49.ウルノーガと対峙 新章突入かな?【ドラクエ11プレイ日記】

イベントがなげぇ(後編)


前回の記事ではようやく命の大樹へとたどり着いたものの、
後から来たホメロスと戦闘になり負けたところまで書きました。

かなり中途半端なところで区切ってしまったので、
今回のスタートはイベントの真っ只中から始めます。

勇者たちを打ち負かしたあと、ホメロスは大樹の魂の方へ。

もう少しで手が触れるという所で、
今度はグレイグとデルカダール王が姿を見せました。


今の経緯を見ていたようで、
グレイグは真に悪かったのはホメロスだったのだと気付いた様子。

勇者は悪魔の子ではなかったと分かってもらえて良かったと思ったのも束の間、
ホメロスに剣を向けたグレイグが今度は倒れてしまいました( ゚Д゚)

攻撃したのはグレイグの後ろに立っていたデルカダール王。

そのまま倒れたグレイグを無視してホメロスの元へ向かう途中、
体からもやが現れだして、別の人物が現れたのです!

そのなんだか肌の色が悪いハゲはホメロスから、
「ウルノーガ」と呼ばれたのでした。


始めて姿を確認出来たわけですが、思ったより人間に近い見た目。
ウルノーガって何に分類されるの?
人間? モンスター? よく分からんわ。

その正体が分かりましたがどうする事も出来ず、
ウルノーガは勇者から力を奪おうとします。

もうCGが綺麗(*‘ω‘ *)
勇者の髪の毛さらっさらですよ。


心臓わし掴みかと思ったら、多分力だけを抜き取った感じ?
その証拠に勇者の証拠であるアザがウルノーガに浮き出ました。

そのまま大樹の魂に近付くと大樹が勘違いしてしまったのか、
ツルは消え去りすんなりとウルノーガの手に勇者のつるぎが渡ってしまいます。

その後、手に握ったままだった勇者の力を握りつぶし、
つるぎを毒々しい姿の「魔王のつるぎ」に作り変え、それを大樹の魂に一突き!!

すると魔王のつるぎを介して大樹の魂の力が全てウルノーガの中へ。

そのせいで命の大樹の葉が散ってしまい。
ウルノーガは姿をもっとモンスターらしいものへと変えます。


ウルノーガの力のせいか世界は紫色の雲で包まれ、
大樹は魂を失った事で浮遊する事が出来なくなり、地上へと落下してしまったのでした・・・。

そのまま画面はブラックアウト。
大樹にいた勇者一行が無事なのかどうか分からないままセーブ画面になりました。
ちなみにここまでで45時間程プレイしているようです。
半分は過ぎたと思います。

水の中に沈んで行く勇者。
そして場面は勇者が子供の頃に切り替わりました。

小さい頃とはいえここまで主人公が話すと少し違和感がありますね(‘;’)


まぁ、かなり可愛いので許せますが、
今とだいぶ性格違うなぁとも思う。

エマと喧嘩したらしく叩かれてしまったもののチビ勇者はやり返すことをしませんでした。
それを褒めるペルラの言葉に、
どうしたら仲直りできるかを聞くと、きちんと話して笑って握手することだと言います。

そして促されるまま勇者は布団の中で眠りにつきます。

このシーンが何を意味しているのか今はまだ分かりませんね(‘ω’)

チビ勇者が眠りに就くと、
どうやら大樹が落ちたあと魔王は勇者を探しているみたい。

でも見つからないから死んだと思い込んだらしいです。

そんな中、勇者がどこにいたのかというと・・・。


海の中。
しかも自らまでもが魚の姿になっていたのです。

くちびるタラコ過ぎ、顔平面過ぎと思いつつも、
勇者の力が失われてしまっているのでどうする事も出来ません(絶望)

魚の姿なのでスイスイと泳ぐと歩くより早く移動できます。
建物内から出ようとしたら半魚人と遭遇し、勇者が起きたと女王様に伝えに行きました。

外にいる人魚の話によると外の世界はかなり大変なことになっているらしく、
状況についてはセレン女王に尋ねるように言われます。

という事でセレンの元へ向かいます。
ちなみにどうぐなどは確認できないうえに、メンバーは勇者1人だけでした(-“-)


お魚の姿なので浮上したり自由に移動が出来るうえに、
今まで喋れなかったお魚さんたちとの会話も可能になっております。

セレンのところへすぐに向かうと、
何やら地震のような衝撃に襲われているところに遭遇。
セレンが杖を床につくと収まりました。

話を伺うとセレンが魔王から勇者を隠すために魚の姿に変えたのだと言います。


なんと数ヶ月も眠っていたらしく、
傷が治りきるまで無理は禁物だと言われてしまいました。
本当はすぐに仲間と合流したいのですが(-“-)

全てを見ていたというセレンの後を追って「守り人の海」へ。

中央にあった千里の真珠は水を介して地上の様子を見る事の出来る宝珠です。
それで世界の有様を確認。

薄暗がりに包まれて、落ちた大樹の影響か、
山などの地形が変わってしまっている上に、草木は燃えて水は干上がっています。


どのぐらいの距離がこの被害を受けているのかは謎ですが、
セレンが言うにはかなりの人が亡くなったみたい・・・(´;ω;`)

導きの教会らしき場所にポニーテールの少女が1人で入ってきますが、
そこには多くの避難民の姿が、既に息絶えているみたいな人まで。

倒れて助けを求める少女の手を取れない勇者の代わりに、
だっさい服を着たグレイグが助けてあげていました。

無事だったのですねー。
グレイグも命の大樹にいたのに案外元気そう。


山道を進む避難民を「最後の砦」という場所に連れて行こうとしているみたい。
デルカダール王が操られていたと分かったわけだけど、
その後、国がどうなったのかは謎ですね。

肝心のウルノーガはというと、大樹が落ちた後の上空に城を構えて、
モンスターを放っているみたい。

そして海底王国ムウレアにも向かってきているそう。
セレンの結界ではもう持ちこたえられそうにないというのです。

ここで意識をムウレアに戻して王国へ。
広場の方へ行くとセレンが民を集めています。

セレンは仲間が無事であると伝えたところで、
タイミング悪く結界が割れてきてしまいました。

セレンが空気の泡に勇者を無理矢理乗せると同時に結界は崩壊。
勇者は陸へ。モンスター達はムウレアへと向かったのでした。


そして送り出された勇者は???と表示された海域に出まして、
そこに垂れる釣り糸に反応。

エビが餌として仕掛けてあったので加えると、
デルカコスタ地方の海で釣りをしていたおっさんに釣り上げられたのでした。

海から出たお陰か、勇者は人間の姿へ戻っています。

人が連れたビックリのおっさんの前で涙を流す勇者。
察してくれたおっさんは小屋に案内してくれました。

ここで称号「希望のともしび」をゲット。

ようやく長いイベントを終えて自由に動き回れるようになったので、
次はもっと内容のあるものに出来るかな?

49回目のドラゴンクエスト11プレイ日記を終わります。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO