73.人食い火竜の住まうヒノノギ火山へ【ドラクエ11プレイ日記】


前回の記事ではサマディー王からガイアのハンマーを入手。

その後、勇者の剣を作るためにホムラの里へと赴くと、
肝心のホムスビ火山では化け物が出没。

結果、RPGらしい流れでヤヤク様から化け物退治を頼まれたのでした。

化け物の正体よりもヤヤク様にポカーン( ゚д゚)


ホムラの里を出てすぐ側のホムスビ火山入り口へ。

以前立ち寄ったときは奥へ進むことが出来なかったので、
実質の初潜入になります。

火山に入ると辺りは霧が濃くて視界は真っ白。
そこに聞こえてきた声と、不気味に浮かび上がる影。


ただ何だかようすがおかしい(´-ω-`)

脅す言葉に屈しないグレイグ&シルビアが言い返すと、
どこかタジタジとした様子を見せ、到底“化け物”とは思えない会話が聞こえてきます。

複数の人物がいる会話を聞いていると、
化け物はグラグラと体勢を崩して倒れると、中から子供が2人出てきたのでした。

男の子はテバ、女の子はサキという名前のようで、どうやら2人は兄妹みたい。


同時に霧も晴れて怖い雰囲気は無くなり、
シルビアが事情を問いただすと、ヤヤク様が行おうとしている儀式をどうしても止めたいのだと言います。

話を聞くと言ったら2人は別の場所へと案内してくれました。


連れていかれたのはヒノノギ火山・ふもとの東の細道。
前から確認出来ていた扉の中に入る事が出来ます。

中は予想外に居住空間のようになっていて、
2人の兄弟以外に2人の母親の姿があり、すぐに本題に入りました。


ヤヤク様が行おうとしている儀式は火の神に生贄を捧げるというもので、
このままいけば母親が火山に落とされてしまうと言います。

その儀式はヤヤク様が言い出したものらしく、
火の神が怒って火山が噴火しないように、最初は作物を備えていたらしい。


でも野菜が育たたなくなってしまい、
とうとう人間が差し出されることになったのです。

選ばれてしまった母親は自らの運命を受け入れているようですが、
テバは納得がいかない様子。

どうやらヤヤクが1人で火山に立ち入っている姿を目撃、
その後、そのせいで母親が生贄になってしまったと思っているみたい。

口封じのために母親を選んだと思ったテバは、
ヤヤク様の秘密を暴いて母親を助けたいのだと言いました。


そのまま勇者たちはテバの代わりに火山を調べる事に。
案内されるままこの秘密基地の奥にある梯子に向かいます。


梯子の上からは普通にモンスターが出てきます。
と言っても大型系の敵は現れないので安心して進んで行きます。

ホムラの里で引き受けた依頼のモンスターもこの辺りに出没したので、
じごくの火炎石も入手しておきました。

裏道と称されるこの道は一本道だったので、すぐに行き止まりに到着。
一緒に付いてきたテバと共に崖下を覗くと、そこには雄叫びを上げる火竜の姿があったのです。


でも人食い火竜はヤヤク様とその息子ハリマが倒したはずでした。
今の状況を見てヤヤク様が倒せなかったのに嘘をつき、騙していたと思ったテバは激怒(´・ω・)

秘密基地へと戻り母親に伝えたあとに、
火竜が生きていてまだ危険だという事をホムラの里に伝える事にしました。


ルーラですぐにホムラの里へ。

ヤヤク様に詰め寄るまえに蒸し風呂前にいるセレブにクエストの報告。
じごくの火炎石を渡して、保有臭スライムオイルをゲット。
「おアツいのが好きでしょ?」をクリアです(`・ω・´)ゞ

その後、勇者のスキルパネルで「アストロン」を習得させておきました。

ではようやくテバを伴ってヤヤク様の元へ向かいます。


ヤヤク様は村人と共に祈りの儀式を行っていましたが、
テバはお構いなしに人食い火竜の存在を皆に知らせるため大声を上げます。

ヤヤク様は動揺を隠せずに化け物がいたのになぜ入れたのかと問うと、
テバが化け物を演じていたのは自分であると自白。

そこで全ての状況を知ったヤヤク様は怒りますが、
テバも怯むことなく言葉を強くしていきます。

テバは母親を守る為に必死でヤヤク様が皆を騙していた事を言い募り、
最終的にはハリマが死んだのもヤヤク様が生贄にしたんだと言い放ちます。

売り言葉に買い言葉といった感情に任せた暴言でしたが、
ヤヤク様はプッツンとキレてしまいました。


あまりの剣幕に腰を抜かしたテバ。
他の村人も怖がってしまいます。

その態度に村人はテバの話を信じ掛けますが、
ヤヤク様が即座にハリマがキチンと倒したから大丈夫だと否定したのでした。

続けざまにテバの事を小僧と呼び、
儀式を行うから早く母親を連れて来いと要求してきます。

今までマトはヤヤク様が悪い人だとは思えなかったのですが、
こんなに悪役感を出してこられるとちょっとビビるわ(´゚д゚`)


生贄にしようとしているのでテバが拒否を続けていたその時、
火竜の雄叫びがタイミング良く聞こえてきてしまいます。

聞こえてきた火竜の声に驚いて外へと向かうヤヤク様、勇者たち。
里の中央に火竜が降り立ったのです。


村人たちはすぐさま応戦の構えに入り、弓を打ち込みますが、
ヤヤク様が目の前に出て火竜を庇います。

そしてヤヤク様は火竜に向けて手を広げると自分を食べるように促すのでした。


ヤヤク様の言葉通りに火竜は一口でペロリ( ゚Д゚)
村人たちが叫び声をあげます。

側には血なども残っていないぐらいだったので丸のみですかね・・・。

ヤヤク様を食べたにも関わらず火竜の勢いは収まらないとみて、
勇者たちが火竜を倒すことになりました。

これからボス戦になるので一旦区切ります。
73回目のドラゴンクエスト11プレイ日記を終わります。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO