5.悪魔の子として地下牢に入れられる【ドラクエ11プレイ日記】

初めての仲間ゲットだぜ!


前回の記事でデルカダール王国へと到着しまして、
今回はようやく王様の前に向かうところからスタート。

デルカダール城の2階の奥にある扉を潜ると、
並んだ兵士の先に王様がいました。

左右には城下町でも聞いたグレイグ将軍とホメロス軍師の姿もあります。

オープニングで登場した時から、
金髪めっちゃイケメンンンンン( ,,`・ω・´)と思っていたのですが、いざ目の当たりにするとちょっと釣り目過ぎる感じです。

でも後ろ髪が長くて縛っているというマト好みの髪型。ポイント高いわぁ(白目)

なんだか物々しい雰囲気ですが、
ホメロスや王様も歓迎してくれている感じ。


なんと何年も勇者が訪れるのを待っていたという王様。

勇者ならアザがあるはずだと言われたので、
素直に見せると「ついに伝説の勇者が現れた」と喜んでくれたっぽいです。

兵士たちの皆さんも歓声を上げてくれていますが、
そんな時でもぽけーッとしている勇者マトくん。

王様は礼をしたいからと勇者が今まで暮らしていた場所がどこなのか聞いてきます。
素直にイシの村の事を伝えたのですが、
次の瞬間、話は不穏な方向へ。

話を聞いた王様がホメロスに「あとはまかせた」と言ったと思えば、
ホメロスは兵士を引き連れて、部屋を出ていきました。

お礼をするのにそんなに引き連れていく必要はないよね(;’∀’)
勇者もこの事態に違和感を感じだしたっぽい。

次の瞬間には勇者は災いを呼ぶ者と呼ばれ、地下牢にいれろと槍を向けられてしまいます。


邪悪なる魂を復活させる者、勇者と魔王は表裏一体など、
散々な言われようです(´゚д゚`)

まぁ、勇者がいるってことは魔王がいるし、
魔王が出てきたら勇者が出てくるのはRPGじゃ当たり前だと思います(メタい)

罵られてグレイグに囚われてしまった勇者は、
そのままお城の地下にある牢獄に連行されます。

グレイグは勇者の事を悪魔の子と呼んで、その場から去っていきました。。
称号「囚われの勇者」をゲット。

もちろん牢は鍵が掛かっているので外に出る事は出来ず、
とりあえずは辺りにあった壷を破壊。

すると、お向かいの牢から謎の青年から声を掛けられます。
誰だーっと思って、今度は牢の扉をガチャガチャ。


しけた野郎だと馬鹿にしてくる青年に、自らの状況を説明する懲りない勇者。

また信じてもらえないだろうと思っていたら、
予想に反してすんなりと信じてくれた様子。

そんな時、ちょうど良く青年の牢に食事が運ばれてきまして、
青年はその隙をついて兵士をぶちのめし脱獄。

勇者の牢も開けてくれたのですが、
何やら勇者との出会いに思うところがあるようです。

出会うという預言をされていたのかな?

その後、新しく来た兵士も倒してくれて、勇者の荷物も戻ってきました(`・ω・´)
青年に着いて牢へ入ると、なんと地面に穴が!


青年がせっせと掘っていたらしい。
脱獄しようとしていた日に出会うなんて運命だと言われて、結果、一緒に逃げる事に。

穴に飛び降りる前に他の牢を覗き見。
2人が入っていた以外の牢屋には宝箱があったんですが、鍵は開かず・・・。

気絶している兵士や青年に鍵を寄こせぇ(‘◇’)ゞと近付いても、
何も貰えませんでした。

穴に降りたら戻ってこれなくなりそうだし、
いつかまた来れるという事だと思います。

という事で穴の中へ。
穴の先にあった煉瓦を崩した先は、古くて広い水路に出ました。


デルカダール地下水路という名前の場所なのですが、
マップは確認出来ません(´゚д゚`)

なので道のりは勘だけを頼りに進んで行きます。

それと青年はまだ仲間になったというわけではないらしく、
レベルやHPなども確認は出来ません。

水路の途中にはデルカダール国の紋章が描かれた扉がいくつかありましたが、
鍵が掛かっていて入出不可。

少し進んだところで後ろから兵士たちが追いかけてきました。
逃げた先にも兵士がいたのですが、
誘導に従って木箱を使って姿を隠しつつ進む事に。


しかしマトはこういう繊細な行動がとても苦手なので、
すぐに見つかってバトルになってしまいました。

ただ兵士は強くないうえに、経験値が多かったのでウマウマ(*‘ω‘ *)

仲間になっていなくても、
バトルには青年も参加してくれます。

どんな道を通ったか覚えていませんが、大きな橋の前に到着。

一気に駆け出して渡ろうとしたのですが、
前後から現れた兵士に挟まれてしまいます。

絶体絶命のピンチだと思ったら、更に重さに耐え切れなったのか、
石橋がボロボロと崩れだしてしまったのです。


水路なのでそのまま水の中へ落っこちてしまいます。

その後、2人は無事に目を覚ましたのは、
水路というよりも暗い洞窟のような場所です。

幸か不幸か、水路から落下した事で兵下たちは上手く撒けたらしい。

この場所もマップデータがなく、更には名前すらも「???」となっていたので、
勝手に地下洞窟と呼ばせて頂きます。

ちなみにこの時点で勇者はLv.7。
低いのか高いのかは分かりませんが、別段苦戦するような事はないかな。


それと新しく片手剣スキルの「装備時こうげき力+3」を習得。

地下道を真っ直ぐに進んで行くと、薄暗い大きな空洞に出たのですが、
いきなりドラゴンが襲い掛かってきました(‘Д’)!

青色をした鱗の肌に白い角。
鋭い牙と釣り上がった目は明らかに格が違う相手だと悟ります。

もちろん青年も戦おうとするはずもなく、2人は逃亡。


逃げるのはプレイヤー任せだったのですが、
画面の手前に逃げなくてはいけないので、先にある障害物が分からず大変だったな。

少しでも遅くなったら一気に追い付かれそうで、
青年が逃げる方向へと足を向けます。

下層へ降りてからは周りにモンスターの姿もありましたが、
モンスターたちも一緒になって逃げています。

中にはメタルスライムの姿もあり、大きな声が出たのは言うまでもない事です(白目)
あー、戦いたかったわ。

隙をついて岩陰に身を隠してどうにかやり過ごしたかと思ったら、
今度は隙間を目掛けて火を噴いてきやがった。


こんなのに当たったら食べごろに焼けてしまう(;゙゚’’ω゚’’):

必死に走ってドラゴンからようやく逃げられたと思ったのも束の間、
またしても水路に出てしまったようで、
すぐに兵士に見つかってしまいした。

その後、ようやく外へ出られたもの、
行き止まりの崖っぷちで、2人は下にある川を目掛けて飛び降りる事に。

ここで青年がフードを取って自己紹介をしてくれます。


うん、髪型好きじゃねぇな(白目)
なんかもうザ・ドラゴンボールっていう感じ。

言動とかはかなり頼れる感じで好きなんだけど髪型がなぁ。
ホメロスみたいな感じだったらよかったのに(切望)

これから相方になる人に失礼な思考を抱きつつ、
2人は川に飛び降りたのでした。

では5回目のドラゴンクエスト11プレイ日記を終わります。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO