74.最期まで報われない感じの火竜とヤヤク様【ドラクエ11プレイ日記】


前回の記事にて生贄に選ばれた母親を助けようとするテバとその妹に出会いました。

ヤヤク様が行おうとしている儀式で母親が生贄になりそうだったのを、
勇者たちも協力して止める事に。

しかし話し合いの最中で火竜がホムラの里を襲い、
ヤヤク様は犠牲になったのでした(´-∀-`;)

ヒノノギ火山へ潜入いたします!

ヤヤク様が食べられてしまった以上、
ホムラの里を掬うのは勇者たちしかいません!!

という事でまだ里の中央にいる火竜の元へと向かいます。

ちなみに火竜の横をすり抜けて道具屋や神父様のところに行く事も可能でしたので、
焦らずちゃんと準備してから挑みましょう。


凶暴化している火竜の前に立ったら問答無用でバトルに。
一応名前に竜が入っているので、ドラゴン斬りを使用していきます。

火竜は火球を吐き出すという攻撃をしてくるのですが、
1人に対してそこそこ取られてしまうので、HPの少ないキャラは注意が必要です。
セーニャとかね。

シルビアを入れておくとバイキルトを掛けられるので楽。
マルティナに2回連続で掛けた後にムーンサルトを使わせると550以上のダメージを与える事が出来ました。

これが一番効く感じだったのかな?

火竜は守備力を下げてくるので、余裕があれば効果を消しておくと楽です。

思いの外、すんなりと倒すことが出来まして、
苦し気な雄叫びを上げた火竜はヒノノギ火山へ逃げていきました。


しかしほっとしたのも束の間、
急な出来事とヤヤク様の死で辺りはお通夜状態です(´・ω・`)
テバだけはまだ強気な感じでしたがね。

また襲われてはかなわないので火竜を追いかける事に。

今度は裏道ではなく正門から攻める為に、
まずはヤヤク様の侍女が持っているというヒノノギ火山の扉を開ける鍵を貰いに行きます。

侍女は社の奥、ヤヤク様の自室にいました。
火竜の描かれた掛け軸の前で項垂れている侍女に事情を話すと、すぐに渡してくれました。


さっそく向かおうとしたところ侍女に呼び止められ、
ヤヤク様の手記を渡されてます。

そしてそこに書かれていたのは、ヤヤク様の想いと火竜の真実でした。


ヤヤク様とハリマはきちんと火竜を倒したのですが、
最期の時、ハリマは火竜の吐き出した黒い瘴気を浴びてしまったそう。

その後倒れたハリマの看病を続けましたが、
ハリマはそのまま火竜へと姿を変えたのです!

火竜になった事を知られれば殺されてしまうと思い、
ヤヤク様はハリマを火山へ連れて行き、死んだことにしたのです。

まだ手記には続きがあり、
ヤヤク様はハリマを元の姿に戻すのに必要な「やたの鏡」を入手しましたが、
使い方が分からないまま・・・。

火竜の凶暴さは増していき、
ヤヤク様は苦しみながらも息子を助けたい一心で人間の生贄を出すことに決めたのでした。


事態の深刻さは分かったけど、
選ばれた人からしたら溜まったもんじゃないよな(´゚д゚`)


ちなみにその大事なやたの鏡はヤヤク様と共に火竜のお腹の中へ。
呪いを解くことは出来なくなってしまったのです。

傍らで見守っていた侍女は火竜はもうハリマではない、
倒してくださいと頼んでくるのでした。

さっそくヒノノギ火山へ向かうと山門の前にテバが。
こいつどこまで付いてくる気だ? と思ったのですがまだまだ来るみたいです。

山門の奥は結構開けた洞窟になっています。

道の下に溶岩が流れる様は怖い。
落ちたら死ぬわな(白目)


エリアに現れるバロンナイトというモンスターを乗り物にする事で先へ進んで行きます。
道を塞ぐ大岩に突進をかます。
ついでに弱い敵も蹴散らす。

少し道は入り組んでいるものの、マップはスクロールが必要なほど広くもなく、
火竜のねぐらへはすぐに到着する事が出来ました。


火竜は一番暑そうな場所に苦しみながら倒れていましたが、
勇者たちに気付きすぐにバトルに。

先程は簡単に倒せましたが、2回目だからなのか少し強くなっていた印象。


こちらの攻撃方法は同じで構わないと思うんですが、
攻撃力が上がっていた感じなので回復は重点的に行うと良いかもしれません。

マトはマルティナにけんじゃの石を持たせていたのもあり、
何度か使ってくれる場面がありました。

火竜は“おたけび”を使ってくるので、回復役は多いに越したことはありませんよ(`・ω・´)b

ここでロウがLv.49になりザラキを習得。

バトル後の火竜は雄叫びを上げて倒れると、
突然お腹が光り輝き、どこからともなく声が聞こえてきます。

音声が付かないので確かではありませんが、多分ヤヤク様だと思われる。

火竜にここまでだと声の主が告げると、
火竜の光は激しさを増し、収束するとそこには人の姿に戻ったハリマの姿がありました!


お母さんの愛で復活した!!
そう喜んだものの、自分が母親を食い殺した事を覚えていたら悲惨だわ~という思いも。

自らが火竜になっていた事、
やたの鏡に姿を映しても戻らなかったのは呪いが強かったからだという事を覚えているものの、
ハリマはなぜお腹の中に鏡があったのかは覚えていませんでした。

途中からの記憶が飛んでいる感じかな(。´・ω・)?

その事実を伝える事はしないことにしたものの、
ハリマは火竜の姿でいた時間が長かったために体は持たないと言います。


光に包まれて消えていこうとしている最中、
駆け寄ったテバにヤヤク様への伝言として「いつまでも幸せに」という言葉を残し、光の粒子になって消えていったのでした。

そこでテバはヤヤク様の事を許す気になったのでした。

平和になった事実だけは里の人々に伝えに行く事に。
もちろん火竜の本当の正体は隠したまま・・・。

あまりにも悲惨な事実だもんね。またお通夜状態になってしまうわ。


しかし村人はヤヤク様が騙していた事実を罵り、
更にはもう守ってもらえないと嘆きだしたのですが、テバが大人たちを諭して皆で力を合わせて里を守っていこうと決めたのでした。

ここで「火竜を鎮めし者」の称号をゲット。

一応これで一段落だと思ったものの、
本来の目的はこれじゃなかった事を思い出してハッとした(´゚д゚`)

とりあえず次は勇者のつるぎを完成出来ると思います。
74回目のドラゴンクエスト11プレイ日記を終わります。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO