27.仮面武闘会でのマルティナが綺麗すぎる【ドラクエ11プレイ日記】

気の強いベロニカも好き


前回の記事で仮面武闘会に一緒に参加する相棒が決まりました。
今回は抽選会の後からスタートです。

すぐに大会は始まらないらしく、
エレベーターを出て受付の方へ歩いていくとセーニャが待ち構えておりました。

勇者なら大丈夫だと応援してくれたのですが、
同意を求めた先にベロニカの姿がありません。

先程まで一緒に居たのにと不思議がっていると、受付の外から騒がしい声が聞こえてきます。


するとまたしてもベロニカが他の人に絡まれていました。
ダーハルーネに続き災難だね(-.-)

今回は歩いている時にぶつかってしまったらしく、
どちらが悪いかの言い争いが行われています。

相手の事を筋肉ダルマと呼んでしまう気の強さがトラブルを呼んでいる気もする。

相手もかなり怒っているし助けないとやばいんじゃないかなぁと思っていると、
勇者たちより先にハンフリーが現れ事態を治めてくれました。

さすが前回チャンピオン、とてもスマートな解決です。


そこでベロニカに駆け寄った勇者とセーニャ。
ハンフリーは次の日宿屋に勇者を迎えに来ると言い残して、孤児院で待つ子供たちの元へと帰っていきます。

という事で今夜は宿屋に宿泊するのですが、
武闘会の時は参加者は無料で泊まる事が出来るらしい。

朝になるとハンフリーが迎えに来て自動的に闘技場控室へと連れて行かれます。
セーブポイントはあったので、
泊まる前に忘れてしまった人も安心ですね(´艸`*)

ハンフリーの元へ行くと予選大会が開始。
まずは勇者&ハンフリーVSベロリンマン&ガレムソン戦です。


相手の作戦は勇者を先に倒して、
ガレムソンのキングスライム級のお尻でハンフリーを潰すというもの。

どうでも良いけどベロリンマンの仮面がマジ顔の一部(笑)

相棒と言っても操作できるのは勇者のみでハンフリーは自由行動。
こうげきは1回ずつで、かなり弱いので、HPを気にすることなく攻撃に専念していきます。

ただゾーン状態になってのれんけい技の後は、
一応回復はしておいた方が良いかな?

攻撃力的にはどちらから倒しても同じそうだったのでマトはガレムソンから。
でもベロリンマン1人になると分身の術を使ってきたので、
ベロリンマンを優先した方が良かったのかもしれません。

もしマトのようにベロリンマンが残って分身をした場合は、
さしてHPは高くないので、全体攻撃魔法のベギラマなどを使って減らす事をおすすめします。

無事に1回戦を勝ち抜くと一度控室に戻されたのですが、
その隙に姫とおじいさんのタッグの戦いが行われておりました。


明らかに姫は勇者が赤ちゃんの時に一緒にいた女の子だよね(*’▽’)
髪型とか、目つきとか。

姫ねぇ・・・。

そして姫の相手は、なんとカミュ&モブでした。
今まで他の仲間が参加している描写無かったので、いきなり出てきてビックリです。

まぁ、虹色の枝が欲しいなら確率を上げるのは当然かな。


しかし姫がかなりの強さで、カミュチームは負けてしまったのでした(; ・`д・´)
女武闘家と呼ばれている姫の華麗な足さばきに惚れ惚れです。

何気にこの時初めて2人の名前を知った気がします。

その後は決勝トーナメントに進んだという文面だけで予選は終わりました。
もちろんおじいさんもとい「ロウ」と姫もとい「マルティナ」も決勝戦進出です。

決勝戦は次の日に行われるという事で、1度ハンフリーとはお別れ。
そして負けてしまったカミュがベロニカに責められております。

2人が言い合いを続けている中、そこへマルティナとロウが通りかかります。


仮面無しのお顔。
マルティナはやっぱり美人だし、ロウはほっぺがジャムおじさんでした。

そこでマルティナが勇者に「ハンフリーに気を付けろ」と言い残して去っていったのです。
今までの会話などからハンフリーは良い人だなぁと思っていたので、
ちょっとびっくり( ゚Д゚)ナニゴトカ

みんなも今の言葉に疑問を持ったようですが、
セーニャによると町で大会参加者が行方不明になっているから、ハンフリーの身にも何かあるのかもと言い出します。

気を付けろという言葉でその人自身を案じて疑わないとかセーニャ純粋すぎ。
マトは自分の心の汚さを知ったね(遠い目)

相棒の身が心配になったので、ハンフリーの元へ行く事になりました。

孤児院の方へ向かうと防具屋の前でハンフリーを発見。
そのまま追いかけていくと教会の前で殴られそうになりました(´・ω・)

変な奴につけられていると思ったらしい。無実や。
ハンフリーも行方不明事件を気に掛けていたらしい。


誘われるまま教会の中へ。
そのまま中庭に移動してハンフリーの話を聞くことが出来ました。

ハンフリーは大会の優勝賞金で孤児院の経営を支えているそうです。

そして話すまま夜も更けてきた頃、何やらハンフリーの部屋の方から物音が。
教会の1階、角にある部屋へ大急ぎで向かいます。

ハンフリーに続いて部屋へ入ると、
室内は泥棒に入られたらしく、めちゃくちゃに荒れていました。

しかし今は大会に集中するという事で、
教会に泊まるように勧められ、そのまま朝を迎えます。

起きるといきなりハンフリーが目の前にいて、大会へ連れて行かれます。
決勝トーナメント最初の試合は、
勇者チームVSサイデリア&ビビアンチーム。

女の子2人組という事で、会場の歓声もすごいです(*´ω`*)


しかしその可愛さに惑わされていたら、苦戦する一戦となってしまいました(白目)

まずは魔法攻撃を使ってくるビビアンから倒すのがおすすめ。
魔法攻撃力がかなり強く、1発で半分ほど削られてしまいます。

その代わり、サイデリアの攻撃はそこまで強くありません。
と言ってもベロリンマン達よりは断然強いです。

勇者が2回に1回は回復をするペースで、攻撃はほとんどハンフリーにお任せ。
ただビビアンは回復も行うので、手が空いたら出来る限り勇者も叩いていきましょう。

HPはそこまで高くないので慌てずに。
サイデリア一人になってしまえば、後は一気に叩いていていくだけです(`・ω・´)ゞ

この時、勇者のレベルが25になりメラミを覚えました。

無事に決勝トーナメント1戦目を終えたところで、今回の記事は終了。
27回目のドラゴンクエスト11プレイ日記を終わります。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO