14.荒野の地下迷宮でセーニャを発見しました【ドラクエ11プレイ日記】

本来のベロニカが知りたい方はOPで!


前回にて荒野の地下迷宮に突入したのですが、
1つ目の命の大樹の根っこを調べたところで終わってしまいました。

ぶつ切りな感じで終わらせてしまったので、今回はいきなり始まります。

根っこから見せてもらった過去の映像も終わり、
探索再会だと思ったら、なんとすぐ横の箇所でまたしても落っこちてしまいます(白目)

この場所の事を言っていると思わなかったんだよ(´゚д゚`)

落ちた先は前に落ちた箇所の更に奥で、
鍵のかかった扉の向こう側でした。

すぐに行き止まりになるのですが、その場所に光るモンスターを発見。


スカルライダーという見た目ままの名前で、
倒すと骨の部分に乗れるように。

R2ボタンで出来る事はダッシュでしたが、これが特技という訳ではありません。

地下2階の西北に行き止まりに見える通路がありますが、
壁に獣の足跡のようなくぼみが描かれており、スカルライダーではこの場所を登る事が出来るのです(`・ω・´)


これで上の階へ戻れるのですが、
先程地下2階の扉の内側に落ちたので、一応今後の事も考えて鍵を開けておくことをおすすめします。

上に戻った後は、最初の落とし穴で回収できなかった宝箱を拾っておきます。

1つ目の根っこの真北の通路2本は両方とも落とし穴なので、
東側の通路から奥を目指していきます。

ちなみに東側の行き止まりにあった宝箱から「ちいさなメダル」をゲット出来ました。

他にも落とし穴が幾つかあったので、
落ちて登ってを繰り返して探索を続けていきます。

ただマップを良く見れば落とし穴がある場所は分かるので、
クリアだけを優先するのなら、地下2階の端っこがある真上は通らないようにして進みましょう。

マトは全部の穴に落ちてみたので、マップに印をつけておきます。


青色の丸が落とし穴。
かなり小さくなってしまったので、パソコンで見ると良いかも(`・ω・´)ゞ

北側へ移動すると後は1本道が続くだけのようで、
扉を開けるとセーブが出来るいつもの女神像がありました。

ここで一旦休憩が出来るなぁと思っていると、
ベロニカが倒れている女の子を発見!

どうやらこの子が探していた妹のセーニャのようです。


ベロニカが心配して声を掛けますが、
セーニャは寝ていただけだったらしく、随分のんきなあくびをしつつ起き上がります。

ベロニカを見たセーニャはすぐに自らの姉だと分かったものの、
話を聞いていたカミュは自体が掴めず話を聞きます。

ベロニカとセーニャは実は双子なので、
ベロニカが攫われた際に魔力を吸われ、それに抵抗している内に年齢の方も吸い取られてしまったそう。

この話を聞いて初めて気付いたのですが、
OPで出てくる赤い服の女の子は、本来のベロニカなのですね!

この先にいるボスを倒せば元に戻るかもしれないとの事。
ここから先はセーニャも加わって先へ進みます(*´ω`*)

セーニャは回復魔法が主なので、HPの事はあまり気にしなくて良くなりますね。

真っ直ぐ進んで行くと2つ目の根っこに到着。
今度は影のモンスターが合言葉を言って部屋に入るシーンでした。


それを見習って勇者も奥の前で合言葉を唱えます。
ちなみに合言葉を覚えている必要はなく、
映像を見ただけで勝手に言ってくれました。

中にいる敵に気付かれないように覗き見ると、
大きな太っちょドラゴンと、先程入っていった影が2体。

マトは影のモンスターをコナンの犯人的に分からないように映しているだけだと思っていたのですが、
実際あの見た目だった事にびっくり( ゚Д゚)

太っちょドラゴンがベロニカを逃がした事についてかなりご立腹の様子。

その前に置かれた壷に魔力が封じられている事までは分かったのですが、
話をしている最中に後ろから現れた影に見つかってしまいました。

一行は太っちょドラゴン「デンダ」の前に出てしまい、速攻でバトルに。


デンダと影もとい「デンダのこぶん」が3体。

ベロニカ同様にセーニャにも指示は出せませんが、
回復をメインにバフ・デバフ系の魔法で補助を行ってくれます。

まずはこぶんから倒していきましょう。
カミュがブーメランを使うので、勇者もいちおうグループ対象の魔法を使って一気に減らします。

ちなみにベロニカはなぜか魔法をあまり使ってくれず・・・。
たぶんレベルが低くて、使える魔法がまだ少ないんだと思う(´゚д゚`)

物理攻撃力はかなり低いので、あまり期待しないように行動しましょう。


デンダの「つめたい息」は強めなので、
HPは常に半分以上を保つようにしておくことをおすすめします。

デンダだけになったら、
勇者のドラゴン斬りを使ってしまえばすぐに倒せることかと思います。

デンダは霧となって消え、魔王の事については詳しく聞けず。
ですがベロニカは壷を手に入れられてご満悦。

さっそく壷の蓋を開けると
中に溜められていた魔力が紫色の煙になって噴き出ました。

ベロニカの体が包まれたのでこれで姿も戻ると思ったのも束の間、
煙が消えてもベロニカは先程と変わらない姿のままです。


魔力は完全に戻ったようですが、年齢までは戻らなかったそう。
ベロニカ自体はさして気にした様子もなく、セーニャも笑って終わり。

それよりもと話は勇者のことへと移ります。
セーニャとベロニカは勇者が“勇者”であると一目見た時から分かっていたらしく、
自分たちは勇者を守る宿命を背負った「聖地ラムダ」の一族だと告げ、これからは自分たちが守ると言ってくれました。

まだ話したい事はあるけど、次はルコちゃんのお父さんを見つけなくてはいけません。

称号「命の大樹に選ばれし勇者」をゲットしてから、
更に奥の部屋へと移動します。

奥の部屋は幾つかの牢屋が並んでおり、
その一つに幸の薄そうな男性が1人。


この方がルコちゃんのお父さんで、名前は「ルパス」さん。
ホムラの里にルコちゃんを預けていると教えてあげました。

その時、ルパスという名前をどこかで聞いたことがあるとカミュが言葉にするのですが、
それを聞いてルパスさんは不自然に慌てると走っていってしまいます。

ちょっと引っ掛かりましたが、勇者一行もホムラの里へ戻る事となりました。
歩いて戻る必要はなく暗転後自動で里へ帰り、そのまま朝になります。

ちなみにホムラの里でのイベント後、
地下牢をきちんと見たくて地下迷宮へ戻り幾つか宝箱がある事も確認しましたが、結局鍵が掛かっていて回収ならず”(-“”-)”

また今度、鍵を手に入れたら来ようと思います。

という事で今回はここまで。
14回目のドラゴンクエスト11プレイ日記でした。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO