1.新たなる勇者の冒険に出発だ!!【ドラクエ11プレイ日記】

ようやくドラゴンクエスト11が発売されました!

購入したのはPS4版。

数日前からドキドキし過ぎて、ずーっと家で騒いでいたのですが、
その気持ちから解放されてワクワクする日々に突入です(*’ω’*)

そういえば今までのプレイ日記で書いていた「0記事(事前記事)」は、
今回廃止する事にしました。
理由は早く本題に入りたいからです(`・ω・´)ゞ

ちなみに今回も“がっつりネタバレ有り”のプレイ日記となるので、
プレイ中の人やプレイ予定の人は、閲覧注意してください。

あと初回という事で画像多めになります。

懐かしきかな、ドラクエ


オープニングを見た瞬間から、その映像の綺麗さにビックリ。
髪の毛サラッサラだな!


仲間になるキャラの紹介的な戦闘シーンに惚れ惚れしました(*’ω’*)

さてシリーズお馴染み冒険の書をつくるから開始。
この画面を見ただけで「あぁ、ドラクエが始まった」と思いますよね。

ちなみに本作ではデフォルト名は用意されていません。
発売前はネットで「イレブン」と呼ばれていたみたいです。

ただマトはそのまま「マト」にして進める事にしました。

そして名前を決める際にしばりプレイについても設定する事が出来まして、
内容は逃走不可、買い物不可、防具装備不可、はずかしい呪いの5つ。


はずかしい呪いってなんだよ(´゚д゚`)
いろんな場面で“はずかしがり屋”な一面が出るらしい。

こればっかりは凄く興味がありましたが、
初プレイだという事で何もなしのノーマル状態でやる事にしました。

ちなみにしばりプレイには「達成済み」の表記が付くようなのですが、
これがトロフィーに加わっていたら辛すぎる気が・・・。

始まりはどこかの城下町から。
スケルトンになるモンスターが人の間を縫うように進み、お城を目指しています。


そんな時、お城の中では何やら重要そうな会議が行われていました。
渋いおっさんばかりで目の保養がありません(白目)

この時に知ったのですが、本作ではキャラの声がないらしい。
知らなかったので軽くビックリしたわ。

今時、声優使うのが当たり前になってきてるからなぁ。

おっさんズが何やら不穏な空気で会話を続けている中、
スケルトンモンスターはお城の一室を覗いています。

そこには手の甲に変わったアザのある赤ん坊と綺麗なお母さんの姿が。

おっさんズはこの子供についての話をしているらしかったのですが、
次の瞬間には場面が代わり、お城はモンスターの軍団に襲撃を受けていました!

燃え盛る業火の中、お母さんは赤ん坊を釣り目の女の子に預けて逃がします。


しかしその後すぐモンスターの追手にあい、
女の子と赤ん坊は離れ離れになり、赤ん坊は穏やかな川を籠に入れられたまま流されてます。

そんな赤ん坊を救ったおじいさんは、
横に添えられた手紙を見て、全てを悟ったように赤ん坊を連れて帰ったのでした。

それから時は流れて16年後。
赤ん坊=主人公はサラッサラヘアの16歳となっていました。

公開当初、ふかわりょうとか言われていませんでしたっけか?
マトはそれよりも、前髪の触角が虫みたいだなって思いました。

しかしそんな事もすぐに吹き飛ぶ美少女エマが登場!
これがね、ザ・ヒロインっていう感じの可愛い子なんですよ(´艸`*)


明るく元気で少しドジ。王道っすね!!

2人は同い年で、村に伝わる成人の儀式のために神の岩を登るというのです。
エマの連れていた犬ルキに着いていくのですが、
その前に操作方法を一通り確認しました。

メニュー画面はシリーズお馴染みのあの感じ。
操作方法や表記も迷うような箇所は無かったです。

現在Lv.1の初期装備時のステータスがこちら。


あまり分かりませんが、これが平均なのでしょう。

ただ現在の所持金が0Gだった・・・。
16歳にもなって無一文ってどうよ(遠い目)

ちなみに“やくそう”の1つも持っていなかった。
でもちゃんと武器は持ってた。それだけで生きていけということですね、分かります。

□ボタンでマップの確認が出来たのですが、かなりの親切設計。
行っていない場所でも表示され、続く道がどこに繋がっているかも確認できます。

一通りの確認作業を終えたら、
早期購入特典を受け取る為にコードの入力を行いました。

一応、受け取り方法はメニューに入って、
「さくせん→システム設定→プレゼント受け取り→コード番号の入力」から可能です。


マトは取得ゴールドが増える「なりきんベスト」をとりあえず着用。
やくそうを買うお金が欲しいからね。

もう一個の取得経験値が増える「しあわせのベスト」は、またの機会に見送り。

さて一通りの設定やら確認やらを終えて、
ようやく風を感じる綺麗なフィールドを歩き回ってみます。

現在地である「神の岩・ふもと」には2人の儀式を見守る為か、
多くの村人が付いてきており、全員から話を聞くことが出来ました。


青色の吹き出しが普通の会話。
ピンク色の吹き出しの人は迷った時の案内役のらしい。

成人の儀式を喜んでくれたり、応援してくれたり。

橋の前で勇者の母ペルラとエマの祖父であるダン村長の姿がありました。
そこで儀式の詳しい説明を受けます。

内容は簡単で神の岩の頂上に行って、
そこから何が見えたのか村長に話すというもの。

2人の横を通り過ぎて石段を登っていくのですが、
途中で髪をお団子にまとめた女性から気になった話を聞きます。


子供がいないとのこと。
ははーん、これは確実に神の岩に行ったな(*´з`)

ちなみに神の岩は成人の儀式の人しか立ち入ったらいけない場所です。

先の分かれ道で初めてのモンスターと遭遇!!
初戦闘はもちろんスライムでした。


リアル可愛い。感触が分かるね(*’ω’*)プニポヨ

バトルでのモードを変えていなかったのでフリー移動だったのですが、
これはあんまり意味なかったかな・・・。

動けるのは勇者のみだし、動いても攻撃を避けられるわけじゃないし、
仲間はその場から動いてくれないから、
勇者だけウロチョロしてる落ち着きのない子になっちゃう感じです。

なので結果、マトはすぐにオートカメラバトルに変えました。

さて肝心のバトルについてですが、
勇者+ルキとエマも参加してくれています。


ルキはきちんと攻撃してくれるものの、エマは「行方を見守っている」という役立たず。
まぁ、スライムですから苦戦する事もなく、
普通に叩いているだけで勝つことが出来たので問題はありませんでしたが。

バトル後に落としていった宝箱からやくそうをゲット!

バトル後に安心した様子のエマを見て、村の人って鬼畜だなと思いました。
今回は2人が同じ誕生日だったから一緒だっただけで、
別だったら1人で来ないといけなかったらしい。

エマ、死ぬぉ( ^)o(^ )

神の岩は洞窟なのですが、入り口手前にある石碑の裏側に宝箱を発見。
初宝箱をきちんとしゃがんで開ける勇者。

ゼルダBotWのリンクだったら蹴っ飛ばして開けてたわ(笑)
ドラクエの主人公は紳士だね。


ちなみに中身はおなべのふたです。
お馴染みのアイテムで盾になる優れもの。

ようやく最初のダンジョン攻略なのですが、長くなってしまったので一度区切ります。

説明も終わったし、次からは話をサクサク進めていけたらいいな、多分(白目)
1回目のドラゴンクエスト11プレイ日記でした。

(C)2017 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
(C)SUGIYAMA KOBO