55.ジエーゴとゴリアテの関係【ドラクエ11プレイ日記】

まだまだ仲間は揃わなそう


前回の記事でフールフールを倒したので、
いなくなったシルビアを探しに向かおうと思います。

ただその前に村にいた男からサブクエを受注。
「ひと粒の極楽」という物で、ダーハラ湿原の霊水の洞窟にある虹色岩塩を取ってきてほしいという内容です。

暇な時にでも回ろうかな。

シルビアは遺跡に続く高台にいました。
物思いにふけっているようですが、格好があれなので笑ける_(:3)∠)_


勇者に気付いたシルビアは再び共に戦う事を決意したのですが、
メンバーに入る前にパレードの仲間たちを信頼できる人たちに預けておきたいと言いました。

信頼できる人物のことが怖いそうなので、
勇者が一緒についていき頼むことになります。

という事で再び村から出立して、パレードと合流。
パレードの仲間もシルビアの決意を応援してくれて、一緒にソルティコの町へと向かうことに。

ここでシルビアがパパに会わせるとい聞いて、
グレイグはようやくシルビア=ゴリアテであると気付いたのでした。

いなくなった息子だっていう描写があったのは、
グレイグが合流する前だから無理もないか(*’ω’*)


ただグレイグはゴリアテ時代の知り合いだったみたいで、かなりショックを受けていました。

そこからシルビアの正体であるゴリアテについて詳しく説明してくれましたが、
だいたい分かっているので聞き流します。

ちなみに移動はルーラでも問題は無かったです。

ソルティコに入る時でさえパレードを止めないシルビアでしたが、
心の準備が出来ないからと勇者が先に行く事に。

ジエーゴの体調が良いようで、今日は会えると聞き、
外が騒がしい事に首を傾げる執事を残して部屋へ。


部屋に入ったらまずグレイグが挨拶を。
その後、なかなか現れないシルビアを探しに行くついでに部屋を探索していきます。

ジエーゴの私室の本棚から「プラチナの防具目録」のレシピブックを発見。
プラチナヘッド、プラチナメイルが製作できるようになりました。

屋敷から出てアリスちゃんに話を聞き、
海に向かったというシルビアを追いかけます。

何回も手のかかる子だわっ(`・ω・´)


サーカス団に憧れて町を出る際に、反対を押し切ってしまったこと、
世界中の人を笑顔にするまで帰ってこないという約束までしてしまったらしい。

それがまだ出来ていないから、顔を出す決心が出来ないんだって。
そんな事いいから早くいこうぜー。

話したことで踏ん切りの付いたシルビアを連れて屋敷へ。

派手な服なのに勇者の後ろに隠れようとするシルビアは、
当然ながらすぐにゴリアテだとジエーゴに気付かれ、怒号を浴びてしまいます。

ただ息子の姿に驚いている訳ではなく、
先程シルビアが言っていた約束の事で怒ってるみたい。

ただジエーゴは体調が悪くなってしまい、とりあえず話を聞く体制に。

魔王を倒そうと思っている事とそれがみんなの笑顔に繋がる事。
あとはパレードの仲間を任せたいという話を済ませます。


ジエーゴはその言葉を信じる事にして、パレードの仲間の面倒を見る事になったのです。

ただ早速入ってきたパレードを見てタジタジ(´-ω-`)
さすがに予想外だよね。

しかもテンションや態度など領主相手でも変わらず、
それはシルビアも同じだったようで、勇者にしたように父親にもパレードの衣装を着せていました。

自らの姿に戸惑うジエーゴですがシルビアに押し切られてしまい、
しぶしぶとその姿のままいるようです。


周りの踊っている面々がまじシュール(白目)
逆にこちらが応援したくなりました。

まぁ、これでシルビアの話も一段落という事で、
ようやく仲間に戻ってくれることに。

パレードのみんなが泣きながらお見送りしてくれ
何故か勇者とシルビアのれんけい技「ナカマよび」が使えるようになったのでした。

次は王様に言われたとおりドゥーランダ山に向かわないといけませんね。

ただその前に一度、メダ女へ立ち寄り、
夜しか受けられないというサブクエを引き受けておきます。


ローズという女の子の幽霊で、学校から離れられないのに叶えたい願いがあるらしい。

メダル愛好家と呼ばれたヌルスケの伝説の秘宝を見つけてほしいと言う内容で、
場所はバンデルフォン地方のどこかにあると言われるヌルスケのお墓の中だそうです。

もちろんこの「ユウレイ少女の最後の願い」もきちんと引き受けて、
後日クリアしておきたいと思います。

うーん、だいぶクエストが溜まってきてしまいましたが、
ルーラが戻るか改めて訪れるまでは仕方ありませんよね(´-ω-`)

改めて仲間になったシルビアのレベルは38でした。
前のレベルを覚えていないんだけど、これって少しは上がっているのかな?

スキルポイントも増えているような気がしました。


なのできょくげいの「常時すばやさ+20」と「タップダンス」、
短剣スキルの「装備時こうげき力+10」を習得。

そしてここでようやく装備品をパレードの服から普通の物に変更。
何気に今までシルビアの羽が視界のジャマをしていたんですよ。

ソルティアナ海岸の西からドゥーランダ山へ。
以前来た時に通せんぼしていたデルカダール兵の姿はありませんでした。

山と名前に付くだけあって山岳地帯を登っていきます。
出てくる敵は弱く、シルビアの極竜打ちがかなり役立った感じ。

途中で見つけた宝箱から「ちいさなメダル」をゲットし、
更には「シルバーメダリスト」の称号も獲得です。


洞窟をぬける際にはドラゴンライダーから乗り物を奪って、
崖を登ったりしつつドゥーランダ山・中腹へたどり着きます。

マップで確認したところ、
おそらく目的地と思われる「ドゥルダ郷」以外にも、「山頂への洞くつ」があったものの、
洞窟の方は通せんぼされていて侵入不可でした。

なのでそのままドゥルダ郷へと入ります。
ちなみにここまでの道のりでグレイグがLv.37でベホイムを習得しました。

このまま書くと長くなりそうなので一旦区切ります。
55回目のドラゴンクエスト11プレイ日記を終わります(`・ω・´)ゞ

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO