26.グロッタの町で開催される仮面武闘会【ドラクエ11プレイ日記】

新しい仲間とも出会います


前回の記事でネルセンの宿屋に滞在。

ここで引き受けられるサブクエも終わらせたので、
話に聞いた「グロッタの町」を目指して、ユグノア地方へ向かいます。

その前にスキルパネルを進めておきました。
勇者がゆうしゃスキルのディン、
ベロニカが両手杖スキルのしゅくふくの杖、セーニャがたてごとスキルの大地の旋律を習得。

本当はもっとポイントが貯まってから覚えていきたいんだけど、
レべルアップで貰える量と必要量が釣り合わなくなってきてしまいまして。

早く強くなって欲しいしね(´艸`*)

余談ですが、この時キラキラを探しながら進んでいたら、
1つだけかなり見つけにくい箇所にありました。


ここは風車の上なのですが、前回の記事でも書いた通り扉は開かないので、
宿屋の2階ベランダから飛び移る必要があります。

たいしたものではありませんでしたが、一応載せておきます(`・ω・´)ゞ

それと前回の記事で書き忘れましたが、
ベランダの宝箱から「ちいさなメダル」がゲットできます。

では改めましてネルセンの宿屋を出立し、
バンデルフォン王国跡の横を通り過ぎて北を目指します。

岩場に挟まれた細い道を抜けると景色はごつごつと岩場が目立つエリアに出ました。
枯草が目立つ広いエリアでは、
デンデン竜やダンスニードル、ふくめんバニーなどが現れます。


更にはカンダタに似ている変態や緑色の小鬼などなど。

大きな沼があるのですが、そこから北へ進んだ先が「グロッタの町」、
西南方向にユグノア城跡があるようでした。

大きな沼は側にいるビーライダーに乗ると、
飛んで離れたところにある陸地へ行く事が出来ます。

宝箱などもあったので気になる人は取りに行きましょう。

どうでも良いですが、この頃勇者の役立たずさが目立ちます(・´з`・)

オールラウンダーであるせいか、どれも微妙なんだよね。
回復力はセーニャが強く、魔法ならベロニカが強い、
通常攻撃に関してもシルビアとカミュの方がだいぶ多く削れるといった状態です。


これでも武器や防具はきちんと揃えていると思うんだけど・・・。
それでもメンバーに入ってるのは勇者だから入れておかないとという義務感のみ(白目)

ユグノア城跡は気になりますが、とりあえずはグロッタの町へ。

巨大な石像の並んだ間を通っていくと、
今までの町とは違い大きな城塞にも見える建造物が。

町の入り口なのかなと思って入ってみたところ、
町はすっぽりと建物内に入っているという構造でした。

段々になって地下に下層が続いていく感じですかね。

入って真っ直ぐのところにはグレイグの巨像が着いた建物が。


シルビアによるとグロッタの町は屈強な戦士が集まっているらしい。

すると近くにいたバニーガールから、
今度開かれる予定の仮面武闘会についての案内を渡されます。

コロシアムで行われるタッグ戦との事で、優勝すると豪華賞品が手に入るそう。
ただ聞くところによるうとタッグはランダムで決まるらしい。

様子を見に参加受付所に向かう必要があるのですが、
その前にある程度、町の中を見て回りました。

町は三階層ほどに分かれていて、入り口とコロシアム受付けがあるのが中層。
下層には装備品屋がある住宅街となっています。

下層に降りて武器屋横にマスク・ザ・ハンサムという、自分大好きなお名前の方が。
どうやら仮面武闘会に出る予定らしい。


そしてそのマスク・ザ・ハンサムのすぐそばにある横道の奥で、
壷の中から「ちいさなメダル」を発見。

町の人達の話はもちろん仮面武闘会の話題で持ち切り。
出場予定の人達の話を多く聞くことが出来ました。

その中でも前回優勝者のハンフリーに関しては、複数人が話題にしています。

ハンフリーは孤児院の出身らしく、
下層にある教会内で生活しているという情報を得たので行ってみます。

教会と孤児院が一緒になっているのでかなり広く部屋数も多め、
下へ続く階段からは中庭に降りる事も出来ました。


中には多くの子供の姿も。

ある部屋の本棚からレシピブック「私は蝶になりたい」を発見。
バタフライダガー、バタフライマスクを作れるようになりました。

しかし肝心のハンフリーは留守。
せっかく出場者を見に来たのに(´・ω・)

その後は上層へ。
上層は円形の通路全体が酒場になっています。

隅っこのところでぱふぱふ屋と遭遇したので早速お願い。


しかし聞こえてきたのは「ぱふりんこぱふりんこぱふっちょすーや!」という謎の呪文でした。

今回は女の子にモテるようになるおまじないというオチ。
そして勇者は既にモテていますよ! エマから(´艸`*)

酒場のエリアには仮面武闘会に出場する人が多く来ていました。

女の子二人で訪れたビビアンとサイデリア、
店員にいちゃもんを付けているガレムソン、そして舌をベーっと出したベロリンマンなどなど。

酒場の中には上に続く階段もありましたが、
こちらは観客席に続いているらしく進行不可でした。

そろそろ仮面武闘会の受付へ向かいます。
人だかりが出来ている中を進んで行くと、カウンターの両脇には今回の豪華賞品が置かれているのを発見!

そしてその中の1つが探し求めていた虹色の枝だったのです( ゚Д゚)


そうとなれば仮面武闘会に参加して優勝するしかありません。

1位になると虹色の枝が2位になると「イエローオーブ」が貰えるらしい。
カミュが頑張って手に入れていたレッドオーブの色違いですかね。

参加するために受付に声を掛けると、
仮面と11番の抽選番号を受け取りました。

これからパートナーを決める大抽選会が行われるとの事で、
3階の闘技場へ向かいます。

この時、誰とパートナーを組む事になるのか分からなかったので、
一応メンバーの装備品を見直したりしてから。希望はベロニカだな(´艸`*)

という事でエレベーターに乗って3階へ。
階段で屋上に上がるといきなり抽選会が始まりました。

司会者がいきなり11番のボールを出して、勇者をステージに呼びます。
そしてかなりどきどきした結果、選ばれたのは8番。


黒い長髪と美しい足が印象的な美人さんです(*´ω`*)
仮面をしてても美人だと分かる。

そしてこの人はパッケージに載っている人のようなので、お仲間になる方でもあるようです。

せっかく準備してきたのにメンバーから選ばれるんじゃないのか、とは思いましたが、
美人さんなので大歓迎だなぁと鼻息荒くしていたら、
小さなおじいさんが待ったの声を掛けてきました( ゚Д゚)

勇者をどこの馬のホネとも分からんと言い、
姫の相棒にはふさわしくないと言い出します。


色々と気になる箇所はありましたが、何やら耳打ちをされた司会者が、
おじいさんと姫をタッグにしたため、勇者のパートナーハ選び直しに。

ちなみにこの小さなおじいさんもお仲間になる一人だと思われ。

そして最終的に勇者の相棒になったのは前回チャンピオンのハンフリーでした。
心強そうなお兄さんだったけど、美人なお姉さんの方が良かったわ(白目)

その後は何事もなく抽選は終わったのでした。

では次の記事では仮面武闘会に参加したいと思います。
26回目のドラゴンクエスト11プレイ日記を終わります。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO