9.怪しい男と新聞記者ディーノ、更には大きな鳥まで【FF15プレイ日記】

初めての釣り。なかなか面白いです(*‘∀‘)


前回でようやくガーディナへと着き色々と探索しまして
橋の先へと進んで行くと、豪勢なレストランに入りました。

すると向かい側から個性の強い男性が歩いてくる。
もじゃもじゃだけど明らかに重要人物ですね。

ff1575


彼が言うには船が止まってしまっているらしい。

突然こんな話をしてきた男を不審がるグラディオですが
男は気にした風もなくお小遣いと称して、ノクトにコインを投げてきます。

グラディオが静かにぶち切れだ!

ただの一般人だと、名乗りもせずに去っていきました。
怪しい。確実に敵臭がする(´_ゝ`)

あんまり信用できないですが、周りから聞こえてくる話も船は止まっているとの事。

レストランで情報収集、料理の確認などを行いました。
さすがに海岸沿いの海町だけあって美味しそうな海鮮物が主です。

討伐依頼ではLV.11とLv.17が二つ。
ちょっと挑むにはレベル差が気になりますね(´・ω・)

桟橋の方へ行って男の話を確かめなくてはいけないのですが
その前に、ちょっと釣りでもして来ようと思い立ち、釣具店近くの釣り場へ。

釣りの操作はちょっと難しくて、感覚が大事になってくる感じ。

まず針に魚を引っ掛けなくちゃいけないのですが、それがなかなか上手くいかず
何回かやり直してようやくコントローラーの振動が起きてくれました。

でもそこからは画面に出る指示通りに動かしていくだけ。

初めて釣れたのはジャイアントトレバリーという魚です。

ff1577


40㎝ほどのようですが、果たして小さいのか大きいのか・・・。

ちなみに新しい食材を手に入れたことで
イグニスが新しいレシピ「天然トレバリーのグリル」という素材感丸出しのレシピを習得しました。

数回試してみてると、途中でラインの交換をするように
グラディオから言われてその通りに。

ラインとは釣り糸の事で、使い続けていると切れやすくなるんだってさ。

他にもロッドやリール、ルアーなんかも変える事が出来るらしいです。
やっぱり組み合わせによって釣れやすさも変わるのでしょうか?

その後、金色の「ガーディートレバリー」もゲット。

ff1578


こちらは60㎝越えでした(`・ω・´)ノノ
トレバリーという種類はモブ的な魚なんでしょうかね。

しかし良い魚だと思わせるウロコ感がすごい。
改めてグラフィックすげぇと思いました。

だいぶ日が暮れてきたので釣具屋でラインとルアーを幾つか購入して終了。
これで新しい釣り場を見つけてもOKだ!

その後は暗くなるまで周りの探索。

海岸にはキャンプ地もありまして、
イグニスのスキルレべルを上げるか、キャンピングカーで経験値倍増させるかを選べます。

更に海岸の近くにいたロックシザーというモンスターとバトルに。

スピードも遅いし、視界も良好だったので普通に叩いていても倒せました。
一応弱点は大剣と氷です。

リンクアタックを2回決めるというミッションも発生しましたが
無事クリアする事が出来ました。
コツはマップシフトによるバックアタックです。

戦っている間にだいぶ日も落ちて急いで帰っている時の風景が綺麗だったのでパシャリ。

ff1579


あっちの島が気になりますが行けるのかな?

それにしてもノクトたちの前に出るライトは何処から照らされているのか・・・。
どうしてもヘッドライトを付けている想像をしちゃうんだよね(´゚д゚`)

キャンピングカーまで戻り泊まると
キャラのレベルは上がらなかったものの、始めてノクトの釣りスキルのレベルが上がりました。

2レベルになりラインのダメージを軽減されるように。
レベルが上がればレア魚も釣れるようになるのかな(`・ω・´)ワクワク

ストーリーを進める為に桟橋へ向かったのですが
この時初めてレストラン内から宿屋に行ける事を知りましたが、なんと一泊するのに10000ギルも掛かるらしい。

全財産をつぎ込んでも泊まれないとは・・・(´;ω;`)コワッ
マトはキャンプかキャンピングカーのみだわ。

桟橋の方へ行くとやはり船は来ていません。
その後、引き返していると新しいキャラ「ディーノ」が話しかけてきました。

ff1580


ちょっとオカマっぽい顔してんな。

彼は新聞記者だそうでノクトたちが王子一行だとしており
お忍びの旅をばらされたくなかったら話を聞けと言うので、その通りにしておきます。

話を聞くという選択肢を選ぶとEXPを80ゲット。

なにかの「原石」を取ってきてほしいという内容で
ただの脅しだーと思っていたら、船に乗れるように話を通しておいてくれるそうです。

案外良い人だね(*‘∀‘)

利害が一致したので断る理由もないので、次はその原石が目的となりました。

少し離れた位置だったのでレガリアに向かっていると
桟橋の途中で猫からサブクエマークが出ているのを発見。

声を掛けたらなぜかノクトが猫と会話を始める。

ff1581


散歩中なのかーとか仲間とはぐれたのかーとか、ノクトすごいな。
結果お腹がすいているようだったので魚を上げる事に。

トレバリーをあげればいいらしく、さっき釣っていた魚をすぐにあげましたが
しかし目の前にビチッと置いた魚を無視する猫さん。

ff1582


これはいくら何でも大雑把すぎやしないか・・・。
ちょっとは切り分けてあげなよ。

仕方ないのでレストランに猫が食べそうなものを聞きに行くと
それ用に作ってくれました。

今度はきちんと食べてくれまして、ノクトは少し懐かれたようです。

レガリアのオートドライブでクエストの目的地へ直行。

ガーディナから少し離れた何もない道路で止まったので、
そこからはアイコンを頼りに歩きで向かいます。

ちなみに車が止まった場所はヴェナの標というキャンプ地の側。

ff1583


岩で繋がれた道を反対に向かって登っていきます。

画像では奥の方にも道になりそうな場所が見えていますが、あちらにはたどり着けませんでした。
どうにかして行けるのかな?

先へ進んで穴の下をくぐると、明らかにヤバそうなのが・・・(;´・ω・)

ff1584


こわっ!!
半端ない大きさのようです。ノクトたちの数倍はあるでしょう。
羽を広げたらもっと大きそう。

この黒い鳥は眠っているようなので
起こさないように注意しながら鳥の向こう側へ行くために前に回り込みます。

しかし万が一起きた時は瞬殺されるレベルの威圧感がありました。

こそこそと向こう側に行き、岩の所からガーネットの原石を入手。

その後は怖くて元の道を戻る事は出来なかったので、
すぐに崖から道路に飛び降りてやりました。

すると鳥が起きてしまったのか画面には敵に狙われている表記が出て
慌てて車に向かって走っていくと頭上をバサバサと飛んでいきます。

岩に映る翼を広げた影は圧巻(゚д゚)

結果、襲われる事はなかったですが、大きさが凄かった分
アラムシャ以上に緊張しました。

次の記事へ続きます。
9回目のファイナルファンタジー15プレイ日記を終わります。


Copyright (C) 2016-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.