキャナーを使用していると銀鉱を見つけます。

これでクリアした事になっていたので、素材を見つける場所はどこでも良いらしい。

他の物も拾い集めて無事にロボ導師に届ける事ができ、
報酬もゲットする事が出来たのでした。

ここで一度記事を区切りますが、
次でも続けてロボ導師の依頼からスタートしたいと思います。

では31回目のニーアオートマタプレイ日記を終わります。

©2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All rights reserved.