43.ミルレアンの森でムンババ討伐!【ドラクエ11プレイ日記】

画像が全部雪景色です


前回の記事でクレイモラン王国に辿り着き、
魔女のせいで凍ってしまったクレイモランを助ける事になりました。

クレイモランにいたシャール女王から、
魔女がいる場所の情報を得たので、そちらへと向かいます。

場所はミルレアンの森で、
まずは城下町を出て東へと行き、クレイモラン地方からシケスビア雪原へと抜けます。

クレイモラン地方にはスノーベビーやヒノノギ山にもいたごうけつぐなどが出没。
雪国だという事もあり毛量が多いモンスターがいる感じ(*’ω’*)

スノーベビーはもっふもふ。ほしい。


このエリアにはお天気を教えてくれるウシの他にも、
北側にある小屋の中から「ちいさなメダル」をゲット出来ます。

東側にあるシケスビア雪原へと続く道は2つあって、
どちらでも同じ場所に行き来が可能でしたが、真っ直ぐにミルレアンの森へ行く場合は、北東から入りましょう。

シケスビア雪原から続くのはミルレアンの森と「ゼーランダ山」
どちらの方面にもキャンプ地があります。

このエリアは広いだけでなく階層仕立てにもなっていて、
細い道を通ることで高い場所に上る事が出来ます。

メイジももんじゃやクリオネオンなどの雪国特有のモンスターの他にも、
ルバンカという乗り物にもなるモンスターがいます。


ルバンカは突進をする事ができ、要所要所にある氷の塊を吹き飛ばすことが可能でした。

このエリアは半分が平地よりも高い丘で出来ているのですが、
氷を破壊したところと南東方向のクレイモラン地方の細い道から上がる事が出来ます。

そして上の北東には謎の巨大な建物が!!


明らかに目的地のミルレアンの森とは関係が無さそう(; ・`д・´)

マップには場所の名前すら載っていなかったので、
びくつきながら立ち入ってみると「古代図書館」と出ました。

人が使っている様子もなく、中はモンスターが蔓延っており、
少し戦ってみたところ強く感じたので、すぐに出てしまいましたが。

結局、後で来ることになったので、建物内の画像はまた後で載せたいと思います。

次に探索に向かったのはシケスビア雪原の北東方向。
ゼーランダ山へと続く道がある方ですね。

そちらにも何やら気になるものがありました。


小さな湖のようなところから氷漬けになった竜が顔をのぞかせております(´・ω・)
近付いてみましたが襲ってくることは無いようです。

この湖は「氷獄の湖」という名前だったので、
おそらくこの竜を捕えているという感じなのかな?

魔女の呪文はクレイモラン城下町にしか効いていないみたいだし、
多分、それよりも前から凍っているんだと思われる。

なにか出来るようなアイコンが出る訳でもなかったのでスルー。

ミルレアンの森へ向かうまでの道にある小屋の中には一人の考古学者が。
森が危険だとしか言ってくれなかったです。

小屋の裏手には宝箱があり「凍える武具」のレシピをゲット。
こおりのブーメランとこおりの杖を作れるようになりました。

そのままミルレアンの森へ。


今まで通ってきたシケスビア雪原の景色と何ら変わらず、
少しつまらないと思いながら進んで行くと、なんとデルカダール王国の兵士がいました。

こんなところまで追って来たのかとも思いましたが、
クレイモランの救援に来ていただけで、話しかけても捕まらなかったです。

先へと進んで行くとちらほらと他の兵士の姿が。
どうやら吹雪のせいで隊長とはぐれてしまったらしい。

その隊長というのに不穏なものを感じたわけですよ(遠い目)

ミルレアンの森は狭めですが、キラキラポイントも多いので、
回収するために歩いていれば、大体回りきると思います。

氷の道を通って川を横断する必要があるのですが、
つるーっと滑っていくので、そんな気も無かったのに敵と戦ったりもしましたが。


でも出てくる敵は大して強くもなかったのでサクッと進んで行きます。

西側にある行き止まりではいくつかの宝箱が置いてあり、
その中の1つからレシピブック「プラチナ盾目録」を発見。

プラチナトレイとプラチナシールドが作成可能になりました。

クレイモラン地方ではプラチナ鉱石が手に入るキラキラも多いので、
集めるのも比較的に簡単だと思います。

開けた場所に出ると女神像を見つけます。
キャンプ地ではないので回復は不可(´゚д゚`)

ここまではロウがLv.32でラリホーマを覚えただけでした。
ただ称号の「れんけい愛好家」も獲得したので良し!

女神像の奥へと進んで行くといきなり吹雪が強くなり、
仲間とはぐれてしまいました。


辺りを見回して見つからないので、
猛吹雪のなか1人で奥へと進んで行くと、行き止まりに出ました。

そこではグレイグと大きなモンスターが戦っています。

どうやらこのモンスターが魔女の手先の魔獣みたい。


激しい攻防を繰り広げている最中、
勇者の存在に気付いて気を取られ吹っ飛ばされたグレイグ。

そしてモンスターはとどめも刺さずに、なぜか勇者の方へ向かってきたのです(白目)

正式な名前はムンババ。
以前、どこかの島で出会ったマムーと同系種です。

仲間もいない1人でのバトルなので、MPなどは気にせずに全力で挑みます。

通常の攻撃では30前後のダメージを食らうのですが、
ムンババはダンスを踊って、自分の攻撃力を高めてきます。


2回ほどでHPが黄色になるほどのダメージを食らいます。

なので回復は必須なのですが、
その代わり、攻撃力が上がるのと同時に防御力が下がるのが唯一の救い。

流石にHPが満タンの状態から1撃食らっただけでは死にはしないので、
攻撃と回復を交互ぐらいで行っていきました。

バトル後はグレイグが最後のとどめを刺してくれました。

ムンババが消えた後は、グレイグが剣を向けてきたのですが、
その瞬間、吹雪が収まるのと同時に勇者たちの体が凍りだします。

そして空から氷の魔女ご本人が登場したのです( ゚Д゚)


魔女の目的はグレイグのようで、“あのお方”との約束だと言います。
今までだと“あの方”はウルノーガでしたが、
グレイグのペンダントが“あの方”とお揃いだというので今回は違うみたい。

ペンダントを奪った後に2人を殺そうとしてきた魔女ですが、
そこにベロニカたちが登場して、魔女に一撃を与えます。

魔女が逃げていくと2人の氷は割れたのでした。

落としていったペンダントを拾ったグレイグは、
やることがあると言って、勇者たちには目もくれず去っていきます。

これで一安心だと思っていたら、次には勇者が気を失って倒れてしまったのです。

では今回はここまで。
43回目のドラゴンクエスト11プレイ日記を終わります。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO