1.バトルのチュートリアルですがやること多くて覚えられない【FF15プレイ日記】

カーバンクルよ、もっと可愛くあれ


では前回予告した通りファイナルファンタジー15のプレイ日記を始めます。

最初のダウンロードはもろもろ含めて40分ぐらいで、
ヤバい長さだと聞いていたので少し拍子抜けしました。

パケ版だったからかな?

スタート画面になってからもインストールがあるなど
まぁ、回数的には多かったのかもしれませんね。

ff151


良い、新しいFF良い!
なんかタイトル見ただけでワクワクします。

スタート画面にてオプションの確認をしてみましたが字が小さくてビビりました。

モニター使うのが普通なのかな?
TVで遠目にやってるマトにはキツイわ。

NewGameを選択すると難易度の設定が選べたので、普通にノーマルにしておきました。
これって後から変更可能なのでしょうか。

更に本編を始める前にチュートリアルをするかの確認がありまして
バトルと世界観に関することらしい。

世界観ってことはアニメとか見てる人は関係ないって事なんだろうけど
マトはゲーム以外にFF15を知らないので見ないとですね。

早速どこかの広間みたいな場所で主人公のノクトがお出まし。

ff152


黒ずくめの衣装でなんだかとってもラフな格好です。

立ち尽くすノクトの側に近寄ってくるカーバンクル。
なぜかメールで会話を開始する。喋れないから仕方ないのですか。

ff153


はっきり言おう、あんまり可愛くねーな!
なんか薄汚れたフォックスみたい(´・ω・`) リアルでいても欲しくはないかな。

いやー、WOFFのカーバンクルは可愛かったから
リアルすぎるギャップがすごい。

この子が今から色々教えてくれるそう。
とりあえずはバトルのチュートリアルからやってみます。

練習相手はグラディオラスという人で
基本的な行動を順番にやっていく感じ。

□でガード、○で攻撃。あと×がジャンプ。
攻撃は連打ではなく長押しでも連続攻撃をしてくれて楽な仕様です。
何気に連打するのって疲れるのよね。

バックアタックでダメージ1.5倍だそう。

次はガードとパリィの説明。
時々、敵からの攻撃の際に□ボタンが画面に表示されるので
タイミングよくガードが出来ると更に○ボタンが表示され、それを上手く押せると反撃が出来ます。

ff154


反撃の事を本作ではパリィと呼ぶのですね。

で、何回か練習するわけですが、思いの外タイミングが合わない(´;ω;`)
大体、□も○も1秒ぐらいしか出ていないと思います。

マトの反応速度が遅いのか・・・。加齢かもしれんわ。

ちなみに普通の攻撃が来るときは少し前にガードをしておくのが良さそう。
なんかギリギリでやるとモーションが間に合わない感じでした。

次は剣を投げてビュンって飛ぶ技、シフトについてです。
カーバンクルの説明が案外適当。

シフトとは剣を投げて、その場所に一気に移動する技で△で発動される。
何もしていない時は向いている方向に、敵をロックオンしている時はその敵に向かって飛んで攻撃をします。

そして壁や柱などの障害物に向かって飛ぶマップシフト。
これはマップシフトのアイコンが画面に映っている時に△長押しで発動します。

ff155


ここから敵を視界に捉えて△を押すことで、改めて敵にシフトブレイクで攻撃を仕掛けられます。
ちなみにぶら下がっている状態だと、敵は勝手にロックオンしてくれる。

このシフトやガードなどはMPを消費するらしく
MPが0になるとMPバーストという状態になってしまいます。

ガードにまでMPを使うとか鬼かと思いましたが
FF15でのMPはバトル内のアクションにおいて回復可能。

障害物の陰に行くと座っている人のようなアイコンが出るので
そこで休憩する事でMPとHPが回復されていくそう。

戦っている時に物陰で隠れていられるのかとも思いましたが
案外、回復に掛かる時間は短かったです。

ただマップシフトだけはMPバーストでも使えて
こちらはMPが瞬時に全快してくれるそうです。

だったら隠れているよりマップシフトした方が良いわな。

説明が終わった後にシフトブレイクを使ってグラディオスを倒すことになったのですが
マップシフトからシフトブレイクをすると、
高確率で反撃を食らう気がしました。

シフトブレイクしたらすぐにガードした方が良さげ(。-`ω-)

あとマップシフトでぶら下がっていられる時間にも制限があるようで、しばらくすると勝手に落ました。

次の説明は武器と魔法の耐性について。
FF15では魔法だけでなく武器に対しても耐性が存在し、グラディオラスは片手剣に耐性があります。

ff156


バトルでは十字キーに振り分けられた武器を入れ替えて戦えるので
大剣を選択すると大きなダメージを与えられました。

大剣は重いのか動作がゆっくり攻撃強め。
もう1個のダガーは攻撃は弱めだけど速度は片手剣より早かったです。

マトはダガーがお気に入りかな。
攻撃こそ最大の防御なり!!

さらにカーバンクルから槍のシャベリンを貰いました。
こちらは片手剣並みの速度だけど、モーションが大きいのでちょっと隙が出来やすいかな。

武器の入れ替えはメニュー画面から普通に選んでセットするだけでした。
バトルの最中にメニュー画面が開けるのは地味に嬉しい仕様ですよねー(*‘∀‘)

ff157


ここでは武器の他にもアクセサリーや衣装を変えられるみたい。
ちなみに当たり前ですがノクトはLv1でした。

次は魔法。

カーバンクルからファイアを貰って、これも十字キーに振り分けていきます。
魔法までボタン振り分け式となると少し面倒。
まぁ、バトル中でもメニュー画面は開ける訳だから別に良いっちゃ良いけどさ。

ちょっと好きじゃない大剣をファイアと交換。
ここで気付いたのですが、ファイアに×5という表記がありました。
まさかの魔法がアイテム化してる(;’’∀’’)
個数制限あるとか辛い。MP消費より辛いわ!

ff158


魔法の発動は通常の武器と同じく十字キーで使うにして
○ボタンを押すと準備段階に入り、離すとぶっ放します。

ただ魔法は敵・味方関係なしにダメージを与えるちゃうので
準備段階の時にきちんと狙いを定める事が大事。

ちなみに敵の耐性属性やHPは
オプションからバトルモードウェイトモードに切り替えロックオンする事で確認できます。
この行動がライブラとなるようですね。

ウェイトモードはアクションを起こさない限り、時間が止まっていてくれるので
じっくり考えて進めたい時や落ち着いてロックオンを切り替える事が出来ます。

マトはどちらかというとテンポ良く進むバトルが好きなので
通常のアクティブモードが好きなのですが・・・。

でもライブラかけたい時にいちいち切り替えるのも面倒そう(´-ω-`)
簡単にアクティブでもライブラを使える方法はないのかな?

次は魔法の生成について。
カーバンクルから冷気のエレメントを貰いまして、メニュー画面の魔法に移動。

ff159


魔法はストックしておくためのマジックボトル分しか生成できないみたい。
ノクトが使えるマジックボトルは3個。

空いているところを選択して幾つエレメントを使うかも設定していきます。
使うエレメントの数、素材アイテムなどによってどんな魔法になるのか変わってくる。

今回は冷気のエレメントを貰ったのでそれだけを使いブリザドを作りました。
ブリザドと書いている横にパワーも書かれていて、
こちらはどのぐらいエレメントを使うかで変わってくる感じ。

とりあえず適当に作ってグラディオスに投げておきました(*´з`)

説明後グラディオラスを倒す事になったので
さっき説明したウェイトモードを試してみましたが、なんだか分からなかったです。

ff1510


真ん中に消費されているウェイトゲージなるものが減っていたので
もしかしたらウェイトモードには時間制限があるのかもしれません。

やっぱりアクティブを基本にしておくことにします(´・ω・`)

では最後に仲間と戦う事に。
登場したのはプロンプトという銃を使う人です。

仲間は基本通常攻撃を自動で行ってくれるのですが
コマンドと呼ばれる固有技だけは、画面左側の緑のゲージが溜まっている際にL1+十字キーで発動します。

ff1511


これらの後には画面に○が表示されるので
それを上手く押せるとノクトが追撃をするという仕組み。

逆にノクトがパリィを決めた際も仲間が追撃してくれます。

そして本作ではHPが0になっただけでは倒されません。
HPが0になると次は最大HPが減りだすという仕様なので。

で、最大HPも0になっちゃうとゲームオーバーになります。

HPが0の状態はピンチと呼ばれ、
仲間が近くにいるとこの状態を回復する事ができノクトも回復してあげる事が出来ます。

しかしこの助けやポーションなどでは減ってしまった最大HPは回復できないので
出来るだけピンチ状態にはならないように注意が必要そう。

ちなみにR2でアイテムを使う事が出来るのですが
今回は最大HPとHPを回復してくれるエリクサーをカーバンクルから貰っていたので
全快させることが出来ました。

これにてバトルノチュートリアルは全部終わりました!!
説明が多くて記事が長くなってしまいました。

まさか一つ目の記事が説明だけで終わるとわね・・・。

というかややこしすぎて覚えれた気がしない。
今回の記事はマト用の備忘録になりそうです。

では次の記事から本格的なプレイを開始したいと思います。
ここまでお付き合いいただきありがとうございました(`・ω・´)ゞ

1回目のファイナルファンタジー15プレイ日記でした。


Copyright (C) 2016-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.