25.イヴとの最終決戦へ望む【ニーアオートマタプレイ日記】

1週目終了します(`・ω・´)b


前回の記事では廃工場を終えたところまで書きました。
ぶっつりと切ったので、今回もいきなりスタート。

ちなみに今回の記事はかなり長くなりましたので、
少し読みにくいかと思いますがご容赦ください(`・ω・´)ゞ

廃工場で宗教団体から逃げ出し、ようやく外へ出る事が出来たのですが、
画面が白くなりイヴが映されました。

長い食卓に一人で座り、アダムが死んだことを嘆いている様子です。

やけくそになったように全部殺してやると叫んだと思ったら、
左腕から肩にかけて一気に黒く変色していきました。


目の色も依然と違うような気がしますし、
邪悪そうな顔をしていますね。

その後、場面は2Bに戻ります。
パスカルは自分の村に帰るといい、2Bはレジスタンスキャンプへ。

廃工場のアクセスポイントまで来た時にレジスタンスキャンプから通信が。
しかし電波状況が悪く断片的な内容しか聞き取れません。

機械生命体、要請、頼むという単語が分かり、
ただならぬ気配を察知したので、すぐにキャンプへ戻ります。

ただその道中、今まで出てきていなかった箇所にもロボがワラワラと。
中央広場のミニマップなんて、ちょっと悲惨なぐらいだった。

空からも現れてきてキリがないので大半はスルー。
2Bも明らかに増えた敵の数を不審に思っている様子です。

レジスタンスキャンプの入り口に差し掛かると、
中から数人のアンドロイドが助けてくれと言いながら走って出てきます。

そして2Bが目の当たりにしたのは、
機械生命体がアンドロイドを“食べる”という異常事態(´゚д゚`)

血ではないもののオイルのようなものが飛び散っていて、かなり悲惨な状態です。


ロボに消化器官なんてないと思うのですが、
お腹の中に入れてどうしたいというのでしょうか?

目の前の状況に驚きつつも2Bは武器を手にします。

大きなロボ、小さなロボが一斉に襲い掛かってくるのですが、
数もそこそこで攻撃力も高いので、小さい奴から優先的に倒すことをおすすめします。

それにしても生きているアンドロイドの姿がありません・・・。
デポルとポポルは無事なのでしょうか?

奥へと続く道を歩こうとしたら、無事だったアネモネが声を掛けてきました。
状況を聞くところによると銃が効かず、こんな事態になったらしい。

という事でここからの敵は盾を装備しているので
近接距離の攻撃から行っていきます。


一番奥には腕を振り回す大きなロボがいて、
こいつが厄介だったので気を付けてください(`・ω・´)ゞ

無事にロボ全員を倒して広場に方へ戻ると、
アネモネにお礼を言われましたが、今度はキャンプの外から大きな音が。

怒涛の出来事続きに息切れ気味ですが、進むしかありません。
9Sが戻ってこない事が戦力面で不安ですが。

それにしてもこの事態って明らかにイヴのせいなんだろうな”(-“”-)”

キャンプから出てすぐに廃工場で戦ったような風貌の敵が。

常に電気を放っている状態で、更に水の中にいるので、
少しでも水に入るとこちらがダメージを受けてしまいます。


最初の攻撃は画像にも写っている遠距離射撃とレーザーが主です。
なので水に入らないように球を避けつつ、こちらも遠距離攻撃を。

少しすると電撃が消えるので、今度は近距離攻撃でガンガン削っていきます。

ただ近付くと足で攻撃する他に、
小さな自爆する玉を放ってくるので注意が必要。

HPを半分ほどまで削ったあと電撃が再開され、
更には空からロボがワラワラと降ってきました(´;ω;`)

どうやら大きなロボが叫ぶと、周囲のロボが寄ってくるという仕組みらしい。
という事は早めに大きなロボを倒さないと、
小さなロボは出続けるかもしれないという事ですね。


小さいロボはかなり邪魔なのですが、かまっているといつまでも大きなロボが倒せないので、
ここは優先して大きなロボを攻撃していくのが吉。
電撃がきついので、陸地を迂回して側に寄るのがおすすめでした。

HPを4分の1程度まで削ると、
電撃と足の部分が無くなりまして、転がって攻撃してきます。

最後までHPを削ったと思ったら、
空から飛行ユニット?から降ってきて、9Sが目の前に投げ出されました( *´艸`)

ただ久しぶりの再会に浸っている暇もなく、敵の玉からイヴが登場。
憎悪の言葉を吐くと、辺りにいたロボと合体してします。


纏まったロボを攻撃すると、幾らか空中分解するので、
中にあるコアのような物を攻撃出来るようになります。

空中分解→結合を繰り返すのですが、基本的には近距離攻撃で大丈夫かと。

コアを破壊すると周りにいたロボも消失し、
今度は建物の中から竜のように連なるロボの軍団が飛び出してきました。

あまりの多さにうろたえている最中、
パスカルから通信が入りましたが叫び声と主に途絶。

どうやら機械生命体の村もピンチに陥っているらしい。

パスカルの村へと向かえという指示が出たので鉄塔付近に行くと、
積み重なった鉄骨の前にロボが群がっていました。

そいつらを一掃すると地面から先程飛び出した軍団が現れてバトルに。


レーザーの攻撃がかなり厄介で、空を飛んでいるので
こちらの攻撃も基本的には遠距離が多くなります。

ただ先程の玉よりは全然弱かった(*‘ω‘ *)

一旦落ち着いたところでパスカルから状況説明の通信が入ります。

ネットワークを統括している存在であるイヴが暴走したことによって
繋がっていたロボたちまでもが暴走したらしいとの事でした。

なので統括しているイヴを倒せば、ロボ全体の活動が停止すると思われるそうです。

そうなれば倒しにいくしかありません!
ポッドがイヴの位置を特定。場所は陥没した場所でした。

向かっている道中、“にいちゃん”という寂しげな呟きが聞こえてきます。
通信能力がかなり強くて広範囲に強制通信を行っているみたい。

目的地へ着くと顔半分まで黒くなり、更に浸食が進むイヴとバトルに。


両腕にがれきを纏って攻撃してくるのですが、
かなりスピードが速く、辺りが砂嵐のような状態になっているので視界が悪い(;’∀’)

ただ防御力はあまり高くないようなので、
ガンガン近接攻撃でHPを削る事が出来ました。

近接の他にも空から岩を飛ばしてきたりくるので、
この時は避ける事だけに集中し、降りてきたら攻撃を再開するのが良いかと思います。

しかしもうそろそろで倒せると思ったら、
がれきに体を包ませてHPを回復しだしまして、結果完全回復。

周りのエネルギーを吸っているらしく、これでは埒が明かないので、
9Sがハッキングして停止させる事になりました。

しばらくしてネットワークの切断に成功し、それと同時に9Sが飛び掛かって攻撃。


それに続いて2Bが攻撃を仕掛けたことで、
イヴの腕に付いていたがれきが剥がれました。

その代わりと言っては何ですが、
イヴの体から波動のようなものが発せられ、攻撃の形態が変わり空を飛び始めます。

ただジャンプをすれば届く距離なので、
遠距離攻撃を避けつつ裏側に回って攻撃しましょう。

ただ少し攻撃を続けているとイヴから発せられる波動に当たり、
近接攻撃が不可能となるほどの破損を受けました(´;ω;`)

イベントの一環らしく回復は出来ません。

同時に走る事が出来なくなってしまったので、イヴに追いつくことも困難です。
なので遠距離攻撃オンリーで攻撃を加えていきます。

苦労してイヴのHPを0にしたのですが、2Bたちは遠距離攻撃すらも不可能な状態に。
よたよたと座り込むイヴに近付く2Bが、折れた刀で止めを刺したのでした・・・。


空を仰ぐ2Bですが、9Sの様子がおかしい事に気付き駆け寄ります。

9Sの目が赤く光り、周りのがれきが集まっていく。
どうやらイヴのネットワーク分離の際に汚染されてしまったらしい。

・・・この時に2人の顔の布が外れている事に気付いたのですが、
それどころじゃないと分かりつつも、すごくテンション上がったわ(鼻息)


汚染されたデータをバックアップとしてバンカーに送る訳にはいかないという9S。
それはつまり本当のお別れを意味しているということ・・・。

浸食されていく9Sは2Bに自分の命を絶つことをお願いし、
2Bは黙って9Sの首に手を掛けて力を籠めました。

アンドロイドなのに涙を流す2B(´;ω;`)
抱きしめて泣き続ける姿が印象的です。

悲しみに暮れる2Bの視界に、目が光っているロボの頭部が映り、
続いて辺り一帯のロボの目が光りだしました。

どうやら通信を行っているらしく、突然の事態にうろたえる2B。
すると後ろにあった大きなロボが動き出して、普通に言葉を話します。

なんとたった今死んだはずの9Sでした( ゚Д゚)
どうやらデータをロボの方に残していたらしく、ネットワーク上に自我が再構築されたそうです。


なにやら難しい話であまり理解は出来ませんが、
9Sのデータをボディに戻すと言っているので、復活出来るという事ですね(*’▽’)

最後に2Bが機械生命体の叫びが私の中に残っているという言葉を残して
無事に1週目を終える事が出来たのでした!!

最後の記事では一気に事が進めまして、
長くお付き合い頂きありがとうございました。

さてエンドロールの後に今回がAルートであった事や
2週目では新しいエピソードが用意されているなどと言われました。

なので次の記事からは2週目突入です(`・ω・´)ゞ
25回目のニーアオートマタプレイ日記を終わります。

©2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All rights reserved.