38.ブワチャット遺跡があるブチャラオ村へ【ドラクエ11プレイ日記】

メダルスタンプ帳の2ページ目


前回の記事でメダル女学園に到着しました。
探索の途中で区切ってしまったので、今回はその続きからになります。

図書室の次に向かったのは学習室みたいなところ。

1つの部屋にはシスターがいて、
黒板には謎の地図のようなものが書いてあります。


どこの地図なのかは書いて無くてどこだかはサッパリ分かりません。
でも×印の付いている箇所には、きっと何かがあるんだと思います。

隣の学習室にはかぐわしい匂いのするくさったしたいがいたり、
黒板にすごく上手なイラストが描かれていたりと、普通の学校といった感じ。

次に向かったのは2階。
ロビーの上は吹き抜けになっていたので四角い通路があるのみ。

でもそこからは学生寮に行く事が出来ます。
そしてその内の1つにてブリジットというリップスと遭遇。


友達には言えない相談があるとの事で、
「メダ女新聞放浪記」を引き受けました。

どうやら学校内で発行されているカベ新聞に恋のお悩みを相談したらしいのですが、
答えを見るのが怖くなったので
代わりに見てきてほしいというのです。

という事で早速2階の壁に貼られた新聞を確かめに行ったのですが、
風に飛ばされてしまって無いと言われてしまいます。

側にいたメープルという子によると、
怪鳥の幽谷の方へ飛んでいったから、谷にあるどこかの掲示板に張り付いているだろうとの事。

どういう理屈かは分かりませんが、後でいった際に確認しようと思います。

その他の学生寮1室のクローゼットから「ちいさなメダル」を獲得。

校長室へ行くために1階へ降りたところで、
校長室のすぐ横に命の大樹の根っこを発見!


いつも見かけるものよりも大きく、イシの村にあったものと似ていて、
触ってみるとなんと今までに見てきたイベントを確認する事が出来ました!

かなりの数があり、
イベントシーンをもう1度見たい人には嬉しい仕様ですね(*‘ω‘ *)

その後、校長室へ入って、
校長室を無視しつつ壷を破壊して「ちいさなメダル」を盗んでおきます。

そして校長へ話しかけると、勇者のメダル集めの才能を見出され、
メダ女の客員生徒に見止められました。


そしてスタンプ帳の2ページが解放。
さっそく押してもらうと5つ目の報酬であるメダ女の制服をゲット。

この制服はおしゃれ衣装で見た目が変わるものだったのですが、
女の子メンバーは全員が着る事が出来ました。

一番似合っていたのはマルティナだと思います(*’▽’)

これでサブクエを除くとメダ女に用事がなくなったので、
次は怪鳥の幽谷ではなくて、ブチャラオ村方面へ。

ダンジョンの前に普通の村に寄っておきたかったんです。

ブチャラオ村はメダ女を出てからずーっと南へ向かった先にあります。
横道も無いので迷う事は無いのですが、
道中にはザキを使ってくるプテラノドンの姿もあるので注意が必要(‘◇’)


ブチャラオ村の前にある遺跡群の周辺では
ぶっちズッキーニャやキラーアンブレラが出没します。

キラーアンブレラの色違いである「アンブレラン」にも会いました。
後で分かったのですが、こいつは雨の日しか出てこないモンスターだったのです。
普通のやつよりも強いので気を付けましょう。

ちなみに近くに天気を教えてくれるウシの姿もあります。

この辺りのモンスターは経験値が多く、
ブチャラオ村に到着する前に幾分かレベルが上がりました。

まずセーニャがLv.28でバギマを、
勇者がLv.30でベホイム、シルビアがLv.28でリベホイムを習得。

あまりポイントは使わなかったので、スキルパネルは進めていません。

ブチャラオ村に続く道中に看板を発見。
どうやらブチャラオ村にはブワチャット遺跡という物があるようです。


ブワチャット遺跡には有名な壁画があるそうで、
そのためとても観光色が強い町というわけです。
でも町自体はあまり大きくはありません。

手分けしてオーブに関する情報を集める事となりました。

広場にある建物の側で幾つかの宝箱を見つけ、
おじいさんからサブクエを受注

「明かりを絶やさず」というもので、
ブチャラオ村の至る所にさがっている提灯を直すための素材が欲しいという内容です。


必要なのはじょうぶな張り布で、キラーアンブレラが落とすとのこと。
村内部のイベントが終わったら行こうと思います。

村にある宿屋は準備中のために利用できず回復は出来なかった(´・ω・`)
やくそうなどを使うか、外のキャンプ地に行くしかありませんね。

装備屋の対面にあるお家の本棚で「ドラゴン装備図鑑」を発見。
ドラゴンスティックとドラゴンテイルが制作可能に。

聞き込みではブワチャット遺跡の話ばかり。

話によると壁画に書かれているのは女性で、見た人にかなりのご利益をもたらすそうです。
散らばった仲間の話を聞きつつ、
遺跡へ向かうために奥に進んでくと、丘の上でシルビアと女の子が話していました。


女の子は「メル」という子で、両親とはぐれて迷子になってしまったらしい。
泣いている女の子に代わって両親を探しに行く事に。

シルビアは村の方を探すという事で、
マトは遺跡内を探すためにブチャラオ遺跡へ。

ちなみに遺跡の前には鉄格子の扉がある建物があります。

遺跡に入る前に裏に回り込むと、
宝箱に入った「盗賊の仕事道具集」というレシピブックがあります。


これでブラッドピックとソードブレイカー、かげのターバン、
ぬすっとグローブ、くらやみミトンが制作可能になりました。

1つのレシピでこれだけ色々な種類を覚えられるのは凄いですね。

遺跡の中に入る前にやっぱりHPが気になってしまったので、
探索をしながらキャンプ地へ向かいます。

ブチャラオ村より更に南へ進んで行くわけですが、
途中で宝箱に入った「ちいさなメダル」を発見。

そしてキャンプ地で休憩した後は、まだ行った事の無い奥の道へ。

海に面した崖を進んで行くと、別エリアへ移動します。


メダチャット地方の地図では、
どこに通じているかの記載がなかったのですが、
「岬のほら穴」という場所に出ました。

中はそこそこ広いものの行き止まり。
でも昔に誰か使っていたようで、本棚には「ネルセンの秘伝書 水の巻」が。

結局読めませんでしけど。

という事でこの後、ブチャラオ村に戻ったのですが、
今回はここまでにしたいと思います。

38回目のドラゴンクエスト11プレイ日記でした。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO