24.廃工場で宗教団体に追われる【ニーアオートマタプレイ日記】

カミになるらしいよ


前回の記事で9Sの救出に成功したのですが、
体を治すためにバンカー送ってしまったので、しばらくの間2Bだけでの進行になります。

寂しいですが頑張っていきましょう( `―´)ノ

9Sを預けた後に司令部から機械生命体の調査を命令され、
そんな折、ちょうど良くパスカルに他のロボから和平協定を持ち掛けられたという話を聞かされました。

ということで今回はパスカルに同行する形で、
ロボたちに指定された廃工場へ赴くことになります。

さっそく行ってみると入り口付近でパスカルが待っていました。
同盟を結びたいロボたちは奥にいるというので、入り口をくぐります。

するとそこには綺麗に整列したロボたちが。


室内に入っても襲ってくる事はありませんでしたし、
試しにこちらから攻撃を仕掛けてみましたが、やめてくださいと言われるだけでした。

奥にいる司祭と名乗るロボに声を掛けると、
こちらへお進みくださいと道案内をし始めます。

足の遅いロボに付いていくのが何気に大変でしたが、
通路に入ってすぐの場所にあるエレベーターを起動してくれました。

エレベーターの中でパスカルと共に怪しい集団だという見解が一致。
それでもパスカルが付いてきたのは、
2Bに紹介した責任があるからだそうです。

ロボとは思えない優しさと責任感ですね(*‘ω‘ *)

エレベーターが到着した先は今まで行った事のない場所でした。


教祖様がこの先で待っていると言われて、松明を持ったロボの間を通っていきます。
しかし教祖様って完全なる宗教団体ですな

教祖様にお導き頂いたーとか、
神様を信じるようになってから安らぎが訪れたーとか言っています。

奥の扉を開けて入ると、同じく松明を持ったロボが沢山いて、
部屋の奥には玉座に座るロボもいました。

こいつが教祖だと思われ、
パスカルが和平協定の話し合いに来たと話し出したのですが、教祖様の首がコロコロっと転がったではありませんか( ゚Д゚)


驚く2Bの周りのロボたちが「教祖様はカミになった!」と連呼しだしました。
死んで神になるという教えの宗教なんだろうね。

リアルすぎてこわーい(´゚д゚`)
ロボが死後の世界を信じているというは、今までにもまして不可思議です。

更には私たちも君たちもカミになるとか不穏な事を言いながら、
扉を閉めてしまったのです。


そして案の定、襲い掛かってきました(白目)
もう勝手にカミにでもなんでもなってくれ。

敵のレベルは大して強くはありませんが、
数が多くて全てを倒す事は無理かと思います。
ちゃんと確認したわけではないですが、もしかしたら無限湧きなのかもしれません。

急いでバンカーへ連絡を取って、現状を説明して脱出ルートの確保をお願いします。

すると少しして玉座の後ろにある扉が通れるようになったので
そちらから脱出しました。

エレべーターに乗り込んでほっとしたのも束の間、
扉が開くと目の前に一体のロボが。

2Bが向かっていこうとすると、9Sと名乗ったのです!!


バンカーを経由してハッキングを仕掛け、
この機械生命体のコントロールを奪ったそうです。

この工場をハッキングして脱出のバックアップをするとだけ言って、
コントロールしていたロボは倒れました。

もうロボの姿でも良いから着いてきて欲しかったわ(*´з`)

9Sが居なくなった後の室内にも他のロボはいましたが、
項垂れていたり頭を抱えていたりと襲ってくる気配はありません。

どうやらカミになりたいと思っていたロボだけでなく、
本当に和平協定を結びたいと望んでいたロボもいたらしい。
そんなロボをボッコボコにするのも如何かと思いスルーしました。

ちなみにこの部屋には道具屋さんもありまして買い込んでおく事をおすすめします。
脱出するまでに案外時間が掛かったんですよー。

部屋にあった扉を通ると外側に沿って続く道に出ました。


さてここからなのですが、
マトはあまり辺りを確認せずにどんどん進んでしまいました。

何故かというとマップが見難かった事と、自爆する敵がいて焦った事など、
道順を確認しながら進むことが難しかったからです。

なのでこれから書いていく道順はマトのパターンと思ってください。
もしかしたら他の寄り道場所もあるかも知れないし、そうでないかもしれません。

参考程度でどうぞー。

次の円形の部屋にはアクセスポイントがありまして、
セーブは可能だったものの、もちろん転送は不可でした。

外に次はベルトコンベアの上を移動。
空から出てくる敵を蹴散らして、円形の建物に沿って上へ進みます。

次もベルトコンベアの上を進んで行くのですが、
ここでは一定間隔で上からプレス機が降りてくるので、タイミングを見て進みましょう。

円形の部屋で出てきた敵を一掃して、入ってきたのとは別の扉から外側の道へ。
上から自爆ロボが駆け下りてくるので、
踊り場まで一気に回避しながら駆け抜けます。

そのまま一番上まで行って、横道へと逸れます。
横道にあった梯子を上り目の前の扉の中に入ると、ゲートのロックを解除したと言われました。

目の前の扉はアクセスポイントがある場所へ、
左手にある扉は↓の画像のような場所へ続いています。


階層になっているのでどんどん上がっていきます。
ちなみにこの時ばかりはミニマップが役に立ちました。

一番上まで行ってベルトコンベアを進み、目の前の部屋に入ります。
中ではカミになりたい派に平和主義派が攻撃されていました。

部屋から出て長く続く階段を上に進んでいくと、
2つ目のアクセスポイントを発見!

横のエレベーターに乗り込むと、今までと違った雰囲気の場所へ出ました。
上から吊るされた円形の足場、その下には溶岩的なのが溜まっています。

ここが鉄工所なら溶鉱炉ってところでしょうか?
中央あたりまで進むと、丸こい大きな敵が登場します。


最初敵にはシールドを張っており、近距離・遠距離ともに通りません。

調べたところによると工場自体から電力を得て、
シールドを展開しているらしく、9Sがそれをどうにかしてくれるまで持ちこたえる事に。

敵の攻撃は突進、手のようなもので挟む、レーザー、ドリルなど。
どの攻撃も一定方向への攻撃なので、
シールドが剥がれるまでは距離を保ったまま待ちましょう。

電力が落ちるとシールドが剥がれたわけですが、
同時に電気も消えてしまいました。

なのでライトを付けた状態で戦います。
敵の目が光っているのも目印になるかと思いますが、基本的には接近戦がおすすめ。

攻撃をしていくと動きが止まる時がくるからです。


2Bが最後の一撃を叩き込んで終わり。
そういえば戦っている間、いつの間にかいなくなっていたパスカルが空から降ってきました。

2Bの心配をしつつも、こいつちゃっかり隠れていやがった(´゚д゚`)

部屋から脱出するとようやく見慣れた場所に出る事が出来て、
すんなりと外を目指すことが出来ます。


その間にもカミと言っているロボが多数。
しかし襲ってくる訳でもなく、なんだったら溶鉱炉に自ら飛び込んでおりました。

それほどカミさまになりたいというのですね。

そのまま2Bが廃工場を出ると自動で場面が変わったのですが、
ここで一度記事を区切りたいと思います。

もしかしたら次の記事で1週目終わるかも?
24回目のニーアオートマタプレイ日記を終わります。

©2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All rights reserved.