57.バンデルフォン地方の海でジャコラと預言者に出会う【ドラクエ11プレイ日記】

ロウがようやく戻りました


前回の記事でドゥーランダ山の頂上にいたロウを救出した所まで進めました。
今回は冥府から帰ってきて意識を失ったところから再開。

ドゥルダ郷へ運ばれた勇者とロウ。
目が覚めたのですぐに外へと向かうと、先に起きていたロウを発見します。

頂上にいた時の姿が嘘のように、すっかり元通りに太っておりました。


ご飯を食べたら元通りと言いますが、
どんなリバウンドだと思わずには居られないわ。

ここで今後の参考にロウの意見も聞くと、
ローシュは神の乗り物で空を飛び邪神を倒してという伝承が残っていると言います。

それがあれば空に浮かぶ魔王の居城にもいけるだろうという事で、
仲間を探しつつも、もう一度聖地ラムダを目指すことになりました。

ここで再び仲間になったロウの新しいスキルパネルが開放。


更にドゥルダでも修行に付き合うという形で、大修練場が使えるようになったのでした。

「ニマ大師の愛弟子」という称号もゲットして、
とりあえず一段落といった所でしょうか?

あとここで気付いたのですが、
もしかしたらロウの後にシルビアを仲間にするのが正規のルートだったようです。

ドゥルダに来てからシルビアが一言も喋っていない上に、
イベントシーンに映っていない場面もあったのでおそらく( ゚Д゚)

この時点でロウは何も装備していないので、フィールドに出る前に装備しておきましょう。

せっかくなのですぐに大修練場へ。
修行では「連部討魔行」に挑戦します。
内容はモンスターと連戦して、掛かったターン数に応じて報酬が貰える仕組み。


ただ1戦毎に使える人数が決まっていて、
バトル開始前に考えて配置しなくてはいけません。

しかも、1度使ってしまったメンバーは、次のバトルでは使えなくなってしまいます(´-ω-`)

という事でまず挑んだのは「壱の試練」です。
戦闘回数は2回。

初めての挑戦だという事でバトル名だけを見て、出てくるモンスターを予想。
まず1戦目はドラゴンと付いているので、迷わず勇者を。

2戦目は極竜打ちが強力なシルビアと、回復役としてロウを置きました。

1戦目では勇者のドラゴン斬りでなんとか突破。
HP回復が必要なレベルだったので、思いの外、ギリギリだったのかも。

2戦目ではデルカダール地方に出てくるモンスター4匹が相手です。


見た目的にはかなりの雑魚モンスターだと思われるかもしれませんが、
スライムやいっかくうさぎの攻撃がなかなか痛い(´;ω;`)

確実にそこら辺で出てくるレベルではなく、結果全滅へ追い込まれてしまいました(白目)
2人だけだと辛いなぁという事で、
もっとメンバーが増えてから来ようと思います。

ドゥルダ郷にてサブクエを受注。


まずは教会横にいたハゲのおっさんから「ドゥルダの心得」を。
昼にしか現れないスノードラゴンをれんけい技の「背水の覚悟」を使って倒してこいという内容でした。

面倒なのでこちらもルーラ復活後に消化出来ればと思います。

あと本格的な出立の前にドゥルダ郷手前のエリアを回っていたら、
見逃していた宝箱から「続ドラゴン装備図鑑」のレシピを発見しました。
作れるようになったのはドラゴンキラー、ドラゴンバスター、ドラゴンシールド、ドラゴンメイルです。

そこからルーラでソルティアナ海岸のキャンプへ飛び、近くの船着き場から旅立ちます。
ちなみにその前のキャンプ場で「すごうでのキャンパー」の称号をゲット。

ロウがスキルパネルでツメスキルの「装備時かいしん率+2%」を×2覚えました。

最初にシルビアと出会っていた事もありすんなり出立。


久しぶりの船に乗ると、アリスちゃんがネルセンの宿での噂話を教えてくれました。

なにやら泊まった人たちが皆同じ夢を見ているらしく、
ロウもその話が気になるという事で、次の目的地はネルセンの宿に。

バンデルフォン地方へ向かう途中にダーハルーネに降りる事も可能でしたが、
ここは一旦スルー。

ダーハルーネの前にある「デルカダール地方・南の島」に降り立つと、
ムウレアから逃げてきた魚人に遭遇。

あの時襲ってきたのは「ジャコラ」というモンスターで、
ムウレアを荒らしまわった後、ここより東の海へと向かったらしい・・・。
今から行く方面じゃないか(´゚д゚`)

確実に襲われるフラグが立っていると思うのですが、準備は一応しているのでそのまま向かいます。

ムウレアに通じなくなった光の柱を通りすぎ、
バンデルフォン地方の桟橋に近付いたとこで海の様子がおかしくなってきます。


海が急に荒れ始めたと思った直後、船に強い衝撃が走り、
やっぱりジャコラが現れました。

ロウが覚えたてのグランドクロスを放ちますが、
ジャコラの体が赤く光り攻撃が効きません。

おそらく名前から見て六軍王の1人だと思われるので、レッドオーブを持っているそう。

そのまま船に強い衝撃を与えられて、勇者が海へと落っこちてしまったのでした。

そんなこんなで場面は変わり、
勇者が目を覚ますと何やらとても緑鮮やかな見たところもない場所にいました。


海に落ちたはずなのに、海岸じゃないのは何故だ(´・ω・)

状況は飲み込めませんが、
側に建っていた民家に魚人の姿が見えたので、とりあえず向かいます。

民家の外壁に掛かっていた梯子から屋根の上に行くのですが、
なぜかそこには先程見かけた魚人ではなく女性の姿が・・・。

頭に?しか浮かびませんが、どうすればいいのか分からないので、
女性に言われたとおり釣りをしてみます。

勇者が改めて横を向くと今度は男の姿が。
どうやら女性は様々な人物に姿を変えられるようです。


結局、先程の女性の姿に戻ると自らを預言者だと名乗りました。
どうやらカミュが以前会った預言者はこの人だそう。

部屋へ戻った預言者を追って勇者も建物内へ。
椅子に腰かければ、預言者は勇者のチカラは、魔王になど握り潰されてなどいないと言います。

ただ使えるようになる方法は教えてくれないみたい。
待っていればいいと言われます。

そして勇者はまだ溺れている最中だと言われ、むりやり眠らされると、
次に気付いた時にはシルビアの顔が目の前に。

他のメンバーはみんな無事のようで一安心。


預言者の事を話せば夢だと言われてしまったのですが、
次の瞬間、海に預言者からと思われる文字が浮かびます。

これも勇者にしか見えていなかったみたいですが。

そのまま勇者たちは近くの船着き場で一晩を過ごしたのでした。

57回目のドラゴンクエスト11プレイ日記を終わります。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO