72.勇者のつるぎ制作inホムラの里【ドラクエ11プレイ日記】


前回の記事では勇者のつるぎを制作するために、
サマディー王国を訪ねて、バクラバ石郡へと向かいました。

空から降ってきていた勇者の星、
トコトコ歩く黒いヨッチ、突然現れた謎の人物。

色々な事が起こり、結果「ニズゼルファ」という、
謎の言葉を勇者の星から解読できたので、それが何なのか聞くためにサマディーに戻ります。

無事にガイアのハンマーをゲットです


城下町では勇者の星が消えたことで町民の顔が晴れやかになっています。

真っ直ぐサマディー王の元へ。
城の中にはすぐに猫が復活していました(´▽`*)

王座の間では父に説明するファーリスの姿が。


ロウがすぐさま本題に入り、ニズゼルファについて聞きました。
しかしながら王様はサッパリ何のことか分からないそうです。

わざわざ黒いヨッチがバクラバ石群に現れたところを見ると、
サマディーという地に関わりはあると思うのですが・・・。

魔王退治の協力は惜しまないと宣言してくれた王様。
すぐにローシュが勇者の剣制作に用いていたハンマーに付いて聞きます。

だいぶ昔の話なので心配したのですが、
巨大なハンマーに心当たりがあるかと聞いたら、思いの外、すんなりと「ガイアのハンマー」だと分かりました。

ファーリスが急いで宝物庫へと向かいます。


戻ってきたファーリスが持っていたハンマーは、
まさしくローシュが持っていた物です。

しかしファーリスが来年のファーリス杯のために売る予定だった事を暴露し、
ロウの前だということでサマディー王はタジタジしておりました。

こいつらは虹色の枝といい、ガイアのハンマーといい、
昔から伝わっている貴重なものなんか知らねぇ!精神なんだな(´゚д゚`)

まぁ、売られる前にハンマーを貰えて良かったです。

これにて勇者の剣制作に必要な2つ目の道具を手に入れて、
最後はホムラの里に向かうだけなのですが、先にサブクエなどを消化しておきます。

まず向かったのは城から出て上の橋にいる学者の元。


天文学者だと言い研究のためにも、
勇者の星が砕けて散らばった巨星のカケラが欲しくて仕方がないみたい。

しかしバクラバ砂丘は魔物が多くて自分では行けないというので、
代わりに勇者が拾ってきてあげる事になりました。

という事で「巨星のカケラを追え」を受注です。

巨星のカケラがある場所は、
バクラバ砂丘のずっと奥、以前デスコピオン討伐を行った場所になります。

その端っこ崖の側に巨星のカケラはありました。
すぐに学者に渡すと、カケラにも文字が刻まれていることが判明。


刻まれていたのは封印の紋様と、
「遠き未来の者たちに託す」と書かれていました。

うーん、明らかに重要そうなのですが、星は砕けちゃったわけですからね。
まぁ、報酬のしんかのひせきは貰えました。

次はラムダで引き受けていた恋文に関するクエスト「いにしえの愛の手紙」。
サマディー城下町の貴族の家へ向かいます。

普通の民家を1つずつ探していくと、北西にある角の家が当たりの家でした。

2階に上がって執事の話を聞いたところ、
ラムダから持って来た古書はナプガーナ密林に小屋を構える木こりに売ったらしい。

目的の小屋の側にはキャンプ地があったのですぐに向かうと、
お目当ての古書は人のいない小屋の本棚にしまってありました。


手紙もキチンと挟んであり、内容を確かめると、
なんと恋文の相手は初代勇者ローシュだったのです!

すぐにラムダに行き吟遊詩人へ渡すと、
恋人だったローシュに宛てたセニカの手紙であると結論が出ました(*´Д`)

報酬として「メタスラ装備のレシピ」をゲット。
これでメタスラの剣、メタスラの大剣、メタスラブーメラン、
メタスラのやり、メタスラの盾、メタスラヘルム、メタスラよろいが作れるようになりました。

まさかの1冊で全身装備が可能な量が。
しかし“メタスラ”を書きすぎて、ちょっとゲシュタルト崩壊が進むわ・・・。

そしてダーハルーネにいき通路端にいた女の子に、
さばくのバラを渡します。


水晶で作られたバラを見て、勇気をもらったらしく、
もう少し生きてみる事にしたそうです。

報酬としてしあわせのぼうしをゲット。

「砂漠に咲く幻の花」をクリア。
ここで「マスタークエスト」の称号を獲得です。
いつの間にやらクリアしたクエストの数が40を超えたらしい( ゚Д゚)

サブクエはこれぐらいにしてメインへ。
残すところはホムラの里という事ですぐに向かいました。


この里は大樹が落ちた影響はあまり見られません。
でも人に話しかけていくと、なにやら面倒事が起こっている雰囲気。

ヒノノギ山の鍛冶場に行きたいのに、
周辺に化け物が出たというのです。

とりあえずホムラの里の長であるヤヤク様に会いに行くことに。

長い階段を上がった先がヤヤク様のいる社。
社内でも先程聞いた化け物に付いて話されていました。


現れる化け物のせいで何かの儀式が出来なくて困っているみたい。
ヤヤク様は足を怪我していて倒しに行けないんだって。

話しかけられないで困っていたらヤヤク様の方が気付いてくれました。

腕の立ちそうな勇者に今の状態を話してくれます。
昔から行われていたヒノノギ火山での儀式を行うために神官を送ったら、
道中で化け物に襲われてしまい逃げ帰って来たそう。

でもその儀式はホムラの里を守る為に必要らしく、
火竜と戦って負傷したヤヤク様に代わって、化け物を倒してほしいと頼まれました。


元々、勇者たちが目指していたのもヒノノギ火山なので、
化け物は倒す事に異論はないので快諾します。

まずは化け物が出没した西隣にある山道を調べるように言われます。
・・・それにしてもヤヤク様、めっちゃ美人さん(*´Д`)
大きな息子がいたなんて全然見えないわ。

ヒノノギ火山に向かう前に、
蒸し風呂前にいたセレブのおばさんからサブクエ「おアツいのが好きでしょ?」を受注。

ホムラの里にある蒸し風呂ではまだまだ熱さが足りないといい、
ヒノノギ火山から「じごくの火炎石」を入手するように命じられます。


じごくの火炎石は「じごくのおくり火」というモンスターから入手可能だというので、
化け物退治のついでに取ってこられたら良いです。

72回目のドラゴンクエスト11プレイ日記でした。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO