モンスターハンター:ワールド【体験版レポート】

ザ・狩りゲー「モンスターハンター」
その最新作であるモンスターハンターワールドの体験版を遊んでみました。

正確にはベータ版かな?
違いはよく分からん(ノ)‘∀`(ヾ)

PS4にて発売予定のソフトなのですが、
マトはこのシリーズをプレイした事が1度しかありません。

なので知識はかなり乏しいですが、それを踏まえたうえで参考にしてください(`・ω・´)ゞ

狩り楽しむためのアクションと壮大な世界



体験版ではストーリーなどを楽しむ事は出来ませんでした。

もともとストーリーと呼べるものはないのかな?
この辺りは各自で調べてくださーい(´▽`*)

なので今回のレポートは操作面に限ったものとなります。

オフラインで集中するか、オンラインで騒ぐか

今回の体験版で遊べたのは討伐依頼なるもの。

オフラインでも楽しめる「シングルプレイ」と
オンラインで楽しめる「マルチプレイ」が選べましたが、出来る討伐依頼は同じです。

マルチプレイではマッチングして相棒を探すみたいだったのですが、
結果としてベータ版のせいか相手が見つからずに断念(´-∀-`;)


入り口だけを見たところ、おまかせでマッチングするだけでなく、
細かい条件を出して募集したり探したりすることが出来るみたい。

こういうのって案外大事なんですよねー。

マトはFF14などのオンラインゲームもプレイしているのですが、
バトルにおいて根本的な考え方が違う人と組むと、多少なりとも衝突が起きてしまう事があります。

サクッと周回したい人、のんびり初心者同士で考えながらしたい人。
プレイスタイルは人それぞれなので、条件指定出来るのは嬉しいですね(∩´∀`)∩

マルチプレイが出来なかったのでシングルプレイを選択。
1人といってもシリーズの代名詞ともなっているアイルーをおともにする事が出来ました。

まずは自らの性別を選択。


マトはこう見えて女さ。
という事で迷わず女性を選択し、6つのパターンから一人を選びました。

これはさすが国産ゲームといった感じで、どれも美人さんばかり!
洋ゲーの微妙な感じがなかったです。

ちなみに今回は決まった6人から選ぶだけでしたが、
本編だともっとエディットで作り込む事も出来るみたい。

細かいボタン操作が必要なアクション

という事で肝心のバトルを。
幾つかあった難易度から初心者向けを選択します。


バトルフィールドに入る前に装備品を確認する事が出来ました。

ベータ版という事もあってから、複数の装備をセットで用意されていたうえに、
武器も数種類の中から変更可能。

どれもゴツイ感じなので動きは鈍そう。
もっとスタイリッシュな攻撃を繰り出せるものもあるのでしょうか?

バトルフィールドでは画面の端っこに操作方法が載っていました。
ただ字が小さいうえに、構えている武器によって表示も変わっていきます。

ボタン1つを連打するのではなく、
△を押しながら同時に○を押したり、ジャンプした時にタイミングよく△を押したり。


バトル中はかなり忙しい感じでした。

これほどまでにコントローラーのボタンを全部使うか!と驚きました。
慣れるまでかなりの時間が必要そう。

もしかしたらシリーズでは馴染みのある操作法なのかもしれませんが、
ちょっと初心者にはややこしいかなぁ_(:3)∠)_

フィールド内には目的のモンスターを見つける為の「痕跡」が残されています。


それを知らせてくれる導蟲(しるべむし)というものもいて、
緑色の飛んでいる蛍みたいなのですが、これがちょっと見つけにくかったかな?

モンハンでお馴染みの倒したモンスターからアイテムを削ぐのは相変わらずでーす。

「初心者向け」をクリアしたら「初級クリアおめでとうパック」なる物をゲット。
本編にて有用なアイテム詰め合わせだそう。


この本編を売ろうとしている感じがすごい( ゚Д゚)

こんな感じでベータ版は終了しました。

個人的な感想

字が小さかったり、操作面での多少のややこしさがあります。
アクションが苦手な人にはちょっときついかもしれません。

連打ゲーのアクションとは違うので、そこが楽しいと感じる人は良いとは思います。


マトはどちらかと言えばキングダムハーツとか簡単なのが好きなので、
本編を買うかは微妙かなー。
こればっかりは好みの問題ですね(。-`ω-)

フィールドのグラフィックはかなり細かく作り込まれている印象。
ただモンスターと木などの背景の区別が付きにくいのは気になりました。

今回の「モンスターハンター:ワールド」は最初にも言った通りベータ版なので、
本編とは少し仕様が変わってくる可能性もあるので悪しからず!

(C)CAPCOM CO., LTD. 2018 ALL RIGHTS RESERVED.