36.アラネアと共にスチリフの杜へ【FF15プレイ日記】

ルーナも元気そうです


前回の記事でチャプター7に突入しました。

チャプター6の最後にグラディオがどこかに行ってしまったので、
ここからしばらくは3人での旅が続くようです。

さて本題ですが、
船に乗る為に必要な素材であるミスリルを取りに、ヴェスペル湖のある方へ向かう事になりました。

しかしその前にチャプター7に進むと、
まずルーナ様の姿を見る事が出来ました。

窓から外を眺めるルーナの元に駆け寄るアンブラ。
ノクトからの返事が掛かれたノートを確認し、笑顔を見せております。


ノートには“ルーナのおかげで啓示ができた”と書かれていて、
これはラムウの力を得る前の選択肢で選んだものです。(27記事目参照)

そういえばリアルタイムのルーナ様を見る事ってあんまりないですよね。
今まで見ていたシーンは回想的なものが多かった気がします。

ルーナのシーンが終わると、
ノクトたち3人が車で移動している場面になり、車に乗って移動をしていました。

スチリフの杜という場所を目指しているらしい。

ちなみに今進んでいる場所は、今まで帝国によって封鎖されていた場所なのですが、
なぜだかすんなりと通れたそうです。

おそらくアーデンがまた手を回していると思われる。

ちなみに封鎖線のトンネルを通過すると、
扉は閉まっていて引き返すことは出来ませんでした。


詳しい場所をマップで確認してみたところ、
場所はマップの左上のエリア。

今までずっと行く事の出来なかった場所ですね。

そのエリアからしばらく出られなくなってしまったので、
必然的にメイン進行に専念します。

チャプター5に進んだあたりから、一気に話が進んでいる気がするな(*‘ω‘ *)

ここは山岳地帯と言った感じで、岩肌むき出しの山に囲まれて進みます。
するとしばらく行った先で、いつものプロンプトクエストが。

今回は「シャッターチャンス-湖畔-」
もちろん撮りに行く事に賛成すると、整備された道路から横道に逸れました。

するとヴェスペル湖のパーキングで車が停車したので、
そこからはチョコボ移動し、湖のほとりで写真撮影。


・・・なんか水が汚ちゃない(;’∀’)
濁ってんだけど。そう見えるだけなのかなぁ?

こんなところで写真撮ってどうするんだと思ったら、
プロンプトの技術で見違えるようなものが撮れていました。

もうプロだよ(; ・`д・´)

撮影を終えてから道なりに行くと細い道がありまして、この先がメインの目的らしい。
目印に黄色い車とカップルが立っているので、
見過ごすことはないかと思います。

途中から道が無くなってしまいましたが、
すぐ近くの場所に目的地アイコンが出ているので迷いませんでした。

木々の中。何かの入り口だと思われる柱の間で案の定アーデンを発見!


到着したのが夜だったので薄暗いですが、
柱の先には水たまりのようなものが続いています。

この先には帝国兵がいるから、一緒に行って話を通してくれるというアーデン。

あまり離れない方が良いというので、
浅い水の中をじゃぷじゃぷと入っていきます。

アーデンの話では、
帝国兵も貴重な鉱石であるミスリルを発掘しに来ているらしい。

ただ話は通してくれてもミスリルはくれないそうなので、
肝心のミスリルは自分で採掘するしかなさそうです。

すぐにスチリフの杜というダンジョンに到着。
入り口には帝国兵のショップと武器屋があり顔物が出来ました。

ダンジョン入り口にはヴォレラ基地で戦ったアラネアの姿が。
ノクトたちを入隊希望者として扱い、一緒に行ってくれるそうです。


どうでも良いですが、ノクトたちのライトのせいでアラネアの顔が良く見えません。
もう女優ライト状態じゃないか(´゚д゚`)オバケヨ

ここからはイリスの時のようにアラネアがお仲間に。
ちなみに同行中は車、チョコボ、釣りが使用できないそうです。

必然的にダンジョンクリアするしかありませんね。
本当はアラネアと旅をしてみたいですが仕方ありません。

ちなみにスチリフの杜は夜にしか入れないダンジョンという事で、
ちょうど良くそのまま入る事が出来ます。

という事でいざスチリフの杜出陣(`・ω・´)ゞ

ミスリル鉱石を“採掘”と言っているくらいなので、
いつも通り洞窟のような場所かと思っていたら全然違いました。


石造りの古い遺跡のような場所です。
階段など崩れている箇所があるものの、普通に進める道が続きます。

真っ直ぐ続く階段を下まで下っていくと、四角い部屋が幾つも繋がっています。

1つの部屋は小さいので、ミニマップでも
ある程度進むべき道を確認できました。

もちろん道中ではアラネアの話題も上ります。
アラネアは傭兵として帝国に雇われ、部下には慕われているそう。

ダンジョンに入ってくる前もお嬢と呼ばれていましたね(*‘ω‘ *)
いいわぁ、アラネアみたいな姉御が欲しい。

さて話を戻しましてダンジョン内には、床に金色の装置が点在しています。


近付いても起動したりはしないので何に使うかは謎ですが、
踏むとマップにチェックが入りました。

気付いていないだけで、何か変化が起こっているのかな?

ダンジョン内で出会う敵は初めての奴でスケルトンというものです。
見た目は名前そのままの骨野郎。


物理攻撃で余裕。というかアラネアはやはり強いらしい。

この遺跡では所々、天井が崩落してきます。

おそらく絶妙なタイミングで当たらないようにはなっているみたいで、
ダメージを受ける事はありません。おそらく。

ただ同時にスケルトンが落ちてくるケースもありました。

ずんずん先へ進んで行くと吹き抜けになった通路に出ます。
ただの吹き抜けではなく上の階の空中に水面が。


上の階に水の層がある感じでしょうか?
すごく不思議で綺麗な光景でした。

空中の水だけでなく床に映る影もまた良いですね(*‘ω‘ *)

水の中には魚まで泳いでいて、
グラディオにも見せたかったと話しているプロンプトが可愛かったわ!

この場所にはスケルトンだけでなくブリュレというプリン系の敵も。
ただ普通に物理だけで倒せたので、
夜に出てくるシガイよりは全然楽に倒せました。

さてこの後もダンジョンは続くのですが、
長くなりそうなので一度記事を区切りたいと思います。

では36回目のファイナルファンタジー15プレイ日記でした。

©2016-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.