47.聖地ラムダ探訪と始祖の森【ドラクエ11プレイ日記】

基本的には何にもしてない(白目)


前回の記事でようやく聖地ラムダへ到着。
先へ進む前に村の中を探索していきたいと思います。

教会は外にあったのですが、
なぜか「ふっかつのじゅもん」が聞けなくなっていました。
いつ元に戻るのかは不明です。

村の人の話を聞きつつ、ある一軒の家に入ると、
そこにはベロニカとセーニャの両親が。


お母さんは綺麗で優しそうな感じ。
想像通りだったのですが、父親の方が太っちょだったのは意外( ゚Д゚)

もっとダンディなおじさんを想像していました。
娘大好き感が強そうです。

2人の家の横の道から村を出る事が出来ます。
といってもどこかに繋がっている訳でも敵が出てくる訳でもなく、ただ静かな森があるだけ。

ただそこにいた女の子には始祖の森に行けるようになったら声を掛けてほしいと言われました。

ここにはあとで戻ってくることにして次へ。
村の端っこにある民家の本棚から「トレジャーハンター」の本が見つかります。

今まで記事では書いてきませんでしたが、
色々な街で見つけていたこのトレジャーハンターの本。

虹色の枝を追い求める内容から始まり、
今まで「ナナシ」と名乗っていた本の著者兼トレジャーハンターが、なんとテオだった事がここにきて判明( ゚Д゚)


もうだいぶ前過ぎて記憶が薄れている方もいると思いますが、
あれです、勇者を川から救いあげて育ててくれたおじいちゃんです。

世界を冒険していた人だったとは驚き。
もう会えないのが残念ですね。

そしてようやくファナードの待つ大聖堂へ。
大聖堂の中は昔の勇者の物語を書いた壁画が幾つかありました。


はじめての勇者が生まれた時のことのようです。

邪悪の神が現れて大樹の魂を奪おうとした時、
初代勇者ローシュが現れ、賢者セニカと共に戦ったらしい。

ベロニカとセーニャはセニカの生まれ変わりと言われているみたいです。
名前も似ていますね(*‘ω‘ *)

邪神が亡くなった後に生まれた勇者の役目はウルノーガを討ち果たす事だと結論し、
ファナードは大聖堂の奥の扉を開けて、始祖の森へと通してくれました。

旅に出る準備をしっかりするように言われたので、
その通り道具屋に寄って色々整えておきます。

ラムダの道具屋ではそれなりに強い武器・防具が売っていたので、
装備を揃えていない人や作っていない人は買っておくことをおすすめします。

ちなみにここでスキルパネルを進めておきました。


勇者がゆうしゃの「常時みのまもり+10」を、
カミュが短剣の「タナトスハント」を、ベロニカがまどうしょの「常時さいだいMP+10」を覚えました。

セーニャがスティックの「装備時かいふく魔力+30」を習得。
このお陰で二刀の心得を覚えられるようになったのでこちらも覚えておきます。

セーニャの左手は今まで盾を持たせていたので、
防御を捨てて回復力を高めるか迷いどころです・・・。

シルビアがきょくげいの「常時みりょく+10」を習得すると、
称号「スキル見習いの旅芸人」を獲得しました。

マルティナはヤリの「ゾーン突入率+5%」を、
ロウはさとりの「常時かいふく魔力+5」と、「常時こうげき魔力+5」を習得。

これでそれぞれ最低でも1つずつは新しく覚えたことに。
微々たるものな気もするけど、一応準備は万端だ!

と言いつつもすぐにラムダの村へ逆戻り。
サブクエを受けておいた方が効率良さそうなのでね。

まずは大聖堂から北側にいた老人から「健康じいさんの執念」を受注。


健康になる為の「始祖汁」を作るというので、
それに必要な「赤き始祖の葉」を頼まれました。

次に向かったのは先程、女の子と出会った静寂の森。
女の子は病気らしく、医者にも治るのは難しいと言われているそうです。

そこで始祖の森に咲くという「きぼうの花」を手に入れてきてほしいと言われます。
花が咲けばどんな願いも叶うという代物だそう。


花のタネを持っているというモンスターは転生モンスターの「黄泉の花」と言って、
アラウネというモンスターをたくさん倒すことで出てくると言われました。

という事で「きぼうの花が咲く日まで」を受注。

2つの依頼を引き受けてから
ようやく始祖の森へ旅立ちます(`・ω・´)ゞ

まずは大聖堂を抜けて、またゼーランダ山の山道を行きます。

ラムダ前とはまた違ったモンスターで溢れている感じ。
ピンクのエイリアンことブルーイーターと、爆発しそうなスマイルロック。


更には頭上から襲い掛かってくる龍スカイドラゴンの姿もあります。
ちょっと強めなので注意。

始祖の森までの道のりは一本道なので迷う事もなく、
途中にキャンプ場もあるので回復も可能。

近くの行き止まりには「ちいさなメダル」がありました。

キャンプ場のお陰で移動してもすぐに始祖の森へ挑む事が出来るので、
ここで一度メダ女へ行く事にします。

集めた枚数でちょうどスタンプ帳の2枚目をコンプリート。
ごほうびとしてはやてのベストをゲット!


今まで集めたちいさなメダルは45枚。
メダル集めはまだまだ続くぞと言われたので先は長そうです。

ちなみにここで「メダル集め番長」の称号をゲットしました。

寄り道の後は迷わずゼーランダ山のキャンプ地へ。
始祖の森へ入る前にベロニカのレベルが36になり、ヘナトスの呪文を習得。

腐っていそうな橋を渡って、鬱蒼と生い茂る木々の間へ入ってきます。

始祖の森は円形状のような作りのマップで、
ぐるぐると進んだ最奥に「天空の祭壇」なる物がありました。


今までの場所よりも比較的狭く感じるのですが、
キャンプ地が2か所もあり、それだけこの場所が危ないという事でしょうか?

基本的には一本道なので、先へと進んで行くだけ。

ここまで来ると目的の場所まであと少しだなぁと思ったのですが、
よくよく考えたら命の大樹でウルノーガと戦う訳ではないと思い出しました。

まだ終わりは先のようです。

という事で今回はここまで。
47回目のドラゴンクエスト11プレイ日記を終わります。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO