9.黒縁メガネの少女と出会う【ベヨネッタプレイ日記】


前回に引き続いてチャプター2を進めていきます。

ヴィグリッドの市街地で、ベヨネッタと因縁ありげな男ルカと出会いました。

父親を殺されたと思い込んでいるルカは、
執拗にベヨネッタを追いかけている様子。
ベヨネッタ本人は面白がっている雰囲気です。

エンツォ以外にも人間の知り合いがいて、
しかも悪い感じの人でもなかった事に少しびっくりしました。

でもルカもエンツォも頼りない感じは似ている気はしますね。

いちおう子供には優しいらしい

2体のビラブド戦を終えて先へと進んで行くと、
今度は海が見下ろせる開けた場所に出ました。

隅っこにゲイツオブヘルへの入り口がありまして入ってみると、
天使の歌声を持っていた事もあり、
またロダンが魔界へと戻り、新しい武器を作ってきてくれます。


今回は刀。妖刀「修羅刃」です。
刀なので手専用武器になります。

購入できる武器欄にもクローンが増える事はありませんでした。
やっぱりクローンが増えるのは手足両方に装備出来る武器のみなんですね。

そしてこの時点で初めてアクションを購入してみました(`・ω・´)ゞ

選んだのは「エアダッヂ」お値段は10000ヘイロウです。
これで空中回避が可能になりました!


もっと早く手に入れていたらビラブド戦ももっと楽だったんだろうなぁ_(:3)∠)_

これからも必要になってくるだろうし、
最優先で習得するべきアクションだと思います。

ゲイツオブヘルを出てから改めて周りを見渡してみると、
すぐ近くに「アンブラの魔女その一」という本と、審判の雷を発動させる石像がありました。

ただ1体の石像は壊された状態だったので使う事が出来ず。
とりあえずは坂道を降りてみる事に。

行き止まりにてアプラウドが数体出現。
それらをサクッと倒すと、壊れていた石像が元に戻りました。


この時から先程貰った刀を装備していたのですが、
これがなかなか使いやすくて良かったです(`・ω・´)

たぶん、銃より強い気がする。
ただ装備した武器の組み合わせが違うせいかコンボのやり方も変わっておりました。

パンチ・キック・パンチのコンボでもウィケッドウィーブは発動せず、
刀が大きくなるだけだったので、これは好みの問題といった感じですかね。

マトはコンボをあまり気にしていないので、
このまま刀装備で進めていこうと思います。

アプラウドと戦った場所には棺もあり、ムーンパールのかけらがゲット出来ました。
この時にかけらが揃ったので1つのムーンパールに。


魔力の上限が1つ増えました。
増えていけば蓄えておける量が多くなるので、
トーチャーアタックが使いやすくなるという訳ですね。

更にこのすぐ側には金属の壁があったものの、
前のものと同じく解放してもすぐに閉じてしまうものでした。

なので一度石像の元へと走り持ちあげた後、
ギリギリまで壁に近付いてから審判の雷を発動させてウィッチタイムへ。

その隙に壁を叩くと対岸への道が開かれます。

渡ってしまうと戻ってこられないので、
ゲイツオブヘルにて準備は忘れないようにしましょう。

奥にあった建物に入ると、行き止まりの部屋に出ました。
そこには子供の影が。


最初はベヨネッタも気にしていなかったもののチョロチョロと動いているので、
わざわざプルガトリオから出て姿を見せる事に。

しかしいきなり銃を突きつけるベヨネッタ。
乱暴すぎるからやめてあげてぇ(;゚Д゚)

プルガトリオから出たことではっきりと子供の姿が確認出来ました。
服装からしてヴィグリッドに住んでいる子じゃないみたい。


そこで少女は顔を上げてベヨネッタと視線を合わせます。

眼鏡に綺麗な黒髪・・・。
ベヨネッタにすごく似ている!( ゚Д゚)
明らかに血縁者かなにかに思えるのですが。

そんなことを思っていると、
またジャンヌの時と同じようにベヨネッタの記憶が呼び起されます。

映されたのは牢屋のような場所にいる、この少女とベヨネッタの姿。
ベヨネッタが起きていたのは500年も前なのに何故でしょう?

映像が終わると既に少女の姿は消えておりました。


その代わりと言っては何ですが、
突然背後の窓が光りだしかと思ったら、いきなりドラゴンの頭が突っ込んできます。


またしてもベヨネッタは過去にも、
この天使が宝石の片割れを狙って現れていた事を思い出すのでした。

過去の映像が終わった瞬間にバトルに突入。

ドラゴンの頭にたいして部屋の大きさが小さかったのか、
それとも部屋が崖からせり出していたのか、ドラゴンの頭が刺さったまま部屋が崩れてそこで戦う事になりました。


崩れたせいもあるのかもしれませんが、
先程ムービーで見ていた時よりも室内がかなり狭く感じられます。

基本的に攻撃の時以外はドラゴンの頭は動かないので攻撃は容易いです。
火の玉を飛ばしてきたり、体当たりのようなこともしてきますが
あんまり気にしなくても良さげ。

暫くしていると右方向から、もう一体の頭が壁を崩して攻撃してくるので、
避けられる距離の事も考えると、左側に陣取って攻撃していくのが良いと思います。

少し戦っていると、ドラゴンの頭が壁から抜けて、
その反動で建物ごと空に吹き飛ばされます。

ドラゴンが火の玉を吐いてくるので、タイミングよくYボタンを押しましょう。


室内から上手く脱出できると、
次はLスティックをグルグルしろという指示が飛んできます。

回した建物をドラゴンの方にぶん投げて、
ベヨネッタ自身はヴィグリッドの町へと落ちていきました。

マトは最初反応が遅れてしまい、火の玉が飛んできた時にゲームオーバーに(´-∀-`;)
なかなか初めての時は咄嗟の反応が出来ませんね。

ここでチャプター2「奇縁の街ヴィグリッド」は終了。


結果、かなりのアイテムを使っていたらしく、
総合評価はストーンでした。またエンツォです。

最後に恒例のエンジェルアタックを。
どうやらエンジェルが3点、アプラウドが5点、エンジェルに光る輪っかが付いている天使が10点のみたい。

輪っかをくっつけている天使は現れると、ひゅんひゅん音が鳴るので察知可能ですが、
移動が速いので狙いにくいです。

アプラウドは倒すのに体だと2発掛かりますが、頭を狙えば1発で倒せるので、
輪っかのエンジェルを狙って無駄撃ちするより、確実に当てた方が良いのかもしれません。

ちょうど良くチャプターも移動したので次の記事で。
9回目のベヨネッタプレイ日記を終わります。

(c) 2014-2018 Nintendo (c) SEGA Published by Nintendo