44古代図書館で判明するムンババの真実【ドラクエ11プレイ日記】

氷の魔女リーズレットとは


前回の記事でミルレアンの森の攻略を開始しまして、
一応、奥にいるボスであるムンババは倒しましたが、直後に勇者が倒れてしまいました。

中途半端なところで終わる形になったので、
今回はそこから再スタート。

いつも通り目覚めるとどこかの小屋に運ばれていた勇者。

この光景は何度目なのか・・・。
今回のドラクエ主人公は担ぎ込まれる系主人公なのですね(´゚д゚`)

小屋はミルレアンの森手前にあった考古学者がいたところ。
誰もいないので小屋の外へ向かうと考古学者が入ってきます。


考古学者はエッケハルトという名前で、
クレイモラン王国の住人らしいのですが、魔女が国を襲った時に離れていて無事だったそうです。

仲間が状況を教えてくれたらしく、魔女について少し教えてくれました。

氷の魔女はリーズレットといい、
古の時代に魔法使いが禁書に封じたそうで、本来その禁書は古代図書館に置かれているものだそう。

なのでエッケハルトも古代図書館を調べようとしたけど、
中にはモンスターがいて無理だったとの事です。

ここでタイミングよく入ってきたベロニカとセーニャ。
2人は既にこの話を知っていたらしく、迷わず古代図書館へ向かうことになりました。

前回の記事で場所は把握済みだったのですぐに到着。


古代図書館は大きな塔のような建築物で、
壁一面が本棚になっていて蔵書量はすさまじい事になっていそうです。

本棚には所々に読める者が置いてあるので、
一々、本棚の方を向きながら進んで行くのが面倒でした。

1階の北方向にいる良いスライムに話しかけると、
図書館内にあるスイッチに付いて教えてくれました。

緑色の玉が付いたスイッチに手をかざすと、塔にあるすべてのスイッチが起動可能に。


一見すると壁面と柱だけの簡単な構造の建物だと思っていたのですが、
このスイッチによって新しい通路が出てくるので、少しややこしそうです(´・ω・)

スライム横のスイッチを起動後、
すぐ横の通路に入って宝箱を開けて、4000ゴールドをゲット。

東南方向にあるスイッチを起動すると、目の前の壁が回って2回へと続く階段が現れました。

ちなみにスライム横通路の宝箱を入手する前に、
東南のスイッチを起動してしまうと取れなくなってしまうので注意です(`・ω・´)

2階に上がって中央の本棚の横を通って向かい側へ。
南にある宝箱を回収後、北へ移動してスイッチを起動すると、
中央の本棚に繋がっていた通路が階段に変わり3階へ行けるようになりました。


3階へ移動すると東側に出るのですが、
スイッチを起動する事もなく、側にあった階段で4階へ行く事が出来ました。

一応、3階全部も見て回りましたが、見つけたのは本だけでスイッチは無かったです。

なのですぐに4階へ。
ここにはモンスター「うごくせきぞう」が出てきます。

最初はオブジェかなんかだと思ったのですが、
いきなり背後からジャンプしながら襲われてしまいました(´・ω・)

4階は足場の悪い通路ばかりですが、隠された通路はなく移動は簡単。
でも中央の本棚頂上にあるスイッチを押す必要があります。


起動したことによって階下の壁が動いたようです。

古代図書館は4階が最上階のようで、北側にある階段は下に続いていました。
階段を降りてすぐにある北側のスイッチを起動。

目の前の中央の本棚に続く通路が回り、階下に行ける階段に変わります。
その階段で2階へ行き、北側に現れた通路から再び3階へ。

そしてようやく中央本棚の内部にある「いにしえの書庫」という、
禁書が置かれていた部屋へたどり着くことが出来たのです。


室内も今までと変わらず本棚が壁際に配置されていますが、
暖炉や石像(普通の)があったり特別な感じ。

本棚に近付いたエッケハルトがリーズレットについて書かれた本を発見。
内容はリーズレットを封印した時の話で、
魔力を吸い取るという聖獣を使って力を弱めた後、魔導書に封じて本は古代図書館へという内容でした。

その聖獣はミルレアンの森にいるというのですが、
いたのは倒してしまった魔女の手下であるムンババだけ。

それを伝えるとエッケハルトはひどく落胆した様子で、
本のページを見せてくれました。


(´゚д゚`)アチャー。
魔女の手下だと思ったムンババがその聖獣だったようです。

あんな醜悪な見た目だし、間違われても仕方ないよね・・・。

でもミルレアンの森に手下がいると教えてくれたのはシャール女王様。
ここでベロニカが本に書かれた紋章が、シャールの持っていた本に描かれていた物だと言い出します。


なんとこの紋章は禁書に刻まれているものだそうで、
それをシャール女王が持っていたとなると、シャール=リーズレットという事になるのでしょうか?

本当のことを確かめるためにシャールの元へと戻る事となったのです。

いにしえの書庫内にあるスイッチを起動すると、
1階へと通じる階段が通れるようになりました。

これで古代図書館の攻略は終わったので、今まで見つけた本をまとめておきます。
かなりの数だったので見逃しがあるかもしれません(‘ω’)ノ

1階では東と西の壁際本棚で読める本を発見。
2階では東と西と南と北にある4冊を、3階では東と東の通路の中と南と西と北にある4冊を見つけました。

このうち3階の西にある本は「属性アクセのしおり」というレシピで、
属性耐性に関するアクセサリーが制作可能に。


東側にある本は「大魔導のススメ」というレシピでした。
ウィッチハット、ウィッチローブ、だいまどうローブが作れるようになります。

4階は西側の1冊だけで、最後にいにしえの書庫に2冊ありました。

区切りが良いので今回はここまで。
44回目のドラゴンクエスト11プレイ日記を終わります。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO