11.王都インソムニアへ。チャプター2に突入【FF15プレイ日記】

プロンプトとイグニスの動きが気になる


前回、ノクトの父レギスの訃報を聞き王都へと戻るところまで書きました。

王都の手前の道は帝国の兵に閉鎖されていたので
わき道から王都が見える場所を目指します。

行き止まりで車を止めて、目の前の階段を登って先に行くのですが
そこからは細かいマップに切り替わりました。

FF15(94)


わき道だったのでこそこそ行くのかと思いきや
入って速攻待ち構えていた帝国兵とバトルに。

見つからないようにいくわけじゃないのね・・・(;´・ω・)

ここでは近接兵よりも狙撃兵の攻撃が目立ちます。

強いというより手数が多いので面倒だし、
どこから撃ってきているのかちょっと分かり難い。

なのでウェイトモードを使用するのがよさそうです。
これならどこから狙っているのかすぐに分かるし、ロックオンもしやすい!

狙撃兵の攻撃は地味に削ってくるし、回避なども難しいので率先して倒しましょう。

ここは障害物も多くアイテムを使わずとも回復しやすいですが
ちょっと道が入り組んでいるように見えて進みにくい感じ。

でもしばらくすると一本道になったので大変なのは序盤だけ。
一応地図も載せておきます。

FF15(95)


そこを進んでいる途中に
帝国兵がドロップした改造が出来る武器を入手出来ました。

改造はシドがしてくれるそうなので、後で行ってみようと思います。

目的地であるインソムニアが見える丘に到着。
そこでラジオのキャスターがレギスに続いて、ノクトと婚約者のルナフレーナの死も報じます。

頭上を帝国の飛空艇が過ぎ去っていく中
ノクトの携帯に連絡が。

相手はコル将軍という男性。
その人からレギスの死が事実であると告げられて落ち込みを隠せない一行なのでした。

ここで勝手に経験値の清算がされチャプター2になりました。
というかまだチャプター1だったのね・・・(遠い目)

そしてコル将軍がいるハンマーヘッドに向かうようです。

次のチャプターへ移るロードが完了するとルーナの姿が!
やっぱり生きてらっしゃいましたよ(*´Д`)

更には帝国に奪われたと報じられていた光耀の指輪を持っておりました。
これは不穏な感じ? それとも帝国に奪われないように持って逃げたのでしょうか?

FF15(96)


それにしても一緒に出てきた黒髪の女性が美人だわ。
ついでにワンころをモフりたい(*´Д`)ハァハァ

場面は変わって車内。
車はオートドライブでハンマーヘッドへと到着しました。

ハンマーヘッドにて待ち構えていたシドニーに話を聞きますが
どうやらコル将軍はもう発ってしまったらしく、シドから話を聞くことに。

買い物をしたのですが、ハイポーションの減りが早い。
使い過ぎなのか戦い方がへたくそなのか・・・。

シドのいるガレージへ向かうとだいぶ落ち込んでいるシドが居まして
コル将軍が王の墓所で待っているという伝言を聞きました。

次はダンジョンかな?

シドから離れようとした時に呼び止められて
改造できる武器についての話に。

FF15(97)


こんな時にか。とも思いましたがシドが楽しそうなので良しとしましょう。

改造には素材が必要だという事で「金属のかけら」を持ってくるクエストが発生。
でも既に持っていたのですぐにお願いする事が出来ました。

渡すとすぐに「ドレインランス」をゲット。
銃と交換して装備。
あんまり銃の攻撃が役に立たなそうだったのでね。

情報収集をしようと思ってレストランに入ると
カウンターの新聞からクエストマークが。

FF15(98)


タッカが食材を手に入れてほしいと言ってきました。
シドがお使いを頼めと言ったそうです。

持って来てほしい食材はルシストマト。
マップで確認したところガーディナにあるみたい。

更にハンマーヘッドで一泊すると朝にディーノから電話が。
どうやら頼みたい事があるから来てほしいそうです。

2つのクエストの目的地が同じだったので早速向かう。
ルシストマトはショップで購入し、ディーノからはまた原石を手に入れてくるという依頼を受けました。

どうやら王都の一件で船は出航できないそうですが
すっかりその話を忘れていたマトからしたら、あぁ・・・といった程度の反応ですわ(゜-゜)

原石が落ちているとされる地点に到着し探していると
お馴染みのトウテツだけでなく、帝国兵の飛空艇が現れてバトルに。

レベルもそこまで高くはなかったので問題なく撃破。

その後、アメジストの原石を岩の辺りでゲットし
レガリアに戻ろうとしたのですが、途中で「デュアルホーン」を発見したので戦っていると
そこにまたして帝国兵が現れました。

FF15(99)


帝国兵は先程と同じぐらいのレベルだったのですが
如何せんデュアルホーンが強かった。

ノクトたちのレべルはまだ10だったのですが
デュアルホーンはLv.12。

結果から言うとその差と数の多さに圧倒される結果となりましてね。

デュアルホーンの一撃が重すぎるのに
帝国兵に群がられてもみくちゃ、避けれないかったのです。

その結果プロンプトが死んだ(´゚д゚`)
回復する隙もなく死にました。

デュアルホーンの突進攻撃の削り具合が凄まじく
プロンプトだけでなくノクトなどもヤバかったです。

もちろんすぐにフェニックスの尾を使用して復活してもらいました。

FF15(100)


ふぁー、っていう感じですね。
しかし死んだ時と生き返った際に画面はプロンプトを映していた訳ですが
マトはこの隙にノクトがやられないかが心配でした。

すまぬよ、プロンプト_(:3)∠)_

とりあえず帝国兵が多くてやりにくいので
魔法を使ってガンガン削っていきます。
もう、味方に当たるのも気にしませんっ!

ある程度数を減らしたら、
後はデュアルホーンの攻撃を回避しつつコマンドを中心に戦っていきます。

一番役に立ったのはやはりイグニスのギャザリング。
誰か一人じゃなくて全員を一気に回復というのが素晴らしい(`・ω・´)

少し時間が掛かってしまいましたし
ハイポーションも沢山使ってしまいましたが、どうにか勝つことが出来ました。

デュアルホーンがドロップした「デュアルホーンの肉」をゲットしたお陰で
イグニスが新しいレシピを習得。

見てくれ、この凛々しい横顔を。

FF15(101)


(笑)どんだけ料理好きなのさ。

その後、歩いて戻っているとまたしても帝国兵が!
もう面倒くさくなっちゃったのでレガリアまでファストトラベルで戻っちゃいました。

敵が湧く頻度がすごく高い。
これじゃあ、散策もゆっくり出来ませんねぇ。

ディーノに報告すると
「アメジストの腕輪」を報酬として貰いました。

では次の記事へどうぞ。
11回目のファイナルファンタジー15プレイ日記でした。


Copyright (C) 2016-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.