58.嘆きの戦士とのバトル【ドラクエ11プレイ日記】

昔のユグノア国へ


前回の記事にて預言者に出会いつつ、
どうにかバンデルフォン地方の海岸に付いたところまで書きました。

海辺の小屋で一晩過ごしてから出立。
目指すはネルセンの宿です。
この辺りはモンスターが強くはなっているものの、見た目的な被害はないよう。

進んでいる途中にシルビアのレベルが39になりバイキルトを習得しました。

宿には以前にはいなかったお客さんもいて、
ウルノーガの一件が無かったかのように、普通の日常が流れているように見えます。

お客さんの話はやはり夢の事で持ち切りだったので、
勇者もさっそく泊まってみると、噂通りに不思議な夢を見る事が出来ました。


暗闇のなかに浮かび上がる甲冑の男性。
周りには火の球が飛び、くちおしいと悔しさを口にしています。

最後にはおそらく女性と思われる声が、助けてほしいと懇願するのでした。

朝になってみると、どうやら勇者だけでなく全員が夢を見ていたそうで、
ロウが夢に出た男性の甲冑がユグノアの物だというので、
次はユグノア城跡に向かうことに。

ちなみにこの時点でグレイグと勇者がゾーン状態に入ったこともあり、
一度ドゥーランダ山に戻って「ドゥルダの心得」をクリアしておきました。


クリア報酬は集中のカードです。

改めてネルセンの宿に戻ってそこからユグノアへ。
爆発の影響のせいかバンデルフォン地方の山肌が崩れて、ユグノアへ近道が出来るようになっています。


こちらの地域は被害が出ているようで、
普通にドラゴンが歩きまわっています。

二刀+はやぶさの剣を装備している勇者の活躍により、
あたりの敵で苦戦する事はありませんでしたが、オークの攻撃が強い時がありロウがピンチになる場面も。

そして周辺にははぐれメタルの姿もあります。
レベル上げでも活用できそうだけど、如何せん出現頻度が少なめでなんとも・・・。
ちなみに「吹き飛ばし大名」の称号をゲット。

ユグノア城城下町はかなりの被害にあっているようで、
火の手も上がっているなど、かなり酷い状況になっていました。


以前と同じように井戸の中から奥へと進み、
ロウに案内されるまま小部屋跡のような場所へ。

指示に従って壁際に溜まっていたガレキを撤去すると地下へと続く階段が現れます。
昔使われていた緊急避難用の通路らしい。

降りていくとデルカダール城地下と似たような雰囲気の場所に出ます。

一本道を進んで、最奥の開けた場所に着くと、
そこには夢に出てきた甲冑の男性が待ち構えていたのでした。

ただ人が来たことは認識出来ていても、
姿までは分からないようで、魔族の手先と見なし攻撃をしてきます。


亡霊らしく状態異常の呪いを使用してきますが、
ときどき行動不能になるというものなので、マトはスルーしてしまいました。

そこまで焦るほど強敵でもなかったからね(`・ω・´)

ロウには「いのちをだいじに」の命令をしておいて、
あとは全力で叩いてもらいます。

勇者は普通の攻撃でも問題ないけど、グレイグは特技を使用すると格段に強かったのでおすすめ。
シルビアで勇者かグレイグにバイキルトを使用すると早く終わりますよ!

という事で難なく勝利すると、
嘆きの戦士の正体が、勇者の父親であるアーウィンだと分かりました。

衝撃の再会ですが、ロウが落ちついて話そうと顔を見せてくれと頼むと、
そこにはブラックホールのようなものが。


もう、軽くホラーなんですけどーΣ(´∀`;)
そして夢でも聞こえてきた女性の声が語り掛けてきます。

その声は夢と同じようにアーウィンの解放を望むのでした。

どうすれば良いのか分からないまま、とりあえずは回復作業。
そして勇者がアーウィンの顔を覗き込むと、ブラックホールに吸い込まれてしまったのです。

そこでキマイラのようなモンスターの声を聞いたのと同時に、
勇者の意識は過去のユグノアへ。


まだ襲撃もされていない様子で、アーウィンの顔もしっかりと見る事が出来ます。

ユグノア城のホールでは他国の王様が一堂に介し、
四大国会議が行われるようで、そのために宴を催しているらしい。

勇者の姿は誰にも見えていないらしく、
自由に動き回る事が出来たものの、誰とも話すことは出来ませんでした。

過去で取り付かれるはずのデルカダール王もここにいて、
ロウと会っているそうなので、勇者も見に行ってみる事に。

ロウと話していたデルカダール王の元にアーウィンが合流。
どうやら四大国会議の内容は、勇者が生まれたことに関する事のようです。

幾らか冷たいような印象を受けるデルカダール王ですが、
今の王様にウルノーガは入っていないのでしょうか?


お城の中は探索出来て、思いの外広々とした城内です。
アーウィンが生まれたばかりの勇者を迎えに行くというので、先回りしてエレノアの部屋がある3階へ。

ちなみに神父様がいてセーブもする事が出来ました。
ただのイベントだと思っていたのですが、セーブ可能となるとバトルがあるのかと思います。

エレノアの部屋へ入ると、そこには赤ちゃんの勇者とエレノア、
更には小さなマルティナがいました。


思ったよりもマルティナは年上だったんだな(。-`ω-)

現れたアーウィンがお披露目するために赤ちゃん勇者を連れて行き、勇者も後を追います。

四大国会議は勇者が生まれたことと、
それに伴って昔の邪神のようなものの存在が復活する事への話し合いでした。

勇者が生まれたことを喜ぶサマディー王に反して、
勇者が生まれた事こそ邪神を生み出すきっかけだと言いたげなクレイモラン王とデルカダール王。

まぁ、鶏が先か卵が先かみたいな感じ?
考えたって答えはよく分からんわな(´-ω-`)

それでも自分の息子は希望の象徴だと信じるというアーウィンに、
デルカダール王は拍手を送り、いじわるが過ぎたとクレイモラン王と共に言い出します。


アーウィンの事を試したじじぃたちといった感じでしょうか?
たちが悪いわっ!

デルカダール王は勇者を支援する事を宣言。
この時はまだウルノーガは入っていないようですね。

赤ちゃん勇者の処遇が決まったところで一件落着かと思ったのですが、
そこへ負傷した兵士が駆け込んできたことで事態は一変。

城がモンスターの群れに襲撃されたと言い出します。

それぞれの国の兵士は自国の王を守る事に必死で、
アーウィンは赤ちゃん勇者を連れて出ていったようなので後を追いかけたいと思います。

と、その前に今回はここまで。
58回目のドラゴンクエスト11プレイ日記を終わります。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO