53.色々と変わった様子のソルティコとメダ女へ【ドラクエ11プレイ日記】

2人だけの旅が始まります


前回の記事で無事デルカダール城を開放出来て、
更にはゾルデが持っていたパープルオーブを取り返すことが出来ました。

六軍王と名乗っていたゾルデがオーブの1つを持っていたという事は、
残りの六軍王がオーブを持っていると考えるのが妥当かな?

デルカダール城から出るとグレイグの馬が迎えに来てくれていました。
留守にしていた間の砦の事が心配だという事で早速帰ります。

どうでも良いですが、帰り際に装備品を作ったら勇者がこんな姿になりました。


装備はしっかりしているのに
盾を持っていないのも違和感がありますね。

砦に辿り着きみんなの無事を確認するわけですが、
誰一人として見当たらず、自分たちがいない間に襲撃を受けてしまったのかとドキドキ。

するとルキが嬉しそうに走ってきたのを皮切りに、
奥から盛大な出迎えが現れたのでした。


どんだけ心臓に悪いサプライズだと思ったのですが、
エマの笑顔を見た瞬間に吹っ飛んだわ。

デルカダール王もペルラも大喜び。
そしてロトゼタシアの運命をもお願いされ、更にはグレイグが正式にメンバー入りを果たします。

グレイグがようやく普通に笑ってくれるようになって良かった。
睨まれたのはチャラにしよう(単純)

「最後の砦の英雄」の称号を貰いました。

一夜明けて出立の時。
王様のところに呼ばれたので顔を出すと、最強の盾と呼ばれるデルカダールの盾をゲット。


しかし貰えたのは盾だけだったので、
結局はダサい格好のグレイグと一緒に旅をしなくてはいけないようです。

ウルノーガに勇者のつるぎを奪われてしまった事を知った王様が、
勇者ゆかりの地と言われる「ドゥーランダ山」へ向かうと良いと教えてくれました。
そういえばまだ行った事がない場所があったな。

出立の前にグレイグのステータスなどを確認。
とりあえずLv.36で、勇者より4レべルほど少なかったです。


ただHPなどはグレイグの方が多め。

スキルポイントは73Pほど溜まっている状態からスタート。
覚えれられるのは片手剣、盾、オノ、両手剣、えいゆうの5種類と、
こちらも多いですね。

その中の4種類を2つずつ程すでに覚えていました。

まずは固有のスキルから覚えてもおうと思ったので、
盾の「装備時しゅび力+10」と「まもりのたて」、「シールドアタック」と「装備時盾ガード率+4%」、
えいゆうの「無心こうげき」と「すてみ」を習得。


一気に覚えられたお陰で、
ひみつパネルの「ゾーン効果アップ」と「会心完全ガード」が開放されました。

ついでに「スキル見習いの英雄」の称号もゲット。
やっぱり一気に覚えれられると爽快だよね(`・ω・´)

クエストリストを確認したところ、各地で色々なクエストが追加されているようですが、
ルーラは再度訪れた場所しか出来ないので地道に回るしかありません。

砦から西へと向かいナプガーナ密林へ。
どうやら爆発の影響で地形が幾らか変わってしまったみたいです。

以前通った時に使っていた橋が壊れていたので、
新しく行けるようになった下道を進んで行きます。


この湿地帯に入ってすぐの場所で宝箱から「ちいさなメダル」をゲット。

湿地帯にはマンイーターやサイクロプスなど、
上よりも幾らか強い敵が出てくるので注意しましょう。

ここで「モンスターバスター」の称号をゲットです。

湿地帯を抜けてから上へと戻り、
以前は使えなかった道から「ソルティアナ海岸」に出ました。


こちらは見た目的にひどい被害を受けた感じではないようです。

王様から言われたドゥーランダ山には、このソルティアナ海岸から行ける訳ですが、
他の街がどうなっているのか気になってしまったので、
とりあえずソルティコへ寄り道する事にしました。

街道が通っている道は岩が崩れたせいで通せんぼをされていたので、
海岸沿いの細道から向かいます。

このエリアにもサイクロプスがうろつき、どくやずきん強が出てくるので、
気になる方は毒消しを所持で。

見た目的にはあまり被害というか変わった箇所はないようだったのですが、
警備兵が増えていたり、活気が少なくなっていたりしています。


どうやらこの町の領主であるジエーゴが怪我をしてから、
沈んだ雰囲気になってしまったらしい。

まだ眠っているらしく知り合いであるグレイグですら会う事は出来ません。

ただカジノは相変わらず営業中で、昼間から列が出来ていました(ドン引き)
こんな時に何やってんだ(´-ω-`)

町の人達に話しかければジエーゴの話などに加えて、
メダチャット地方へ通じる道が開いたこと、更にその地域で怪しい集団が練り歩いているという噂話を多く聞けました。

こうなってくるとメダチャット地方へ先に行きたくなってしまいます。

さっさとメインを進めたいと思っていたのですが、
そんな気になる事を言われては行くしかねぇ!!

という事で新しく出来た道からメダチャット地方に行ってしまいました。


繋がっていたのは怪鳥の幽谷方面の入り組んだ道。
かなり酷い被害を受けていますね。

メタルライダーなどが出没するものの皆逃げていきます(`・ω・´)
楽なので全然いいのですが、レベル上がらなくなっちゃうかな。

とりあえず向かったのはメダ女なのですが、
こちらは今までと何も変わっていないみたいでした。

女学生たちは相変わらず楽しそうに走り回っているし、
花壇の花も綺麗に咲いています。

ここはきっと何かの力で守られているんだわ。


唯一変わっていた事と言えば引き受けられるクエストが増えていたぐらい。

という事で建物前にいるマリアンヌ先生から「マリアンヌ先生の生活指導」を受注。
内容は勇者の“みりょく”を高めてこいというもので、
一応持っている服などで上がる物に着替えましたがクリアは出来ませんでした(´;ω;`)

なかなかに条件は厳しいみたい。
とりあえずはみりょくの上がる装備が手に入るまでは放置で。

校舎に入ってすぐの場所にいたミリガン先生からは「渡せなかった卒業証書」を受注。
昔いた生徒が卒業前に辞めてしまったので、
その時に渡せなかった卒業証書を渡したいと言う内容でした。

その女生徒はリリアンという名前でクレイモランにいるという事なので、
今後行ける事になったらクリアしようと思います。

校長室の横にいるくさった死体のコルトから「いいかおりのするあの子」を受注。


くさった匂いを隠してくれる「かぐわしい香水」を取ってきてほしいそうで、
場所はホムスビ山地にある荒野の地下迷宮にいる父親が持っているとのこと。
こちらもまた後でですね。

図書室にいるチコからは「なぞなぞ大勝負!」という、
なぞなぞに答えるという内容のクエストを受注。

「切れ味の悪いなまくらなつるぎ」ってなんだ? というもので、
分かったら装備してくるように言われました(´-∀-`;)

まったく想像がつかないのでこちらも後回し。

最後に校長の元に寄って溜まったメダルを清算しました。

という事で今回はここまで。
また長くなってしまいましたが、53回目のドラゴンクエスト11プレイ日記を終わります。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO