18.エミールの追憶クエストを進行中【ニーアオートマタプレイ日記】

エミールのショップは顔マーク


前回の記事で森の城の攻略を終えました。
A2の美しさに惚れ惚れしたのが忘れられません(*ノωノ)

A2の事をパスカルに聞くことになったわけですが、
連絡すると森の城の城壁にあった扉を開放してくれたので、そちらから機械生命体の村へ。

さっそくパスカルにA2との記録を見せて、知っているか聞いてみると、
機械生命体の間でも危険なアンドロイドとして認識されているとの事です。

ただこの村を直接襲うというような感じでもないらしい。

危険だというならこんな村真っ先に滅ぼすと思うのですが、
“危険”の系統が違うという事でしょうか?

この話を聞いただけで、レジスタンスキャンプへ戻る事になったのですが、
戻ったらすぐに6Oから連絡が入りました。


何か重大な内容かと思ったら、
「月の涙」を髪飾りにしたら2Bに似合うと思うと言われただけ。

また可愛い物を見つけたら報告するという話で終わりました。

すると今度は6Oからメールが届きまして、
内容は転送装置を修復したお礼と、世間話的に地上の事に興味があるからもっと教えてほしいというもの。

この内容を見た2Bは6Oに地上のものをプレゼントしたいと思ったようで、
ポッドが希少な花の写真が良いのではと提案してきました。


画像データならバンカーに送る事が出来るかららしく、
砂漠に咲くと言われる「砂漠のバラ」がターゲットになったのです。

受注していたサブクエ「写真」も少し進んでいたので、
依頼主に一度報告しておきます。

森の写真を見せた事で昔行った事があるような気がするが、
どういったのかは覚えていないという話を聞きました。

大事な思い出がなくなるというは怖いですねー。

メイン進行マークが出ていたアネモネに話を聞きます。
内容はA2の事ではなく、新しい任務について。


太平洋に展開していた空母が補給に戻ってくるらしく、
2Bたちには海岸沿いに準備されている補給用のミサイルを護衛してほしいそうだ。

次は行った事のない水没都市が目的地となったわけですが、
先にサブクエの進行を少ししておこうかな。

再びアネモネに話しかけたところ、サブクエ「キャンプの発展」を受注出来ました。
内容は森の調査をするため出張キャンプの設立に力を貸してほしいというもの。

簡単にいうと森周辺の敵を蹴散らしてこいという事です。

どのサブクエを進めようかと思いマップを見ていると、
砂漠の入り口に近い廃墟都市で何やら「エミールの道具屋」という気になる文字が。
アイコンもエミールの顔マークです。

なので早速そちらへ向かったところ、
商業施設で会った時とは全く違う姿で生きていました。


ちっさい車です。
というか三輪車?

前面部分に顔がハマっていて、見つけた時は辺りをグルグルと走っておりまして、
ロックオンが出来たので射撃で攻撃し動きを止めたのです。

前に逃げ出した事を謝られ、改めて自己紹介をされました。
今はなんとショップを営んでいるそう。

この見た目じゃあ、どちらかと言えば機械生命体に近いけど、
誰相手に商売しているのでしょうか?

何か買っていかないかと言われたので少し覗いてみる事に。

内容物はチップ・プラグインの類でした。
様々な種類が置いてありますが、高い物も多くそれなりに強い系のラインナップです。

必要なものが無かったので一度ショップ画面から戻り、
再び話しかけたところ、自分は「地下の奥深くのそのまた奥深くに暮らしている」と言われます。

・・・陥没した場所のどこか、という事でしょうか?


動き出さないのでまた話しかけると、なんとショップの商品内容が変わっていました!

今度は素材系が売られています。
壊れたゼンマイや伸びたコイルなど、強化などに使いそうな素材ばかり。

エミールの道具屋は内容物がランダムみたい。

エミールとお別れして砂漠へ向かい6Oへのプレゼントを探します。

まぁ、マップに赤いエリアが表示されているので、
探すというより向かうが正しいのですが(∩´∀`)∩

場所は砂漠に入ってほど近いアクセスポイントのあるところです。
岩の近くの採取ポイントとして発見できます。

画像のデータが6Oに送られ、すぐに通信が入りお礼を言われました。

6Oって本当にいい子だわ(*´Д`)カンワイイ!
それに返事をする時の2Bも優しさが垣間見えるよぅ。

お礼はメールにて贈られゲット!

商業施設のなかにクエストアイコンがあったので行ってみると
月の涙の場所でイベントが。

変わった花に興味を持って眺めていると、いつもの間にか背後にエミールの姿が。

前作でも馴染み深いこの花に対して何か言うのかと思いきや、
以前のことは忘れてしまっているらしく、月の涙の事も覚えていないみたい(´;ω;`)


ただ月の涙を見ていると色々な事が思い出されるらしく、
前作での戦いのことを思い出すみたい。

それに月の涙を見ていると胸のあたりがきゅうっとするらしい。

カイネの事を思ってだという事は分かるのですが、
それよりもお前の胸ってどの辺りだ? という思いしかマトにはありませんでした(遠い目)

他の場所で月の涙を見かけたら教えてほしいという、
「エミールの追憶」を引き受けることになったのです。

という事で、マップ内に赤いエリアが表示されている場所へ向かいます。

まず向かったのは森林地帯の岩の陰になっている場所。
薄暗い所でしたが月の涙は光っているので見つけるのは簡単です。

見つけた事を連絡するとすぐに飛んできてくれました。


新しい月の涙を見て思い出されたのは、
エミールが昔にこの花が枯れないように守っていたという内容。

砂漠に浸食されていく世界で、それでも守っていたんですね(´;ω;`)カイネサーン

ちなみにこの場所の近くには武器「草原の竜騎槍」が宝箱に入った状態で置いてありました。
ここに残るというエミールを置いて次の場所へ。

今度は遊園地廃墟で、ショップロボの近くに咲いています。
またもすぐに現れたエミール。


今度はエイリアンが襲ってきた時に、
エミールも必死になって戦った事を思い出しました。

ただ何を守りたくて戦ったのかは思い出せないとの事。

現時点での最後は砂漠地帯。
場所は建物が多く並ぶ方の砂漠地帯。広い砂漠の手前のエリアです。

ただ今回はかなり分かり難い場所に咲いています。

赤いエリアの方へ行っても行き止まり。
恐らく壁の向こうだと思うのですが、下からジャンプしたのでは届きません。

行けるのは下層エリアから続く道のみ。
U字路のようなっている道から外に出て、一本道をどんどん先へ進みます。

道の先で一度下へ降りて、また細い道を進んで行くと、
先程の行き止まりの場所の真上に出ます。


そこで下には降りず、向かいの岩へ飛び移り、
更に赤いエリアの奥を目指すように行き止まりの岩壁の上に飛び移ります。

そうするともっと先へ進め、そこに月の涙がありました。


エイリアンとの戦いで勝つため、
自分は自己増殖をしましたが、それでもエイリアンに勝つのは難しかったという事です。

エミールが勝てない相手を想像してガクブルしました。
だってエミールってかなり強いイメージがありますよね(; ・`д・´)

さて、これで今の時点で行ける月の涙は終わり。
残り一つはまだ行った事のないエリアだったので、後で改めて探そうと思います。

いつかエミールがカイネの事を思い出してくれる事を祈って、
今回の記事は終わりたいと思います。

・・・本当はニーアの事を思い出してほしいけど無理なんだよねぇ。

では18回目のNieR:Automataプレイ日記でした。

©2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All rights reserved.