44.フムース基地の制圧に挑む!【FF15プレイ日記】

レガリアTYPE-Dに試乗


今回は久しぶりに気分転換をしようとハンマーヘッドに向かいます。
そこでレガリアのカスタマイズをしようとしたところ、
改造が可能だとシドニーから言われました。

カスタマイズとは違って、レガリアの形態が変わる感じ。
選べたのは「レガリアTYPE-D」

お願いしたらこんな姿で返されました。


想像以上に凄い変わったなぁ(´゚д゚`)
イグニスが隣に立っていますが、ドアまでの高さが肩ぐらいにあります。

乗り込むとき大変だろうなぁとか思いつつ、いざ!!

このTYPE-Dでは道路以外の道じゃないところも、
自由に走れる事ができ、更には車なのにジャンプする事も可能となっております。

なのでガードレールや大きな岩などは飛び超える事が出来ます。


小さい岩などの障害物は走って乗り越える事も可能ですが、
かなり車体が無茶な感じになってしまいます。

ただひっくり返る寸前みたいになっても、
ちゃんと向きが戻ってくれるのは流石っすね(*‘ω‘ *)

ちなみにTYPE-Dにはガソリンの他に、
耐久度というパーセンテージが用意されていました。

恐らく無茶な事をすると減っていくのでしょうよ。

色々と遊んでみた結果、マトは普通のレガリアの方が楽(`・ω・´)b
だってTYPE-Dは簡単に道から外れてしまうんだもん。

という事でハンマーヘッドへ帰ろうとしていたところで、
またしても空を駆ける巨大な飛空艇を見かけてしまいます。


いつも通り帝国基地の攻略クエストが派生しました。
目指すはフムース基地。

レガリアもそのままにまずは基地を見渡せるところへと移動します。

まず基地の前まで行って入り口から、塀に沿って左手に進んで行くと、
見張り用の足場があります。

そこの上で作戦会議をしましたが、
結局はいつも通り夜にひっそりと忍び込むことになりました。

ではいざ出陣!
今回も魔導兵の動力である「魔導装置」の破壊を目指します。

入り口から真っ直ぐにいると魔導兵が並んでいまして、
その更に奥で魔道装置が光っているのが見えました。

どうやら探索をする必要はあまりないみたい(*‘ω‘ *)


ちなみに並んでいる魔導兵は稼働していないらしく、
かなり近くを通っても攻撃してくる気配はありません。

ただイグニスが言うには警戒状態になれば起動してしまうだろうとの事です。

コンテナの陰から広い箇所を除いて、
マップシフトで気付かれないように飛んでいきます。

魔導兵の数もそんなに多くは無かったので、順調かと思っていたら、
結局すぐに見つかってしまいました(白目)

マトは基地攻略をする上で見つからなかったためしがないのですが、
これ上手くやれる人なんかいるのかな?


最初に見つかった場所が射撃装置のある場所だったので、
高い場所から下にいる兵士を狙い撃ちに出来た事が不幸中の幸いだったわ。

普通の魔導兵はLv.15前後とかなり弱く、
魔導アーマーはLv.45以上とかなり強い。

このレベルの差は何だと思いつつ敵の数を減らして、
魔導装置も順調に破壊した所で、なんと敵の増援部隊が空から登場( ゚Д゚)

以前戦ったロキ将軍とカリゴ将軍?もその中にいまして、
上から挑発するような声が聞こえてきました。


かなりの数の飛空艇だったので少しビビったのですが、
敵は順番で倒すと降りてくる感じだったので、一気に囲まれるような事は無かったです。

ただ増援された部隊の中にはレベル40越えの上級帝国兵もいました。

倒しては現れて倒しては現れて。
マップシフトを使ってMPを回復してシフトブレイクを連発したり、
辺りにある射撃装置で狙い撃ちにして倒していきます。

何より魔導アーマーが厄介でしたが、
だいたい4、5戦ぐらいで帝国兵も打ち止め。

ロキやカリゴもそのまま撤退したのか、フムース基地は完全制圧。

クリアすると自動で外へ放り出されたので、
次こそレガリアを元のタイプに戻すためハンマーヘッドへ戻りました。

レガリアを戻して安心感を得てから、カエムの岬に行ったら、
灯台の裏手でどこかでも見た感じの猫が横なっているのを発見。


どうやら以前ガーディナでご飯をあげた猫ちゃんが
ふらふらとこんな所まで来たみたい。

またしてもご飯を欲しがっているようなので、
一緒にカエムの岬に来ているモニカに話を聞きに行く事に。

家のキッチンにいたモニカに話しかけると、ご飯は作ってあげられるけど材料がないというので、
持っていた食用シーバスを渡しました。

ちなみにお魚を持っていなくて、釣るのも面倒でしたら、
カエムの下の方にいる移動販売のショップから高級ネコ缶を購入する事も可能。
ただ凄まじく値段が高かったです(; ・`д・´)

モニカに作ってもらったねこまんまを持っておネコ様の元へ。
献上すると美味しそうに食べてくれました!

次こそはメインを進めていこうと思うので
とりあえずアビリティコールで幾つか覚えておきます。


☆アクション
・シフトブレイク強化+ ・バックアタックダメージ強化+
☆チーム
・竜剣 ・ファストブレイク ・リンクアタック強化+ ・シンクレイド
☆ファントムソード
・ファントムリンク後MP消費なし

既に60近いレベルなのですが、
それでもアビリティコール内で覚えているのはおそらく半分もいかないぐらい。

ちなみにこの時にトロフィーを取得しておりました。

という事で向かうはカエムの岬にある灯台。
中に入ると久しぶりにシドとご対面します。

この時に溜まりに溜まった武器改造の依頼をする事も出来ます。

エレベーター横のレバーを調べると、
船でオルティシエに向かういう案内と共に、出航するとしばらくルシスにも帰ってこれなくなると書かれていました(´゚д゚`)

少しだけ迷いつつも先へ行く事を決意すると、
アンブラが灯台への階段を駆け上がってきます。


久しぶりの再会を喜ぶのも束の間、またしてもルーナからの手紙を持っており、
その内容はノクトが来るのを待っているというものだったので、
こちらは「すぐ行くから」という返信を書いておきました。

改めてエレベーターに乗り込み下層へ行くと、またまた久しぶりの登場、コル将軍の姿が!

すると神妙な面持ちで
陛下、つまりノクトの父を守れなかった事を謝られます。

別にノクトは怒っている訳でも、責めている訳でもないんですがね。
2人の話を聞いていたシドが、仲間は大事にしろとノクトに告げるのでした。

話を終えるとコル将軍からマジックボトルをゲット!

さてこれから洞窟の中にあったクルーザーに乗り込むのですが、
長くなってしまったので一旦区切りたいと思います。

44回目のファイナルファンタジー15プレイ日記でした。

©2016-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.