2.最初の拠点ハンマーヘッドに到着。しかし無一文に・・・【FF15プレイ日記】

スタート時に映ったノクトって別人じゃね?


前回はただただバトルのチュートリアルで終わりました。

という事で今回はストーリーチュートリアルから。
ストーリーと言っても世界観の説明を呼んでいくだけだったので
すんなり終わりました。

簡単に説明させて頂きます。

ff1513


FF15の舞台となるイオスは、現在世界の大半をニフルハイム帝国に支配されています。
しかしノクトの父が収めるルシス王国は魔法の力で防衛を続けているという状況。

といっても防衛出来ているのは王都のみで
保有していたリード、ダスカ、クレインの3地方は帝国の支配下にあります。

帝都の防衛は王様が発動している魔法障壁によって守られているという
ギリギリの状態みたいです(´-ω-`)

ちなみにルシスは世界一のクリスタルを保有していて
その力は王様だけが「光輝の指輪」を使って引き出せるそう。
これが魔法障壁の鍵なのかな? ただの憶測ですよ。

イオスは六神に守られていますが
現在、神様たちは「星の病」つまりイオスの危機に備えて眠っていて、代わりに神凪と呼ばれる巫女さんが人々を守っているんだとか。

ff1514


ヒロイン臭がする_(:3)∠)_

他にもルシスの王族たちは武器召喚の力も持っていて、
その力は近しい側近にも分け与えられているという事。

世界にはシガイと呼ばれる怪物がうろついていて
それらは夜になると狂暴になり、夜の時間が伸びているという事態にも関係があるなどの説明がされました。

簡単にとか言ってたのに長くなってしまったわ(;’’∀’’)

ではではようやく本編を開始します。
どうでもいいですがここまでで40分ぐらい掛かっています。

スタートと同時に出てきたのは無精髭の生えた男性。

ff1515


誰だー? このワイルドなイケメン。
とか思ってたら、「ノクティス・ルシス・チェラム」という紹介が。
・・・いや、別人でしょ(;’’∀’’) 全然見た目違うくない?

そのまま操作が出来るようになりましたが、辺りは火の海。
とりあえず側にいた人たちが走っていった方向に着いていってみます。

奥に何かヤバそうなのが待ち構えており近付くと吹き飛ばされましたが
側にいた人たち、説明書に載っていたメンバーがそれぞれ助けてくれました。

続々と登場しますが、普通に知ってる見た目だ。
なぜにノクトだけ別人感溢れているのかすごく疑問だわ。

次の攻撃が来る前にみんなで壁の陰に隠れたわけですが
めっちゃ良い感じ。王子を守る側近って感じ!

ff1516


身を挺して守っております。不覚にもこの団子状態に笑った。
こんな状況なのに微笑ましさしか感じさせないとは(*´Д`)ヤリオルワ

このまま画面は真っ白になって場面は切り替わりました。

さっきの雰囲気とは一変して
お城の中でノクトとその側近たち、更には王様のレギスが集まっています。

ノクトはチュートリアルで慣れ親しんだ顔でしたよ。
さっきのワイルドさの謎は深まるばかりですがね。

王様に旅の許可を取ってお城を後にします。
旅の目的はノクトの未来のお嫁さんに会うため隣国を目指すというもの。

メンバーはさっきも助けてくれた
プロント、イグニス、グラディオラス。

ff1517


わざわざ外に出てきて息子を心配する優しい父親のレギスさん(*‘∀‘)
この方もダンディなイケメン。

どうでもいいですが、ノクトの顔色悪くないですか?
父親の方が血色が良いってどういう事だ。肉を食え、肉を(´゚д゚`)

まぁ、挨拶を済ませて王都を後にしたのでした。

次は山岳地帯に場面が映りましたが
車に乗って出発したのに、不調なのか押して進む羽目に。

しかもイグニス(上画像の左端)が運転席で
ノクトと他二名が押している。

ff1518


王子なのにいいのかよと思いましたが、身分関係ないぐらい仲が良いという事なのでしょうね。

押していく時も操作が出来たので追い越してくる車に
ノクトが牽かれそうになりながらも進むと、拠点となるパーキング「ハンマーヘッド」に到着。

ここが一時的な拠点になるようです。

連絡がいっていたのかシドの孫娘シドニーが登場しました。
黄色いキャップを被った快活なお姉さんですね。

ff1519


ここでペロッとノクトの結婚相手がルナ・フルーレという人だと教えてくれる。

この後にシドも出てきましたが
歴代のシドの中でもダントツでお年を召してらっしゃる気がします。

キャップを被り、革ジャンを着たおじいさんでした。

軽くシドにディスられながらも車レガリアの修理を任せて
ハンマーヘッドを見て回ります。

シドニーに話しかけて大陸の地図をゲット。
次はレストランに迎えとの指示が出て、他メンバーとはバラバラで動くことに。

といってもメンバーは常に表示されていて
ノクトを追いかけてきていたタイプなので散開など出ることなく、皆フラフラとどっか行きました。

そこでいそいそと地図を広げて確認。

ff1520


まさしく大陸の地図といった様相。リアルですね。
右の方で青く光っているアイコンが現在の場所になります。

行ったことのある所は明るくなっていく仕様のようで
まだ少ししか明るくなってません。

ちなみに赤丸は封鎖されている道でした。

地図をグイッと近付けていくと、すぐ側にレストランのマークを見つけましたが
ちょっと辺りを散策してから進むことに。

建物内の周辺を見て回っていると
所々に光っている箇所がありまして、調べるとアイテムを入手出来ます。

ff1521


宝箱じゃないのでおそらくランダムなんじゃないかな?
おそらくですよ(´_ゝ`)

地図もあれじゃあ詳しい情報はメモれませんね。

どうでもいいですがジャンプはだいぶ高めに飛べました。
WOFFのような感じじゃなくて良かったです_(:3)∠)_
使わないといってもあれじゃあ無いも同然だから。

ちなみに本作はシームレスの移動が実現しており、
どうやらオープンワールドのようです。

ハンマーヘッドからもすんなりとどこからでも外へ出られます。

ここでもう一度地図を確認したのですが
宿泊地に戻るというコマンドがあり、これは最後に宿泊した場所に瞬時に戻れる機能。
なんという便利機能が備わっているんだとビックリ(゚Д゚)!

これなら安心してどこまででも探索が出来るね。

一回宿泊地に戻るを実行したら、メンバーが付いてくるようになった。
周りにいられると押しちゃう。狭い店に一緒に入ってこないでほしいわ。

ここにはショップもあったのでポーションでも買おうと思ったら
なんと王子の所持金が0ギル。

ff1522


おい、金持ちどうした(゚Д゚) FF15は鬼畜ゲーか!?
と思っていたらどうやらイグニスがレガリアの修理費として全部使ったらしい。

・・・よく考えなくても0になるまで使う人がいますか(゜-゜)
もう金がないじゃないでしょ、幾ら修理代だからって少しぐらい隠し持っておけよ。

生きるにはお金が必須なんだぞっ!
イグニスにお金の管理は任せたくないと思いました(遠い目)

そこで目的が「貧乏王子の生活費稼ぎ」に。

お金は物を売ったり討伐クエストをこなしたりで手に入るそうですが
一旦シドニーに相談に行く事になりました。

長くなったので区切ります次の記事へどうぞ。
2回目のファイナルファンタジー15のプレイ日記でした。


Copyright (C) 2016-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.