34.ヴォレラ基地へ突撃しアラネアと出会いました【FF15プレイ日記】

今回の基地攻略はなかなか楽しかった


前回の記事に続いてメインの進行をしていこうと思います。

前回はイリスを連れてレスタルムを出発。
途中で見かけた飛行基地を追ってヴォレラ基地へと突入する事になりました。

今回はヴォレラ基地横の見張り台からスタート。

前にアラケオル基地を攻略した時と同様に、夜になるのを待ってから突撃。
更にイグニスの提案によって二手に分かれる事に。

ノクトとイグニス、プロンプトとグラディオという組み分けになります。

夜になると基地の中を歩きながらぶつぶつ言っている「カリゴ」が映すされ、
その人を狙う事になりました。


いきなり襲うのはまずいらしく、とりあえずは尾行から。
途中で見つかったりしたら失敗となり、一定の地点まで戻されるらしい。

ちなみに捕まえるタイミングはイグニスが指示するそうです。

まずは戦車の陰に隠れつつ、付かず離れずの距離を保ち、
ゲートの先に姿を消すところまで見送ってから、建物の壁に沿って進み、フェンスの脇に身を隠しました。

フェンスの先には見張りの兵が一人いるので、
ガリコが十分に進んだのを確認して、シフトキルで倒します。

更に壁際に沿って追いかけていくのですが、
ガリコの後ろ側に潜んでいたら兵士に見つかってしまい、スタート地点に戻されてしまいました(´;ω;`)

気を取り直して次はルートを変えてみる事に。
フェンス脇で兵士を倒したあと、建物の陰に隠れてマップシフトで階段の上に移動。


するとガリコの姿が足元にありました。

どうやらノクトたちは無事気付かれなかったようで、
次は斜め向かいの足場にいた兵士にシフトキルしつつ移動。

辺りを見渡すとマップシフト出来る数が3つ~4つ程あり少し迷いましたが、
反対の足場にいた兵士をシフトキルして移動します。

ガリコの後ろでノクトは空中を移動している訳ですが、
足音もなく後ろを移動されている事を考えると恐ろしいな(;’∀’)

またガリコがゲートを通ったのを確認してから、ゲート前にいた帝国兵を倒しました。

ゲートの先には陰に隠れる形で一人帝国兵がいるので、
そのまま歩いていくと見つかってしまいます。


斜め向かいに見えるゲートを超えた先にある足場に移りましょう。

そこから反対側の足場前にいる兵士をシフトキル。
そしてすぐ近くの階段を上ります。

その後は下にいる兵士を無視する形で、足場の上をマップシフトで移動。
この辺りは兵士の数が多く、1人倒すと離れた場所の兵士に見つかる可能性が高いです。

ほどなくしてガリコはゲートの前に兵士を置いて、
1人奥へと入っていきました。

そこでゲート先の足場にマップシフトをして、
十分にゲートから距離が取れたところでイグニスから捕縛指示があり、ガリコに飛び掛かります。


もはやただの追いはぎにしか見えない。

カリゴを気絶させたのと時を同じくして、魔道装置の方から大きな爆発音が。
どうやらプロンプトたちからの作戦合図だというので、
ノクトは2人と合流に向かい、イグニスがカリゴを連れて行ってくれるそうです(・ω・)ノ

なのでノクト一人で奥へと進んで行きます。

魔道装置までの道中にも兵士はいますが、
ガリコを捕まえたという事で見つかっても問題はありませんでした。。

もうガンガン戦いながら奥を目指していくと、プロンプトたちと合流でき、
魔道装置を守っていた魔道アーマー[マニブルス]とバトルに。


レベルは23とだいぶ低いので全く苦戦する事は無かったので、
エネルギー装置部分を置いてあった射撃装置で破壊します。

するとカリゴを連れて行ったイグニスが合流。
どうやらメルダシオの人間に引き渡してきたのですが、その後逃げられてしまったらしい。

こんなに苦労したのにー(´゚д゚`)
まぁ、魔道装置は壊したし良いのかな。

もうここに用はないので帰ろうかと歩き出した瞬間。
1人の女性が襲い掛かってきました!


いつかの帝国会議で見かけた女性のようで、
名前は「アラネア・ハイウィンド」です。

高い場所から飛び降りてきてバトルに。
しかもかなり強い!

攻撃のスピードが速く、追い付くことが困難なうえに、
いちいち攻撃に衝撃波のようなものが加わって吹っ飛ばされてしまいます。

体勢を整える前に次の攻撃が来るので、連続されてしまうんですよね(;’’∀’’)

更には空に飛びあがって一気に地上へ降ってくる技まで使ってくるので、
必死にシフトブレイクを使いつつ追いかけます。


滞空時間が長いので、ノクトもマップシフトを使ってMPを回復していきましょう。

そうは言っても今回はアラネアを倒す必要はありません。
半分ぐらいまでHPを減らしたら、アラネアはゲートの上へ移動しました。

勤務時間が終わったから帰るそうです( ゚Д゚)
彼女はお金にならないことはしない主義なのでしょうか?

理由はなんでもいいけど助かったわ。

バトル終了後は自動でイリスが待つオールド・レスタへ戻ります。
イリスへ上手くいった事を報告。

更に夜にイリスも含めて写真の感想を話していたら、
またしてもゲンティアナの姿がありました。


絶対にいなかった自信があるというプロンプト。
おかしいというイグニスですが、もう天子様だから普通なんじゃないのかな(遠い目)

さて朝になって再びイリスと共にカエムの港を目指して出発。
車内の話題は昨晩戦ったアラネアのようです。

ぶっ潰したヴォレラ基地の前を通過して先へ進んで行くと、
またしても道の途中でイベントが。

横道にそれる道があって、イグニスが「マルマレームの森」ではないのかと言います。

グラディオが探し物が見つかるかもというので、
途中下車して先を探ってみる事にしました。

マルマレームの森前のパーキングにレガリアが止まり、
ここから先はチョコボでの移動となったのですが、今回はヴォレラ基地と違いイリスも同行するらしい。


そしてなんとイリスの乗るチョコボだけ、がっつりピンク色です・・・。

もう可愛いと感じる隙も無いくらいの不自然。
わざと染色されてようにしか見えませんがな(白目)

遠くにいても分かるような輩なので、きっと隠密行動には向いていないだろう。

そんな連れて行ったら即やられそうな奴を連れつつ、
目的地アイコンを目指して奥へ奥へと進んで行きます。

川に架かる橋を渡りゴツゴツとした岩場地帯で出てきた敵とバトルに。

一応イリスも一緒に戦ってくれているようですが、
HPをよく見たら3桁しかありませんでした。

何故着いてきたと言いたいですが、どうやら回復はしてくれるらしい。

あまり狙われることもないみたいだし、
自分の身は自分で守ってくれと祈っておきます。

岩場を抜けて森の中を進んで行くと、マルマレームの森に到着しました。

さっそく挑みたいところですが続きはまた次の記事で。
34回目のファイナルファンタジー15プレイ日記を終わります。

©2016-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.