12.ホムラの里で出会う赤い帽子の女の子【ドラクエ11プレイ日記】

お風呂屋でのせいすいってなんだ


前回の記事でホムスビ山地に到着。
目の前にホムラの里があったので、探索を中断して入ってみる事にします。

ホムラの里は日本的な雰囲気のある村でした。

村は竹やぶで囲まれており、
階段には真っ赤な鳥居、村には温泉もあるようです。


入って早々、入り口付近にいた髭を生やしたおっさんが笑顔で近付いてきました。

旅をしていると分かると、
奥にある蒸し風呂で休んではいかかですかと誘ってきます。

100名までは無料だと言ってくるのですが、
デルカダールの事もあり非常に胡散臭く感じてしまいました(白目)

カミュも最初は断ったのですが、
おっさんに不審者に思われると言われてしまった事で自分の臭いを気にし、結局入る事に。

カミュは先に向かうと離れたので、
勇者は1人で村を調べる事になりました。

外観と同じで民家の中の作りもござのようなものが敷かれています。
でもその上にベッドというちょっと変な組み合わせ。

里の地上階の西側にある民家の裏手にて、
宝箱に入った「ちいさなメダル」を見つけました。


更に宿屋裏手には「よろい作り入門」のレシピブックが。
これでせいどうのよろいを作れるようになります。

里の上層へと続く西側の階段を上ると、
武器などを作るのに使っているような大きな鍛冶場を発見。

中央にいた人からサブクエ「親方の採掘指南」を受注します。
鍛冶の材料が足りなくなってしまったので、
てっこうせきを持ってきてほしいと言う内容です。

まだ手持ちがなかったので後で取りに行かないと・・・(`・ω・´)

村の西側にある階段から上に行くと、
村を治めている人が住んでいる大きなお屋敷が現れます。


そうは言ってもメインでは来る必要がない場所なのか、イベントがある訳ではなかったです。

それでも村長であるヤヤクさんの息子ハリマさんが、
火竜に殺されてしまった話など、ちょっと気になる内容を聞くことが出来ました。
多分、いつか関わってきそうだよね。

ちなみに壁際の通路に宝箱があって、うちなおしの宝珠をゲット出来ます。

目ぼしい場所を回り終えたら、蒸し風呂へ行くために
東側にあったもう一つの階段を上っていくのですが、上にあった酒場が何やら騒がしくなっていました。

強い勢いで店から追い出された女の子。
その赤いとんがり帽子は、ゲームのパッケージに載っている姿です!


どうやらはぐれてしまった妹を探すために酒場を訪れたようですが、
子供がそういう場に入れては貰えず、店員さんに追い出されたよう。

かなーり怒っている様子(‘;’)
里の入り口にある詰め所に行けと言われ、プンプンしながら向かおうとします。

そして歩く先にいた勇者に気付きました。

そしてハッとしたように名前を聞いてきたので答えると、
何やら思い当たるふしがあるらしい言葉を残して去っていきます。

今は妹の方が心配なんだって。
でもこれからどうやって仲間になるんだろう(*’ω’*)

少女が去った後に酒場の周りをうろついていると
ホムラの里2人目のサブクエ依頼人を発見!


結婚祝いに「きんのゆびわ+1以上」をプレゼントしたいけど、
自分に繊細な指輪作りなんて無理だから勇者に作ってほしいと頼んできたのです。

という事で「鍛冶職人の親心」を引き受けました。

肝心のレシピブック「黄金の指輪入門」と、
必要な素材であるきんのこうせきは貰う事が出来ます。

ちなみにこのレシピブックではきんのゆびわの作り方しか覚えません。

これも先ほど引き受けたのと同時にクリア出来れば良いなと思うので、
とりあえず放置してメインへ。

酒場の横を通って更に上に行くと蒸し風呂屋さんがあります。


建物の前には通り過ぎたカミュに目をハートにする彼女や、
デルカダールから訪れたというセレブおばさまが居たのですが、その中でも一人のおっさんに中に行く事を止められたのが気になりました。

なにかに怯えている様子にマトもびくびく(´・ω・)

しかし怖がっていても仕方がないので中へ。
里の入り口であったおっさんに話しかけると、カミュは既にお風呂の中へ入ったとの事。

普通のお風呂屋さんらしく番頭さんもいるし、
男湯と女湯できちんと通路が分かれています。

ちょっとした好奇心で赤いのれんの方に入ろうとしたら、案の定止められましたが(白目)

なので仕方なく男湯の方へ。
入ろうとしたらお風呂着に着替えさせられます。


なんだかスーパー銭湯を彷彿とさせられるわ。
これぞまさしく布の服ですね( ´艸`)

一本道を進んで脱衣所を抜けるとカミュの姿を発見。

だいぶ前から居たのかと思うのですが、
相変わらずのツンツン頭でお出迎えされ、他にお客がいない事を教えてもらいました。

オープンしたばかりで無料キャンペーン中なのに貸し切りって、
やはりちょっと危ないんじゃないかと不安になったわ(遠い目)

変わった事が無かったか聞かれたので、酒場で見かけた少女の事を報告。


カミュも見かけたらしく、何かを思い出すように兄ちゃんや姉ちゃんは苦労するという言葉を漏らしました。

ははぁ、カミュは妹がいるな(‘ω’)ノ

そんな会話を続けていると、2人以外の声が聞こえ、
湯気の中から黒髪おかっぱの少女が姿を現したのです!

最初はお化けだと思ったのですが、どうやら実在している子みたい。
お風呂屋さんの前に居たおっさんが言っていたのはこの子のことかな?

話を聞くとどうやら迷子らしく、お風呂屋に行ったきり帰ってこない人を探しているそう。


なぜ男湯にいるのかという疑問は残りますが、
酒場で見かけた少女が言っていたのが、この子だと予想を付けて連れて行く事にします。

ちなみにこの子の名前はルコちゃん。

少し元気になったルコちゃんを引き連れて、とりあえずはお風呂屋を調べます。
蒸し風呂内の端っこで「せいすい」を拾う・・・。

風呂場でせいすいって汗か!((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

恐れおののきながら勝手口からバルコニーへ抜けると、
なんと女湯の勝手口もあって普通に入る事が出来ました。

こちらでもせいすいをゲット・・・。

女湯の勝手口から入って風呂屋入り口の方へと抜けると、
番頭さんに注意されてしまいましたが、称号「飽くなき探究者」を貰えたので良しとしましょう。

再び男湯の方から入ってバルコニーの奥へ行くと、
ドラクエ11ではお初にお目に掛かります、「ぱふぱふ屋」に遭遇(*’▽’)

20ゴールドを払ってお願い(照)


ぱふぱふに満足していると、
よこしまな大人を後ろからルコちゃんが眺めていました(白目)

・・・こちらでも称号「はじめてのぱふぱふ」をゲットです。
もう何も気にしちゃいけないんだ・・・。

お風呂場で出来る事はこれくらいだったので、
次の記事では酒場で会った女の子の元へ向かいます。

では12回目のドラゴンクエスト11プレイ日記でした。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO