3.勇者の生まれ変わりとしてデルカダール王国を目指す【ドラクエ11プレイ日記】

エマとお別れ


前回の記事でイシの村の探索を一通り終えたので、
ようやく先へ進もうと思います。

レッツ・勇者の家へ!!

自宅は村の中に流れる滝のすぐ近くで、他の家よりも少し高い位置にありました。
ルキが扉の前にいるのですぐに分かると思います。

帰ってすぐに神の岩で会った事を話すと、
なにやら神妙な面持ちになり、緑色の綺麗な首飾りを渡されます。


そしていきなり「勇者の生まれ変わりなんだよ」と言われます。

首飾りやこの話は勇者を拾ったおじいちゃんが言っていたそうで、
成人の儀式を終えたらダルカダール国へ向かわせるように言付かっていたそうなのです。

次の日には旅立つことになってしまい、
勇者は眠れぬ夜を過ごす事になり、少し自由行動の時間が作られました。

ペルラに話しかけると夜風に当たってこいと言われたので外へ行くと、
不思議な木の前にエマの姿を見つけます。

勇者だけでなくエマも眠れなかったらしい。

エマは明らかに勇者の事が好きなのに、
それでも応援するように笑顔で話していたのですが、最後には涙をこらえきれなかったようです(´;ω;`)


勇者もなにぼーっと見てんだよ!
引き止めて一緒に行こうぐらい言えばいいんだよ( `―´)ノ

まぁ、エマは役立たずだけど可愛いから、癒されるから、
着いてきてほしいマトである。

しかし無残にもそのまま次の日になってしまいました(白目)


旅立ちようのきちんとした服を着せてもらい、お金も貰ったので、
まずは道具屋に行って旅立ちの準備をします。

まだ序盤も序盤なのでピンチに追い込まれる事の方が少ないと思いますが、
一応やくそうを少しだけ買っておきます。

武器も売っていたのですが、
最初はそんなに焦って買わなくても問題ないだろうし、城下町の方が良い物を売っているに決まっているので見送りました。

更に村の中で初めてのサブクエ「みんなにやさしく」を受注する事が出来ました。
場所は勇者の自宅前の坂を下ったところ。

紫色の吹き出しが出ているので、とても分かりやすいです。


依頼の内容は「かぜきりのはね」を取ってこいというもの。
入手場所は勇者の自宅の屋根上です。

依頼の品は既に探索を行って入手済みだったので、
すぐにクリアする事が出来ました。

報酬として「ゆめみの花」を貰って終了。

ちなみにこのクエストは、この時点でクリアしておく事をおすすめします。
理由は進んで行けば分かるかと。

準備を終えて村の出口へと向かい出立しようとすると
村長やペルラに加えて村の皆がお見送りしてくれるようです。

勇者の生まれ変わりであるという話もすんなり受け入れてくれた様子。
しかも村長は勇者を育てた村という事でご褒美が貰えるかも♪と喜んでいます。

世界地図と馬を貰いました。
最初から馬が使えるなんて、すごく太っ腹ですね(*’ω’*)

そして馬に乗り、いざ旅立ちだ!と思っていたら、
居なかったエマがようやく姿をみせました。


なんと勇者の為に急いでお守りを作ってくれたというのです!
だから遅れてしまったのですね。

道中はモンスターが出て危険だからと、安全を祈って作ってくれたよう。

昨夜の涙から一変して吹っ切れたのか、
元気で帰ってきてほしいと背中を押してくれたのです。

でもマトは引き留めた方がいいと思うなぁ(´゚д゚`)
エマがいないと勇者って、すぐ違う女の子といちゃつくに決まってるもん。

まじフローラは思い出深いもん。

村を出てすぐの場所に「馬呼びの鈴」がありました。
きちんと地面に設置されているので、馬を呼ぶときはこれがある場所じゃないといけないみたい。

好きな時にどこでもという訳にはいかないのか・・・。

この時、一度村のなかに戻ったら、
通せんぼされていた神の岩方面の道が解放されていました。

テオおじいちゃんがよく釣りをしていたという桟橋にも行けます、何も無かったけど。

改めてデルカダール地方へと出て、先を進んで行くのですが、
せっかくなので徒歩でうろついてみます。


デルカダール地方はまだまだ狭く、広大な世界を感じる事は出来ません。
ただ最初だしこのぐらいでちょうど良い感じがしました。

そういえば久しぶりにオープンワールドじゃないゲームを遊んだのですが、
ストーリーをしっかりと追いかけていくというのも、集中出来て楽しいです(*’ω’*)

フィールドにいる敵は神の岩でいたものに加えて、エリア別にいろいろ出てきます。

どうやらデルカダール地方といっても、
更に細かく分類されているようで、出てくる敵も少しずつ変わってくるみたい。

イシの村を出たすぐの場所「旅立ちの丘」ではスライムやおおがらすなど、
トンネルのような場所を通り抜けていくと、
いっかくウサギやズッキーニャなどが出てくるようになります。


更に夜になる事で辺りに出るモンスターは変わるらしい。

まだ序盤だということも基本的には1戦ぐらいではやくそうも使う必要もありません。
しかもすぐにレベルが上がるので、
マトは敵を襲っては戦っておきました。

ちなみに敵は少しすると復活する無限湧きなので、経験値が高い奴を狙っていく事も。

マップで確認すると今までと同じく道のりが表示され、
更には○ボタンで地図メニューを開くと、「採取できるもの」からこの地域で手に入る素材を確認出来ました。


最初は???と表示されているものの、1度採取したらきちんと書かれます。

かなり便利なので最初は取りにいって、
何が出るのか分かっておくと後々楽になりそうです。

戦っている内に突然勇者が青い光を放つ「ゾーン」状態に。
これは敵からの攻撃を受けるなどをするとなる状態で、
攻撃力や防御力などが一時的に上がります。

ゾーンは何回か行動すると消えてしまうのですが、
次のバトルへの持ち越しも出来るので、一度なると暫くは優位に進める事が出来ました。

更に勇者のレベルが5に上がるとホイミを覚え、
それと同時に「スキルポイント」なるものを獲得。

ドラクエ11にはポイントを使ってスキルを覚えていく
「スキルパネル」というものが用意されています。

早速確認してみました。


キャラそれぞれで覚えられる種類が違い、
勇者は「片手剣・両手剣・剣神・ゆうしゃ」の4種類。

どれも種類にも魅力的なものが用意されていましたが、
マトは迷わず片手剣スキルを先に進めていく事にしました。

理由は「メタル斬り」を覚えるから(`・ω・´)ゞ
いつメタルスライムと会っても良いように、早めに覚えておいた方が良いと思ったのです。

ただゆうしゃで覚えるニフラムも魅力的だよねぇ。
MPも少ないしポイントも少なかったので、こっちもおすすめかなぁ。

スキルパネルは好きなスキルをすぐに覚えられるものではなく、
解放済みから繋がるように隣あったパネルしか解放できないので、まずは「かえん斬り」をゲット。

お馴染みの序盤で使える強い技ですね(*’▽’)

デルカダール王国を目指して進んでいると途中でキャンプ地を発見。
そこには女神像なるものもありセーブをする事も出来ました。


キャンプ地というだけあって休憩できるのは外にある焚き火跡。
決して建物内では休ませてくれないという、ケチさを発揮されます(白目)

ちなみに小屋裏に宝箱がありましたよ(コソ)

さらに裏手にあった井戸の中も入る事が可能で、
中は井戸と思えない広さがあり採取ポイントが1つあります。

地図に載っていた「ナプガーナ密林」と「デルカコスタ地方」は、
通行止めになっていて行けなかったので、そのままデルカダール王国へと進みます。

最後に今回も「アタック好き」「草原のそうじ屋」という称号をゲット出来ました。
案外簡単に手に入るらしい。

では3回目のドラゴンクエスト11を終わります(`・ω・´)ゞ

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO